2015年07月31日

くまくす外伝

15.7.31.jpg

 南方熊楠の生涯をわかりやすく知ることが出来るのはダントツで水木しげるの「猫楠」だと思うが、この本もなかなかだ。
 「猫楠」では描かれていない幼少期から描かれているし、ストーリーに織り交ぜられる数々のエピソードは熊楠の非凡さを物語っていて面白い。まだまだ読み始めたばかりだが、一気に読んでしまいそうだ。
posted by 坂本竜男 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方熊楠・民俗学

2015年07月30日

コストコでお買い物

15.7.30.jpg

 久しぶりにコストコでお買い物。と言っても、最近買うのはほぼ調味料。今回はコストコのブランド カークランドのものばかりだ。
 ミルつき岩塩はリピート。ブラックペッパーとオリーブオイルは初めて購入。本当は4色ペッパーの方が良かったのだが、我が家で使っているプジョーのペッパーミルでは赤胡椒がダメなので断念。オリーブオイルも本当はトスカーナ産かオッタビが良かったのだが、なかったのでこれも断念。果たして味は…?
posted by 坂本竜男 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年07月25日

夏の教訓

 やはり、炎天下の中で自転車で移動するためには、こまめな水分補給は不可欠だ。1時間くらいだから良いかと思ってボトルを持っていかなかったら、あやうく脱水症状をおこすところだった。少し距離を走る時は、必ずボトルは持参しよう。そして、多少ムリがきくと思っても、ムリをするのもやめよう。
posted by 坂本竜男 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2015年07月24日

収穫

15.7.24.jpg

 8冊の良い本が凄く安い金額で購入出来た。とくに奥村土牛の本が3冊も買えたのは大きい(掲載作品は結構かぶってはいるが)。安い割に本の状態も悪くない。この本屋さんは、これからもお世話になりそうだ。
 しかし、知ってはいたが、アサヒグラフの印刷はやはり良いなぁ。ここまで差があるとは思わなかった。
posted by 坂本竜男 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

虫の味

 自転車で田舎道を走っていたら、口の中に虫が飛び込んできた。虫はとっさに吐き出したのだが、虫が入った瞬間、僕は小学生の低学年の頃にタイプトリップしていた。幼い時の夏の風景が蘇ってきたのだ。
 そう。その虫の味は知っている味だった。小学生低学年の頃に知った味だったのだ。おそらく、そのときも遊んでいるときに口の中に飛び込んできたのだろう。その、何とも言えない苦い味と、そのとき遊んでいた経験や状況がセットになって記憶されていたのだ。
 決して良いとは言えない虫の味が、幼い時の記憶を蘇らせてくれた。人の五感って凄い。味覚一つでもタイムトリップができてしまうのだから。
posted by 坂本竜男 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月23日

スイカ?

15.7.232.jpg

 可愛らしいスイカ(?)を頂く。実はこれ、八女のきくやさんの新作和菓子。見た目はスイカだが、味はイチゴ。さわやかで上品な甘さで、とても美味しい。見た目と味のいい意味でのギャップも面白い。遊び心って、大事だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年07月22日

戒め

 あぁ、こんなことをしてしまうなんて。おそらく自分の中に慢心や気のゆるみがあったからなのだ。悪い意味での慣れもあったのかもしれない。
 まずは反省。同じことを繰り返さないようにしなければ。そして、それを必要以上に引きずらないように、前へ進まなければ。
posted by 坂本竜男 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月19日

小さな図書館、そして…

 自宅を小さな図書館にしたい。自分の「好き」や「興味」をいろいろな人たちと共有したい。そして、その図書館は、音楽が聴けて、コーヒーやお茶が飲めて、夜はお酒も飲める。カフェとバーを兼ねたコミュニティスペースでもある。そして、同時に発信スペースにもなる。
 そんな空間を作りたいとずっと思っていたけど、やっといま、それに近い空間を持つことが出来た。理想にはまだ遠いが、それでもいろいろな人たちが遊びに来てくれるようになった。お店にするつもりはないけど、もっと楽しい空間に、そして意味のある空間に出来ればとは思う。
posted by 坂本竜男 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2015年07月18日

FLYING CARPET

flying carpet_1_0.jpg

 ちょっと欲しい…。
posted by 坂本竜男 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月17日

サブウーファーのセッティングを変える

 サブウーファーを導入して3か月弱。メインスピーカーの左右後方に設置していたものを変更。メインスピーカーのすぐ後ろに2本並べてみた。

15.7.171.jpg

15.7.172.jpg

 音質向上のための変更?いや、使い勝手の向上のためにである。具体的には、スピーカー後方の押し入れ(キャスター付きCDラックが収まっている)の使い勝手、スピーカー左側のレコードラックの使い勝手、そしてオーディオラック横の通路の確保の3点だ。
 スペースがあれば、同じメインスピーカーの真後ろでも、もっと後方に置きたいところである。できればメインスピーカーのまわりは何も置きたいないが、現状では仕方がないだろう。
 現在、音の影響がどのくらいあるか検証している最中。今のところ大きな影響はなさそうだ。なんとなく、ソロや小編成は厚みが増して、オケは奥行がわずかに損なわれた気がしなくもないが…。まだ確信までは至っていない。結論はセッティングが馴染んでからだろう。
posted by 坂本竜男 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2015年07月16日

ジュラ紀の生物

71HtQpsHfdL.jpg

 技術評論社から出ているこの本。シリーズ6作目だが、これはなかなか面白そう。写真や復元イラストも多数。しっかりした情報量ながらシンプルな面白さがある。
 ちなみに「白亜紀の生物」は来月上下巻の2冊に分けて発売予定。このシリーズは揃えておきたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐竜・怪獣・妖怪

エアコンがついたのは良いけれど

15.7.16.jpg

 先ほど、事務所兼リビングスペースにエアコンがついた。意外に冬の寒さもそれほど厳しくなく、夏も思ったより涼しかったのだが、それでもこれからが夏本番。猛暑日も増えてくる。それでエアコンを導入したのだ。
 で、エアコンを設置して思ったのだが、エアコン本体も室外機も、ことごとく植物たちの居場所に侵入してくる。
 室内は南側の大きな窓側にしか植物は置けないのだが、その真上にしかエアコンは設置出来ない。風が直接当たるので植物の場所を変えなければならないが、まだ良い場所が見つからない。
 外も同様だ。植物を置くのにベストな場所のすぐ後ろにしか室外機を置けない。このままでは室外機の風がまともに当たってしまう。しかし、他の場所は邪魔になるので置くのが難しい。さて、どうしたものか…。
posted by 坂本竜男 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2015年07月15日

冥王星のハートマーク

o-PLUTO-570.jpg

 NASAが発表した一枚の写真。探査機「ニュー・ホライズンズ」が最接近直前の13日に6万8000kmの離れた地点から撮影した冥王星の写真である。
 冥王星の表面にあるハートマークがくっきり。なんかロマンがあるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2015年07月13日

今の心境

 まちを多くの人を巻き込み、面白くしていく。これをデザインを通して取り組む。
 決して一人の力では出来ないけど、真っ当な考え方とそのための積み重ね、そして情熱があれば「こと」は動く。それまでに様々な障害はあるが、それを乗り越えれれば大きく前進する。
 そんなことをよく考える今日この頃。今夜も「こと」を大きく動かし、盛り上げるための会議が控えている。プレッシャーとワクワクが共存していてヘンな心持ちだ。
posted by 坂本竜男 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2015年07月12日

吉岡徳仁展―トルネード

15.7.12.jpg

 佐賀県立美術館で開催中の「吉岡徳仁展―トルネード」へ行ってきた。なんとこの展示は写真撮影は自由(フラッシュ・三脚の使用、動画撮影は禁止)。しかも入場料は無料である。

15.7.121.jpg

15.7.122.jpg

15.7.123.jpg

15.7.124.jpg

15.7.125.jpg

15.7.126.jpg

15.7.127.jpg

15.7.128.jpg

15.7.129.jpg

15.7.1210.jpg

15.7.1211.jpg

15.7.1212.jpg

15.7.1213.jpg

 最近、ガラスの茶室が話題になったばかりの吉岡氏だが、今回の展示は2007年のインスタレーション「TORNADO(トルネード)」をベースにしながらも、2001年に発表し世界の注目を浴びた紙の椅子「Honey-pop」をはじめ、パリ・オルセー美術館にも常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」、そのほか、自然構造の結晶によって生み出された椅子「VENUS」など、吉岡氏の代表作が展示され、見所いっぱいの展示になっている。
 しかし、やはり圧巻は200万本を超えるストローを使った「TORNADO」だろう。人工のものを用いながらも、そこには明らかに竜巻が存在しており、まるで自然のものそのものを屋内に持ち込んだかのようだ。人の力で制御出来る部分と、自然の力にゆだねる部分とが合わさることで、この独特な空間が生まれるのだろう。
 でも、これは氏の他の代表作にも言えることだ。おそらく、人の手だけで完成させようとは思っていないのではないだろうか。最後の最後は、自然の力=不確定要素を重んじているような気がしてならない。
posted by 坂本竜男 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

JOGOスピーカーで聴くレコードコンサート in 桃の木

15.7.112.jpg

15.7.113.jpg

 昨夜、日田でのレコードコンサートは、開催決定もギリギリだったのにたくさんの方たちに来ていただき、大いに盛り上がった。
 来られたのは音楽を本当に大好きな人たちばかり。持参されたレコードやCDも興味深いものやレアなもの多数。ロック、ポップス、ジャズからアニソン、タモリ(!!!)まで幅広い。もちろん、その情熱も凄い。そして、JOGOスピーカーに対する反応も素晴らしく、音質の良さを知っていただけたのはもちろん、そのユニークな構造に対しても質問が相次いだ。今回は音楽的にもオーディオ的にも盛り上がり方がすごく、ちょっとしたライブ会場のようだった。

 しかし、ヘヴィなオーディオマニアで本当の意味で音の善し悪しが分かる人は、これ聴いたら悩むよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2015年07月11日

雨ざらし

15.7.111.jpg

 多肉植物は水をあまりあげてはいけない、というのはよく知られている…が、友人が育てている多肉植物の多くは雨ざらし。梅雨時でも外に出したままだ。しかし、とても元気である。増え方も尋常ではない。あれ?水をあまりあげてはいけないんではなかったっけ?
 結局、自然に近い環境の方が植物にとって良いということなのだろう。確かに、部屋に入れていた時よりも、外に出した方が元気がいいし。
 さて、我が家の多肉たちはどうだろう?雨ざらしにすることで、よりたくましく育ってくれたら嬉しいな。
posted by 坂本竜男 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

千手観音?

15.7.11.jpg

 上から見たら、まるで千手観音みたいになってきた。もはや原型がわからなくなってきている。植物って凄いな。
posted by 坂本竜男 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2015年07月09日

低糖質ダイエットについて

 ここ最近、よく話題になっている低糖質ダイエット。ざっくり説明すると米や麺類などの糖質の摂取を抑え、タンパク質をしっかり摂るというものだ。実はこれには少々疑問を持っている。
 糖質というのは、身体を動かすエネルギー源だ。脳を動かすエネルギーも含まれる。これが足りないと、脂肪は燃やされず、まず血液、そして臓器や筋肉を分解して糖に変え、消費される。脂肪が燃やされるのは一番最後だ。糖質の摂り過ぎは問題だが、摂らないのはもっと問題なのだ。
 しかし、低糖質ダイエットはもてはやされている。TVでもネットでもそうだ。これには裏があるような気がしてならない。
posted by 坂本竜男 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2015年07月08日

魅力ある音楽はどこ?

 ヒットチャートを追いかけなくなってどのくらい経つだろう?ラジカセしか持っていなかった高校生のころは、ビルボードのヒットチャートを追いかけるのが楽しかったし、オーディオシステムを初めて手にした時も、ヒットチャートでお気に入りの楽曲を探し、CDを購入していたものだ。
 それがいつの間にかヒットチャートが面白くなくなってしまった。いくつか耳に残るものはあるものの、大抵は似たり寄ったり。良いなぁとは思っても買うまではいかない。音楽自体が魅力がなくなってきたのだろうか?
 確かにCDの売り上げは落ちているし、ライブで人を集めれるのはごく一部。娯楽が多様化したのもその要因のひとつだろう。だが、やっぱり魅力ある音楽があまり表に出て来ていないということではないだろうか。
 では魅力的な音楽はどこにあるのだろう?おそらく、いままでマイナーだと思われていたジャンルなど、商業的なものと関わりの少ないものの中にたくさんあると思うのだ。
 商業と関わりが少ないから表にも出にくい。ネットで世界中へしかもローコストで発信しやすくなったとは言え、まだまだ良い音楽が多くの人に知られるまではいっていない。情報が届くべきところまで届いていないのだと思うし、届いたとしても聴く環境(装置・部屋など)で音楽の印象は大きく変わる。このことも実は大きいのではないかという気がしている。結局はヴァーチャルなネットでは限界があるということなのだろう。実はミュージシャンやファンの人たちの、地道な草の根活動にかかっているのかもしれない。
 
posted by 坂本竜男 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ