2016年01月30日

そろそろ新調?

 自転車に乗り始めて、今年でまるまる6年。さすがにヘルメットもガタが出てきた。そろそろ買い替え時である。
 ヘルメットはどんなにデザインを気に入っても、かぶって合わなかったら何にもならない。結局、前と同じOGKになりそうだ。で、サイトを見てみると…
mostro_r_mattecarbonblack.jpg
今使っているMOSTROのニューモデル、MOSTRO-Rか…

steair_main-thumb-450x380-12433.jpg
STEAIRあたりか。自転車が白から黒に変わったから、ヘルメットも黒かな。

 自転車のヘルメットは決して安い買い物ではないので、最終的には現物をかぶって決めることにはなる。商品が店頭に並ぶのは3月頃。その頃にお店に行ってみるか。
posted by 坂本竜男 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

スズキ イグニス

img02.jpg

img03-1.jpg

img04.jpg

 スズキから登場したニューモデル、イグニス。ちょっとこのクルマ、面白そう。ちょっとエグさのあるユニークなデザイン、小さめで軽量なボディ、しっかり180mmあるロードクリアランス。実用性もありながら、しっかり遊べそうなクルマだ。
 スズキは、こういう遊び心のあるクルマを作らせるとなかなか上手い。イグニスはちょっと面白い存在になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年01月29日

東洋軒の黄金の組み合わせ

16.1.291.jpg

16.1.292.jpg

 今日の夜は東洋軒。まず、味噌ラーメン(大盛り)を注文。出来上がるまで、おでんをつつきながらサッポロ黒ラベルで一杯。それから味噌ラーメンをじっくりと味わう。これぞ、僕が考える東洋軒の黄金の組み合わせ。
posted by 坂本竜男 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

自然の鉛筆

41JhweIl5AL.jpg

 世界最初の写真集、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボットの「自然の鉛筆」の完全日本語版が発売される。
 この本は、写真術の発見に至るまでの経緯やその重要性をトルボット自ら記した文章と、写真図版一枚一枚に添えられた撮影にまつわる文章の、初の完全日本語訳になる。それ以外にも写真家や美術家、研究家のエッセイ等も収録され、写真集を超えた内容になっている。
 発売は来月初頭の予定。ぜひ、おさえておきたい一冊だ。
posted by 坂本竜男 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年01月28日

原点回帰

 エゴイスタスの初期のバックナンバーを読み返してみると、ページ数こそ少ないが、こちらの方がラディカルで面白い。これはある意味、ショックである。
 発行部数もページ数も順調に増え、この手のフリーペーパーとしては結果を出している方だとは思う。しかし、その分、一般向けの受け入れられやすいものになってしまった感は否めない。
 なぜ、そうなってしまったのか。これは編集長である僕の責任である。結局、僕自身が無難な方へ流れていたのだろう。発行部数やページ数が減っても良いので、もっと良い意味で尖ったものであるべきなのだ。
 思い返せば、創刊時はまさにそうだった。これは言わば原点回帰である。初心に戻ってカタチにし、発信を続けていきたい。
posted by 坂本竜男 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年01月27日

モネ展

16.1.271.jpg

16.1.272.jpg

16.1.273.jpg

16.1.274.jpg

 福岡市美術館で開催中のモネ展にやっと行くことが出来た。ここ数年では間違いなく一番力の入った展示であり、見所あふれる充実の内容だった。
 肖像画のイメージがほとんどないモネだが、実際肖像画の数はとても少ない。その少ない肖像画は貴重なのはもちろんだが、その表現も素晴らしい。一瞬の表情を捉えた描写力に何度もハッとさせられた。
 若い頃のモネは風刺画をかなり描いているが、これもまた見事だった。モネの違う一面は、モネがコレクションしていた絵画からも伺える。その一部が展示されていたが、モネの視野の広さを感じることができる。
 そして、モネと言えばやはり「睡蓮」。見る距離と角度で驚く程、表情を変える。近くでは筆のタッチもはっきりとして、ときに抽象画のようにも見える。それが距離をとると、突然リアリティが増し、立体的になり、ときに動き出すのだ。ゴッホもそうだったが、今の3Dの技術を超えるものがある。これは実際に見ないとわからない。本物を見るということがどれだけ大事か、それを改めて思い知らされた。
 展示の最後は晩年の作品が並んだ。晩年の作品は、タッチも荒々しく、使う色も赤や緑など、強いものが多い。そして描く対象の形がはっきりせず、抽象画のようである。この頃、モネは白内障を患う。それだけが原因ではないと思うが、普通の人が見たらモネの作品とは気付かないだろう。これもまた、モネの違った側面だ。
 今回の展示はかなり充実したものだった。やはりモネは本物をしっかり見るのが一番だ。展示期間はまだある。できればあと何度かは足を運びたい。
posted by 坂本竜男 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年01月26日

大寒波のあと

 記録的な大寒波のあと、道路の雪はさすがにだいぶ溶けたが、未だその影響が残っている。
 高速道路が未だに通行止め区間があることもあり、国道の上りは大渋滞だ。特に国道3号線はひどい。とにかくクルマがいっこうに進まない。途中でUターンし、別のルートを使ってことなきを得たが、他にルートのない人は大変に違いない。
 道路状況がそんな具合なので、今日、納品予定の印刷物も本来24日に届く予定だったのが、ギリギリに届いた。間に合ったから良かったものの、届くまでは気が気ではなかった。やはり、常に余裕を持っておくことが大事だ。
 今回、雪による直接的な被害は、大雪だった割には少なかったが、影響自体は多々あった。九州はとくに平野部でここまで雪が積もることは滅多にないので、これは仕方がないことではある。しかし、さすがにもう少し普段から備えておく、考えておくということは必要なのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ホンダ S660「ネオ・クラシック」

20160116183858639.jpg

20160116183901800.jpg

 東京オートサロンに出展された、このS660「ネオ・クラシック」。ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスの有志によるN lab.が自主作成し、出展したクルマだ。
 S800やS600を思わせるクラシックなテイストに、今のNシリーズのテイストも加わり、良い仕上がりになっている。オリジナルのS660が悪いわけではないが、個人的にはコンパクトスポーツカーはもっと愛嬌があるデザインが良いと思っているので、断然こちらを支持する。
 S660はバックオーダーを抱えるほど売れているらしいが、こちらもリリースすれば相当売れるだろうけどなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年01月25日

屋根の雪が…

16.1.254.jpg

 スゲー。こんなの初めて。
posted by 坂本竜男 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

今日も引き続き…

16.1.251.jpg

16.1.253.jpg

 あぁ、今日は家出れないなぁ。雪は溶ける気配がないし、それどころかまた降り始める始末。予定を変更して自宅で仕事をしよう。
 
posted by 坂本竜男 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2016年01月24日

夜の雪景色

16.1.246.jpg

16.1.247.jpg

 自宅の二階より。昼間に更に雪が積もり、もはや完全に雪国。ここまで降るのは近年にはなかったかも。雪だるまはかなり大きなものが作れそう。
posted by 坂本竜男 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

久しぶりの雪景色

 実家に泊まった朝。大寒波で久しぶりに雪が積もった。思ったほどひどくなくて良かった、と思ってふとクルマを見てみると…。

16.1.241.jpg
ツララが!ツララを地元で見るのは何年ぶりだろう?
 実家周辺(筑後市)は雪は積もっているものの、道路の雪は溶けている。これならクルマで帰れる。そう思って、安心してクルマを走らせてると…

16.1.242.jpg
久留米に入ったら雪の積もり方が違う!そして…

16.1.243.jpg
鳥栖に入ると、もっとひどかった。

16.1.244.jpg
自宅のすぐ近くの狭い道に入ると、もう道路の雪も溶けきれずにいる。駐車場は真っ白。

16.1.245.jpg
15cmは積もっているかな?明日も気温は氷点下。しかも雪はまだ降り続いている。明日も身動きできないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2016年01月23日

昼か夜か

 先日、写真を掲載したお店は午後3時から午後7時まで営業している立ち飲み屋さん。明るいうちから飲めて、暗くなると閉まるお店である。
 明るいうちから飲んで、夜は飲まない方が身体にはいいのではないだろうか?とふと思う。しかし、それが出来るかどうかは別なのだけれども。(大抵の人は難しいよね)
posted by 坂本竜男 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

慣習

 ずっと継続されている素晴らしいものの中にも、ただの慣習で続いている部分もかなりある。その中には、以前から続いているからという理由だけで、継続されているものも少なくない。そういったものは、たいていどこかに見直すべき部分があるものだ。
 ただ、それを見直して変えようとすると、意外なところが批判が出たり、ストップがかったりする。しかしそれでも変えて結果を出せば、なぜ今まで変えようとしなかったのだろう?となるはずだ。
 僕の仕事はいま、そんなことの連続。だからそれなりに障害もあるが、やる意義も大いにある。そして何より、面白い。
posted by 坂本竜男 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年01月22日

そろそろ

 今のスタイルを変えても良いのかも。いや、初心に還るというのが意味的には近いか。さて、具体的にどうしようか。次号から出来るところからやっていくかな。
posted by 坂本竜男 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年01月21日

仕事の現場が……

16.1.21.jpg

 今日の撮影の現場はこんなお店。いやぁ〜、本当に良いお店を教えていただいた。隠れ家としても最高だし、価格が素晴らしく良心的。お店の雰囲気もとても良い。こりゃ、ちょこちょこ通うだろうなぁ。詳細は後日!
posted by 坂本竜男 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

2016年01月19日

グレン・フライ、死去

glenn-frey-eagles-getty.jpg

 18日、グレン・フライが亡くなった。デヴィッド・ボウイが亡くなってすぐなのに、また一人素晴らしきミュージシャンが…。心よりご冥福をお祈りします。
posted by 坂本竜男 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

初積雪

16.1.191.jpg

 今年初積雪。暖冬だと思って油断してたら、ここしばらくは寒波の影響で気温は平年以下。普通なら、このくらいの寒さは当たり前なのだろうけど…やっぱり寒い!
posted by 坂本竜男 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

今年のTOPOランチは…

 今年に入って食べた、食堂TOPOのランチ。

16.1.181.jpg
きのことベーコンのパスタ。

16.1.182.jpg
真鯛のポワレ。

 どちらも美味しいが、とくに真鯛のポワレは絶品。皮はカリッと香ばしく、身は肉厚でフワッとやわらかく、食感も味も最高。ワインと合いそう……って、ランチだった。でも夜も食べれます。
posted by 坂本竜男 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

あげまきの旬のメニューと新メニュー

 今年になって、あげまきで食べた、旬のメニュー、新メニュー、個人的に好きな定番メニューをちょっとだけ紹介。

16.1.171.jpg
佐賀牛のロースト。低温で時間をかけてじっくりと焼いた逸品。こんなに肉ってやわらかくて甘いなんて。とにかく美味しい!

16.1.172.jpg
いわしの丸干し。定番メニューだが、実は初めて食べた一品。日本酒のアテとしては最強かも。なぜ、今までたべなかったのか。

16.1.173.jpg
菜の花のツナマヨ和え。菜の花は大好物。ここしばらくはこんなに寒いけど、ささやかながら春を感じれる一品。

16.1.174.jpg
ガーリックライス。これは登場したばかりの新メニュー。ニンニクの風味が何とも言えない。シンプルながら抜群に美味い一品。

16.1.175.jpg
鮭とイクラのはらこ飯。これも新メニュー。締めのご飯メニューの中ではおそらく最強。これだけを食べにくるのもアリ。

 新年早々、抜群に美味しい新メニューが続けて登場したが、今年はまだまだ新メニューが登場する予定だそうだ。ホント、楽しみが尽きないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ