2019年09月18日

オールドレンズで超望遠を考える

 オールドレンズは一般的には標準域を中心とした単焦点レンズが人気がある。写りも良いものが多いし、価格も手頃なものが多い。ズームレンズは一部を除いて人気がないし、当然多くは単焦点よりも画質は劣る。
 一方、望遠の単焦点はというと、これも全般的には単焦点ほどは人気がない。写りも標準よりも劣るものが多いし、大抵は最短撮影距離がかなり長くて使いづらいのだ。中望遠も含めて、望遠のオールドレンズは手を出す人が少ないし、情報も決して多くないのだ。
 それなのに、今僕は望遠のオールドレンズの導入を目論んでいる。しかも、300mmクラスである。
 300mmのマニュアルレンズは、多くは写りに問題がある。しかし、その中で写りもオールドとは思えないクォリティで、AFや手振れ補正がないおかげで、今のレンズよりも軽量なものがいくつかあるのだ。
 具体的には、以下の3本である。
・キヤノン NewFD300mm F4L
・ニコン Ai-S NIKKOR 300/4.5 IF-ED
・オリンパス ZUIKO AUTO-T 300mm F4.5
いずれも作例を見る限り、オールドレンズとは思えない描写を見せる。しかも、重量は1kg前後。キヤノンEF300mm F4L IS USMよりも200g近くも軽い。
 個人的には、この3本ならキヤノンを選びたいところだが、さすがにLレンズ。高価である。オリンパスは比較的安価だが、最短撮影距離は3本の中で一番長い3.5m。その点、ニコンは2.5mと一番短く、しかも990gと一番軽量である。そこで、ニコンを本命に300mmマニュアルレンズを探している。
 では、このレンズをどう使うのか?実はルミックスGX8で使おうという魂胆なのだ。
 ニコン Ai-S NIKKOR 300/4.5 IF-EDも、当時の300mmクラスでは一番寄れるとはいえ、今のレンズと比べるとまだまだ寄れない。EF300mm F4L IS USMなら1.5mまで寄れる。しかし、GX8で使えば600mm相当になる。600mm単焦点として考えると、かなり魅力的なスペックになる。現行のキヤノンEF600mm F4L IS III USMは、撮影最短距離は4.2m。重量は3,050g。価格は182万(税別)。寄れない上に大きく重く、遥かに高価だ。ボケ量は半分になるし、画質は流石に及ばないが、それでもそれを上回るメリットがたくさんあるわけだ。
 ニコン Ai-S NIKKOR 300/4.5 IF-EDは比較的価格も手頃だし、すぐにでも導入したいところだが、もちろん新品で購入はできない。良い出会いをのんびりと待つとするか。
posted by 坂本竜男 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年09月17日

くろくも舎 切り絵展

19.9.171.jpg

19.9.172.jpg

19.9.173.jpg

19.9.174.jpg

 今日は八女配本。そんな中、矢部屋許斐本家で開催中のくろくも舎 切り絵展へ。八女の配本コースは、アートや音楽、伝統工芸など様々な文化に積極的に触れれるのが嬉しい。
 今回の切り絵展は、作業風景も見学できるのが嬉しい。切り絵は繊細で高度がな技術が要求されるが、それ以外にも構成力やデザイン力も高いレベルのものが求められる。作品が出来上がっていく段階を目の当たりにできるのは、とても貴重だ(さすがに撮影は遠慮しました)。今日は展示会の最終日だった。観れてよかった。
posted by 坂本竜男 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2019年09月16日

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II ASPH.来月発売

01.jpg

 パナライカの標準単焦点レンズ SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.がモデルチェンジしてII型になった。来月17日に販売が開始される。
 光学系は前モデルと変わらないが、AFが高速化され、防塵防滴になり、外装デザインが変更された。個人的には嬉しい変更ではある。
 現時点での実売価格は6万円前後。光学系は前型と変わらないから、値段が下がっている前型を狙うか、AFと防塵防滴を重要視して新型へ行くか…。どちらにしても、もう少し様子見かな?
posted by 坂本竜男 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

和心料理はばきの柳川鰻の白焼

19.9.155.jpg

 昨日の配本の締めは、地元鳥栖の和心料理はばき。もちろん美味しいお酒と料理をたっぷりと楽しむ。
 ここの料理はなんでも美味しいのだが、昨日特に印象に残ったのが柳川鰻の白焼。大葉とわさびでいただく。厚みのある身は、表面はカリッとして中身はジュシー。大葉とわさびの爽やかさが加わり、上品でありながら力強さのある、なんとも言えない美味しさが広がる。最高です。
posted by 坂本竜男 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

TOMOMO COFFEEでコーヒー談義

19.9.154.jpg

 昨日の配本の締めは、久留米のTOMOMO COFFEE。
 いつも注文すると、コーヒーだけでなく焙煎した豆と生豆も一緒に見せていただけるのが、コーヒー好きとしては嬉しい。そして、コーヒーをいただきながら、オーナーさんやスタッフさんとのおしゃべりも楽しい。ご自身でも自家焙煎のコーヒー店を営んでいるのに、おしゃべりの目線はプロ目線というよりはいちコーヒーファン。コーヒー豆の話だけでなく、色々な他のお店の話も飛び出す。皆さんのコーヒー愛と謙虚さが表れている。こんなスタンスのお店もまた素敵だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

たかむらのサラダぶっかけ

19.9.153.jpg

 昨日のランチは日田のたかむら。前日、しっかりお酒を楽しんだ後は、うどんが食べたくなる。
 その中でも今回注文したサラダぶっかけは抜群。たっぷり野菜とコシのある特製麺に出汁ベースのドレッシングが抜群に合う。飲んだ翌日で食欲があまりなかったはずが、食べていくうちに食欲がどんどん蘇ってくる。ヘルシーで体が元気になる美味しさだ。日田で飲んだ翌日はこれで決まりだな。
posted by 坂本竜男 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) |

ふるさとのグレー 坂本善三と灰色

19.9.152.jpg

19.9.151.jpg

 昨日は小国町の坂本善三美術館からスタート。
 今回の展示は「ふるさとのグレー 坂本善三と灰色」。「グレーの画家」と呼ばれた坂本善三の「グレー」に スポットを当てた展示である。
 グレーと一言で言っても、坂本善三のグレーは実に豊かで彩りや空気感、温度や湿度など様々な要素を感じさせるグレーだ。そのルーツは故郷である小国町の豊かな風土。霧や雲、田んぼや雪、樹皮や土…。坂本善三の表情豊かなグレーの源は、小国町のあらうゆる自然や風土にに見て取れる。
 この展示を観た後、坂本善三のグレーの源を探して回りたくなった。
posted by 坂本竜男 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

満月の会に参加する

19.9.147.jpg

19.9.146.jpg

 日田の夜の最後は、毎月満月の夜に開催されている「満月の会」に参加。川辺で焚き火を囲みながら、お酒や食べ物を持ち込み、満月とおしゃべりを一晩中楽しむ。そんな会だ。
 参加者にはマニアックなスペシャリストの方も多く(主催者の方がまさにその代表)、顔なじみも多いこの会。マナーをしっかり守れば、あとは全て自由。バーベキューをしたり、美味しいコーヒーがふるまわれたり、マニアックで面白い話に花を咲かせたり。あっという間に時間が経ち、気がつけば空が明るくなり始めてくる。大半の参加者は持参のテントがクルマの中で就寝。僕はホテルへ…。日田での泊まりはどうしても寝不足になってしまうな。
posted by 坂本竜男 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月15日

天領日田洋酒博物館で山崎12年を楽しむ

19.9.145.jpg

 昨夜の日田配本の締めは天領日田洋酒博物館。今回はちょっと奮発して山崎12年。スモーキーで深いコクと、いい意味での甘みを感じる奥行きのある旨味。そして気持ちよく広がる香り。ジャパニーズウィスキーの素晴らしさを改めて実感する一杯。素晴らしいです。
posted by 坂本竜男 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

中華さとのマグマらーめん

19.9.144.jpg

 昨日は湯布院から日田へ。まずは中華さとで配本&食事。久しぶりにマグマらーめんを注文。
 プノンペンラーメンの別バージョンとも言えるこのラーメンは、野菜たっぷりなのは共通だが、より辛く、しかしマイルドなコクとなめらかさが加わる。もちろん、ボリュウムたっぷり。これがとにかく箸が進む。元気が出る美味さ。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ