2022年12月06日

ラフマニノフ・チェロソナタ

22.12.61.jpg

 宮田大の新作「ラフマニノフ・チェロソナタ」に聴き入る。ピアノは先日のコンサート同じジュリアン・ジェルネ。流麗かつスケールの大きな演奏は先日のコンサートと同じ。CDで聴いても素晴らしい。
 コンサートと違う点をあえて探せば、CDの方がより音楽そのものに没頭できるということだろうか。つまりそれは、宮田大による素晴らしいラフマニノフの手引きとも言える。優れた演奏家は良い音楽へ導く優れた先導者でもあるのだ。
posted by 坂本竜男 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年12月05日

エゴイスタスvol.45、無事に入稿完了

 エゴイスタスvol.45の入稿が無事に終わった。
 今回はギリギリまで全体の形が見えない状況が続くという、滅多に起きないような事態に追い込まれた。正直、こんなことは今までなかったと思う。
 しかし、気がつけばいつものように、どんどん形ができ始め、無事に入稿することができた。そして、しっかり読み応えのある号に仕上がった。年の最後を締め括る号だから、結果としていい形になったのは、今年一年を象徴しているようで良かったと感じている。
 さて、今年最後のエゴイスタスは今月中旬発行予定です。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2022年12月04日

夜の中華料理 香香でセットメニューを楽しむ

 今日の夕食は、中華料理 香香さん。夜のメニューは単品のほかに、選べるセットメニューがある。ドリンク+3品もしくはドリンク+2品が選べるのである。

22.12.4-5.jpg

22.12.4-1.jpg

22.12.4-2.jpg

22.12.4-3.jpg

22.12.4-4.jpg

22.12.4-6.jpg

 今回はこの5品+生ビール(とウーロン茶)。どれも美味しいが、グラグラと湯気を立てて出てくるアツアツの麻婆豆腐は絶品。これと五目炒飯がまたすごく合う。そして、何気に生ビールがプレモル〈香る〉エールなのも嬉しい。
 そして、価格も安い。居酒屋で飲むよりもずっと安いのだ。二人でシェアすれば、色々楽しめるし、ボリュウムもあるし、安いしでいいことばかり。このセットメニューは良いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

一気に形に

 ギリギリまで形が見えなかったエゴイスタスvol.45だが、ここにきて一気に形ができてしまった。これは神がかり的なものだと勝手に舞い上がっている。
 でも、まだ自分のページがしっかり残っている。ラストスパートだね。
posted by 坂本竜男 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2022年12月03日

どっちもシグマが原因

 富士フイルムかルミックスのフルサイズの導入を改めて検討しているのは、小型で優秀なボディが存在することが大きいが、それ以上に比較的コンパクトで明るく価格が手頃な標準ズームが存在することも大きい。
 そう、それはシグマのレンズ。フジのXマウントは18-50mm F2.8があり、フルサイズのLマウントには28-70mm F2.8がある。どちらも評判が良い。
 画質を維持しながらシステムを小型にしたい人にとって、そんなシグマのレンズは価値ある存在。でも、それゆえにLマウントかXマウントか迷ってしまう自分がいる。シグマは罪なメーカーだなぁ(褒め言葉)。
posted by 坂本竜男 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年12月02日

いつもと違う

 エゴイスタスvol.45の締切がかなり迫っているのに、未だ全貌が見えていない。そんなことあるの?と思うかもしれないが、今そんな状況なのである。流石に今まで、こんなことは一度もなかった。
 これは執筆者の突然の体調不良など、色々な要素が重なったことが大きいが、どうもそれだけではなさそう。とっても、目に見えるような外因的なものでもなく、もっと実態の見えないフワフワとしたもののような気がしている。おそらく何かが大きく変わろうとしているのだろう。
 というわけで、エゴイスタスvol.45は「いつもと違う」号になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2022年12月01日

エゴイスタスvol.45 制作中

 現在、エゴイスタスvol.45の制作の真っ只中。といいつつも、実はいつもとはちょっと違う感じで良くも悪くも戸惑っている。
 詳細は書けないが、あと数日で今考えている構成から大きく変わる可能性あり(変わらないかもしれないが)。どうなるか、良くも悪くも先が読めない状況なのだ。こんなことは初めてだ。
 これは一般的には決して良いことではないのだが、意外にこんな時にいつもとは違う面白さが出たりするので、開き直って楽しもうと思っている。
 2022年を締め括るvol.45はどんな仕上がりになるのか。それは現時点では作り手自体も見えていない。
posted by 坂本竜男 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2022年11月30日

4回目のワクチン接種を終える

 今日、4回目のコロナワクチン接種を無事に終えた。ワクチンの副反応は今まで基本的にはなかったので、今回も心配はしていない。それよりも、ワクチン接種における仕事上のメリットの方が大きいと考えている。
 しかし、世間ではワクチン反対派の人は意外に多い。その人たちの主張は様々だが、中には科学的根拠のないデマを信じている人もいるからやっかいだ。そして、そんな人に限って筋の通らない反対運動を起こしたりしている。
 僕個人は肯定派でも反対派でもない。ただ、ヘンな情報に踊らされて他人を巻き込むのはやめてほしいと思う。ただ、情報の良し悪しの見極めが難しくなっているのは確かだけどね。
posted by 坂本竜男 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 新型コロナウイルス

2022年11月29日

サッポロ 冬物語2022

22.11.2921.jpg

 今日の晩酌はサッポロ 冬物語。冬が近づくと登場する、季節限定ビールだ。
 今年の冬物語はいつものクリーミー感のようなもの(一般的なクリーミーとちょっと違うのだけど)が薄くなり、コクと苦味が強くなった印象。しかし、これはこれで飲みごたえがあって美味い。しばらくはこれかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

宮田大チェロ・リサイタル

22.11.2920.jpg

 今夜は、柳川市民文化会館で宮田大チェロ・リサイタル。
 懐が深くスケールの大きな演奏は圧巻。以前聴いた時から、さらにスケールアップしている感じだった。でも、凄さで圧倒するという感じは全くない。大きく優しい音楽に包み込まれる気持ちよさが大きかった。
 そして、こういったリサイタルでのピアノは伴奏に徹するものだが、そうではなかった。伴奏というよりもデュオに近く、ピアノの見せ場もたくさん。ジャズを思わせるスリリングでノリノリの掛け合いも素晴らしかった。ジュリアン・ジェルネさんもまた超一級の音楽家だ。
 ぜひ、また二人で九州に来て欲しいな。
posted by 坂本竜男 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ