2018年10月16日

急遽、断捨離

 朝から我が家のハンガーラック(突っ張り棒式大容量タイプ)が崩れ落ちるというハプニング。どうも許容量を超えていたらしい。
 そこで、急遽断捨離を敢行。捨てるかどうか迷い続けていた服などを一気に処分。その勢いで履いてないけど捨てきれないでいた靴も処分した。
 気分もスッキリすると、今度は無性に処分したい衝動にかられる。増えたレンズも使わなくなったものが出始めているので、これを機会に処分するのも悪くないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月15日

隙間

18.10.152.jpg

 身近な建物と建物の隙間に、ふと目が止まる。
posted by 坂本竜男 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

鳥栖の夕空

18.10.151.jpg

 秋が深まるにつれて、夕暮れの空のグラデーションが美しくなる。夕空が美しくなればなるほど、冬が近づいているということなのかな。
posted by 坂本竜男 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年10月14日

ちょっと古い三脚だけど…

18.10.141.jpg

 ちょっと前までは、撮影の仕事で一番稼働率が高いのはベンロA2570T+ベルボンPH-260だった。しかし、最近はベルボン カルマーニュ630E+ケンコー FP-100 PROの出番が多い。これは、最近加わったちょっと古い、新機材である。
 ベルボン カルマーニュ630Eは、パイプ径28mmのカーボン三脚である。使い勝手の良い中型三脚で、作りもしっかりしている。200mm F2.8くらいまでであればほぼ大丈夫だ。もう少しだけ背が高いと文句なしだが、ベンロA2570Tよりもしっかりしているし、何より軽い。振動対策も期待できる。石突もいま同メーカー主流の可変石突(スパイクが内蔵されている)でないのが、個人的には良い。ローアングル撮影もできるし、古くても十分に実戦で活躍できるモデルだ。
 カルマーニュ630Eの良さを生かす雲台として選んだのが、ケンコー FP-100 PROである。もともとこの三脚にセットでついてくるのは3WAY雲台であるPH-460Bだ。軽くて使いやすいのは良いが、固定力がイマイチなのが気になっていた。だが、固定力が高い3WAY雲台は、ベルボン、スリック、ハスキーなどに優れたモデルがあるが、いずれも重い。そこで軽量でも固定力が高い自由雲台を探して、この雲台に行き着いたのである。
 ケンコー FP-100 PROは、プロの信頼が厚い梅本製作所のOEMである。もう、製造は終了しているが、同等のモデルは梅本製作所で購入可能だ。梅本製作所の雲台は、固定力の高さと使い勝手の良さで有名だが、実際に扱ったことはなかった。だが、実際に使って見て、すっかり気に入ってしまったのである。
 スペック上は最大積載質量は5kgである。だが、多くの場合、メーカーの公表値はあてにならず、公表値の半分というのが目安になっている。海外メーカーの場合はさらにそのパーセンテージが下がる。しかし、FP-100 PROの固定力は素晴らしく、スペックどおりという印象だ。ケンコーよりも大型のリンホフの自由雲台(最大積載質量8kg)も所有しているが、それよりも固定力が高いのでは?と思わせるほどの安心感がある。
 いま主流のフリクションコントールはない。しかし、その必要性を感じさせない使い勝手の良さだ。ちょっと締めただけでレンズがお辞儀しない範囲で固定され、もう少し締め込むとしっかり固定される。リンホフも良い雲台と思うが、個人的にはケンコー(梅本)に軍配をあげたい。そのくらい優秀な雲台なのだ。
 このちょっと古い三脚のセットが、何気に高性能で使い勝手がいい。今は中古でしか手に入らないが、ジッツオなどの海外メーカーに比べると異様に流通価格が安いように思える。ジッツオは確かに素晴らしいが、国産メーカーも用途に応じてちゃんと選べば素晴らしい仕事をしてくれる。三脚に関しては日本はガラパゴス化しているという話も耳にするが、そうとも言い切れないな〜とも思うのである。
posted by 坂本竜男 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年10月13日

トキナー AT-X280 AF PROに、改めて使い始める

18.10.133.jpg

 キヤノンEF70-200mm F2.8L USMを使うようになってから、やはり純正の明るいレンズは必須だな〜と思うようになった。すると、当然標準ズームもF2.8通しのLレンズが欲しくなる。だが、中古でも高価なので、EF50mm F1.4 USMでしのいでいる状況である。
 しかし、F2.8通しの標準ズームは以前から我が家にはある。トキナー AT-X280 AF PROである。望遠側を絞り開放で撮ると、まるでソフトフォーカスをかけたような写りで、いわゆるクセ玉と呼ばれるレンズだ。表現としては面白くはあるが、仕事で使うのは難しい。明るいレンズは絞り開放か、それに近いところで撮りたいので、だんだん使わなくなっていた。
 それが最近、また少しずつ出番が増えてきている。少し古いレンズとはいえ、上手く使えば十分に画質が良いのである。
 まず、広角側は絞り開放でも十分使える。望遠側に比べて、解像度が確保されているのである。絞り開放ではかなりソフトな望遠側も、ある程度絞ると解像度が急激に増していく。F8〜11くらいまで絞ると、高級レンズらしい写りになる。解像度も高く、色のりも良い。質感もよく出る。シグマ的な解像度の高さとは一味違う描写だ。もちろんキヤノンとも違う。これはこれで、十分に使える表現力だ。さすがにAFは速いとはいえないが、致命的に遅いわけでもない。MFがやりやすいので、上手く使えばAFの遅さは大きなデメリットにはならないだろう。
 AFとMFの切り替えもやりやすく、これに関してはキヤノンよりも上。ズームをしても全長が変わらない、インナーズームというのも良い。レンズそのものの質感も高く、モノとしての魅力はLレンズ以上のものがある。
 これからも使い込んで、しっかりと検証していくつもりだ。うまくいけば、これからのレンズの出費を抑えることができるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キモノプロデューサー杉原さん宅にて

18.10.132.jpg

 キモノプロデューサー杉原督雄さん宅にて。
 玄関で迎えてくれた、この生け花(?)に釘付け。正確には生け花でもないけれど、シンプルな中にある「あ、こんな手があったか」とか、思わず「ニコッ」とする雰囲気だとかがあって、とても素敵なのだ。いわゆる正統派の生け花では、こうはいかないのではないだろうか。
 こんなさりげなく素敵な「おもてなし」が、またとても嬉しくなるのである。
posted by 坂本竜男 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ 図録

18.10.131.jpg

 昨日の「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」では、当然図録も購入。これも見応えがあっておすすめだ。作品の一部分を拡大した写真を見ると、いかに緻密で繊細なものかがよくわかる。できれば肉眼で本物を見るに越したことはないが、どうしても行くことができない人は、ぜひ手に取ってほしい一冊だ。
posted by 坂本竜男 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2018年10月12日

サントリー 海の向こうのビアレシピ

18.10.1220.jpg

 今日の晩酌はサントリー 海の向こうのビアレシピ。コンビニ限定販売の限定醸造ビールである。
 柑橘系の香り豊かな爽やかな味。とても軽やかで口当たりも良く、グイグイ進む。ハードに動き回った後にはぴったりの味だ。個人的にはもう少しパンチが効いていてもいいと思うが、このままでも十分に美味い。また買ってくるかな。
posted by 坂本竜男 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

うぐいす張の石畳

18.10.1219.jpg

18.10.1218.jpg

 瑠璃光寺は色々と興味深かったが、面白かったのがうぐいす張の石畳。石畳を強く踏みつけたり手を打ったりすると、少しキーの高い反響音が響くのだ。場所によって響き方が違うのも面白い。
 これは周囲の地形や石段による音響効果のためらしい。意図してそのように作られたものではなく、偶然の結果であると考えられているそうだ。だが、偶然とはいえ、このような意図しない付加価値がついてくるのが面白い。やはり、これにも意味があるのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

瑠璃光寺

 瑠璃光寺は五重塔だけではない。文明3年(1471年)建立され、元禄3年(1690年)に今の場所に移転されて現在に至る、歴史ある寺院である。大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院であり、「西の京・山口」を代表する観光名所となっている。

18.10.1210.jpg

18.10.1211.jpg

18.10.1212.jpg

18.10.1213.jpg

18.10.1214.jpg

18.10.1215.jpg

18.10.1216.jpg

18.10.1217.jpg

 実は、訪れる前は、国宝の五重塔を見て帰ればいいか、くらいに思っていた。しかし、それは大きな間違いだった。大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院と言うだけあり、とにかく見応えがあるのだ。こんな素晴らしい場所が無料で入れるのである。なんて素敵なことだろうか!山口の人が羨ましい!
 今回は、思いの外美術館で時間を使ってしまったので、ざっくり見て回るだけだったが、それでも境内の美しさや荘厳さは十分に感じることができた。機会があれば、もう一度時間をかけてじっくりと見て回りたい。
posted by 坂本竜男 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ