2016年05月31日

壊すのも…

 エゴイスタスももう直ぐ5年。さすがに5年も続けると、執筆陣も充実する。システムも効率的になるし、いろいろスムーズになる。一つのカタチができあがる。
 しかし、それゆえにそのカタチに当てはまらないものは除外する傾向が出てくる。たとえ、良いものがあったとしても。その除外してきた良いものの中には、今一番必要なものがきっとある。だが、それを取り込むためには、今出来上がっているカタチを壊す必要があるのだ。
 今、そのカタチを壊すことを試みているが、思うようにいかない。全てを壊すのは無理だし、その必要もない。できるところからやっていけばいいとは思っている。
 では、どこから?……壊すのも容易ではない。
posted by 坂本竜男 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年05月30日

八女中・八女高大同窓会

16.5.291.jpg

16.5.293.jpg

16.5.294.jpg

16.5.295.jpg

16.5.292.jpg

 大同窓会も無事に終了。同じバックボーンを持つ人たちが集まると、かなり凄いのだね。色々な意味で。
posted by 坂本竜男 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月28日

八女高校大同窓会 準備

 明日は八女中・八女高大同窓会。今年は前世話として会場に入る。今日はそのための準備。テーブルの搬入と掃除が主な仕事。代々、引き継いできたやり方で搬入や掃除を行う。こんな細かい部分にも学校の伝統を感じれるから興味深い。
 今日の作業は予定よりも早く終わり、まずは順調な滑り出し。明日はいよいよ(前世話の)本番。天気が心配だし、何しろ初めてのことづくしだから、いろいろあるだろう。だが、集まってるメンバーは、みんな気がいい人たちばかりだ。このメンバーなら大丈夫だろうな。
posted by 坂本竜男 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月27日

またか

 う〜ん…。いつも言っているから、「またか」って感じに聞こえるだろうが、今回のエゴイスタス、本当に難しい。構成もデザインも。というか、ほぼ全てが。
posted by 坂本竜男 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年05月25日

イチゴ

16.5.25.jpg

 イチゴが実をつけ始めた(正確には実ではなかったはずだが)。ひとつはもう食べ頃。ささやかだけど、嬉しい。
posted by 坂本竜男 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

アナログ原稿

 エゴイスタスも幅が広がってきて、執筆陣の分野も年齢層も広がった。それゆえ、最初はデジタルデータのみでやり取りできていたのが、最近はそうもいかなくなった。手書きやワープロなど、アナログの原稿もままある。
 利便性や効率を考えると、テキストデータをワードなどでいただいた方が圧倒的にいい。アナログ原稿はテキストデータに起こす必要がある。大量の文章入力は得意としないので、時間はどうしてもかかってしまう。念入りな校正も必要だ。だが、アナログはアナログの良さがある。
 テキストデータに起こす時に、どうしても原稿を熟読することになる。データで原稿を頂く時もちゃんと読むのだが、頭に入る深さが違うのだ。当然、それはデザインにも反映される。より内容に沿ったものにしやすくなるのだ。
 しかし、アナログではどうしても物理的に時間がかかる。すべての原稿をアナログで、というのはエゴイスタスでは非現実的だ。幸い、アナログ派の方たちからの原稿は、締め切りよりもだいぶ早めに頂けている。だからアナログのデメリットはあまり出ない。むしろメリットが生きてくる。
 アナログとデジタルの両方の良さを生かしたアナログなメディア。エゴイスタスの立ち位置はここだと考えている。
posted by 坂本竜男 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年05月24日

区切り

 今、エゴイスタスの制作の真っ最中である。次号は区切りになる20号。創刊してから、まるまる5年になるわけだ。
 19号からフォントを一部変更したりはしていたが、次号は区切りにもなる号なので新しい試みを考えている。デザインのリニューアルもするかもしれない。
 実はその詳細は完全には決めていない。原稿の内容によっても変わるだろうと思う。変えずに続けていく部分と、変化させていく部分の線引きは難しいが、自分にとってもいい刺激にはなる。
 記念すべき20号がどのようになるのか?作っている本人がまだ全体が見えていない状況なのでなんとも言えないが、興味深い内容にはなると思う。
 発行は来月中旬予定。ご期待ください。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年05月22日

スーパーセッション2016

16.5.22.jpg

 今日は、おりなす八女で待望のライブ。山下洋輔 × 三舩優子という、ジャズとクラシック、それぞれを代表するスペシャルなピアニストの競演である。
 最初は三舩さんのソロ、そして山下さんのソロで前半が終了。後半にデュオという構成だ。ソロではそれぞれの持ち味をしっかり出しながら、デュオでそれらをさらに爆発させる。最後まで飽きさせないプログラムだ。
 そして驚くべきは、やはり山下洋輔さんだろう。日本ジャズシーンの超大御所でありながら、若手を超えるエネルギーだ。そこには圧倒的な山下ワールドがある。
 三舩さんはベーゼンドルファーとスタインウェイという二つのピアノを、それぞれの個性を引き出すような演奏だった。一方、山下さんはピアノに左右されない。もちろん、音は違うが、どちらも紛れもない山下サウンドなのだ。
 その山下サウンドは三舩さんの演奏にも影響を与え、いつもとは違うフリージャズ的な表現が出始める。それも付け焼き刃的なものではなく、しっかり聴衆を引き込むものが。三舩さんの凄さである。
 ライブは2時間ほどだったが、あっという間だった。こんな素晴らしいライブを、生まれ故郷で聞けることに感謝。
posted by 坂本竜男 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年05月21日

練習再開

16.5.21.jpg

 昨夜、久しぶりにフラメンコを見て、カスタネットの練習を再開しようと決心。いざ、始めると、指が思うように動かない…。
posted by 坂本竜男 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタネット

カルマン・ライブ @ snowpeak奥日田

 今夜は、待望のカルマン・ライブ。場所はsnowpeak奥日田。向かう途中、不安になるほど山奥だが、ロケーションは最高。とても素敵な場所でのライブだ。

16.5.202.jpg
 オープニングアクトは、日田を中心に活動されているフラメンコのグループ、ラスガジーナス。これがめちゃめちゃカッコイイ!上手いだけでなく、華があります。

16.5.201.jpg

16.5.203.jpg

16.5.204.jpg

16.5.205.jpg

 そして、カルマンの3人の登場。今回もPAなし!全て生音。それだけでも十分に価値があるが、素晴らしいのはやはり3人の音楽。全く違う個性と楽器がここまで自然にかみ合い、展開していくものなのか。見事な一体感である。展開されるのは、音楽による世界旅行。モンゴル、アイルランドを中心に、アメリカ、トルコ、日本と次々に移り変わる。

16.5.206.jpg
そして、可愛らしい小噺も登場!

 ライブはヴァリエーション豊かで素晴らしく楽しい。CDには絶対に収録されることのない、ユニークなオリジナル曲も披露され、会場は最高に盛り上がった。ここまで音楽性が豊かで楽しいライブ(実際、笑い声も絶えなかった)はなかなかない。幸せなひと時だった。ぜひ、また来年も九州に来ていただきたいなぁ
posted by 坂本竜男 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年05月20日

新型フィアット ティーポ

7c6c5f59b513408aad9b93c685a07a37-728x514.jpg

0303_Fiat-Tipo_01-1024x578.jpg

fiat-tipo-7.jpg

0303_Fiat-Tipo_02-1024x705.jpg

 フィアット ティーポが4ドアセダンと5ドアハッチバック、そしてステーションワゴンとして復活した。すでに本国のサイトに紹介されている。
 サイズは先代と比べると一回り以上大きいが、それでも今の基準で言えば決して大きい方ではない。派手さはないが、エレガントなデザイン。スペースユティリティに優れ、実用性が高いクルマのようだ。まさにヨーロッパ車という感じだ。僕が仕事で使うとしても、なかなか良さそうである。
 だが、ティーポが日本に導入されるという話は今の所ないようだ。個人的には導入して欲しいのだが‥。
posted by 坂本竜男 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年05月19日

撮影スタジオ

 今日、初めて我が家(兼事務所)で、モノを置いてない部屋を撮影用のスタジオとして使ってみた。
 六畳だから、人物撮影の場合は十分な距離が取れないし、現時点では専用の照明器具もないから、もっぱら自然光とレフ板に頼ることになる。だから制限は多いし、不十分なこと極まりないのだが、それはそれで面白い写真が撮れたりするから楽しい。
 とりあえず、自宅でも撮影ができる環境はできつつある。さて、これをどう生かしていくか。楽しみながら挑戦していこう。
posted by 坂本竜男 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2016年05月18日

東京五輪 不正誘致ならロンドン五輪開催へと変更案が

 いま話題になっている、五輪招致に関しての賄賂疑惑。英紙DAILY MAILによると「もし東京の招致活動が賄賂による不正な招致との認定をされた場合、ロンドンで代理開催する案が浮上。トルコのイスタンブールその他の都市は準備が間に合わないのでロンドンが有力になっている」とのこと。
 ここまでいろいろ出てくるということは、やはり東京でオリンピックをすべきではないということなのだと思うのだが。世界に向けて大恥をかくだけでなく、税金は無駄に使われ、環境は破壊され、一部の良いとは言えない権力者だけにお金が入る。賄賂疑惑は良いきっかけ。辞退した方が良いんじゃないの?
posted by 坂本竜男 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月17日

オーダーでシャツを

16.5.171.jpg

 クロキさんのお店でオーダーでシャツを作った。フォーマルとカジュアルの間で、仕事の時も活躍してくれるシャツ。自分の体にしっくりくるフォルム。生地を選び、襟も袖もボタンも自分で選び、自分だけの仕様だ。
 これでオーダーで作ったシャツは5枚。オーダーで作ったシャツを着ると、心地いいだけでなく、背筋が伸びる。気持ちにハリが出る。そんなアイテムを少しずつ増やしていきたい。
posted by 坂本竜男 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月16日

収穫 その8

16.5.161.jpg

 またもや大量購入。今回、特に読むのが楽しみなのは宮本常一と粘菌。どちらも今の時代に特に必要。
posted by 坂本竜男 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2016年05月15日

日曜日

日曜日だけど、仕事をしている。
でも、不思議と苦ではない。
「楽しい」と全てを言い切れるわけではない。
しかし、充実感は確実にある。
ありがたいなぁ。
心の底からそう思う。
posted by 坂本竜男 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年05月12日

知行合一の旅人

16.5.121.jpg

 宮本常一を勉強すべく、最初に読み始めたのがこの本「知行合一の旅人」。宮本常一の有名な著書には「忘れられた日本人」があるし、取り上げているもので有名なものには、佐野眞一の「旅する巨人―宮本常一と渋沢敬三」がある(ともに書店に注文済み)。
 一方この本は「宮本常一を語る会」の代表である長岡秀世氏ご本人から頂いたもの。それだけに、読む気持ちも高まる。まだ読み始めたばかりだが、この本から学ぶことがたくさん出てきそうだ。
posted by 坂本竜男 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南方熊楠・民俗学

アルファロメオ ジュリア パトカー仕様

alfa-romeo-giulia-carabinieri-Police-car-02.jpg

alfa-romeo-giulia-carabinieri-Police-car-07.jpg

alfa-romeo-giulia-carabinieri-Police-car-08.jpg

alfa-romeo-giulia-carabinieri-Police-car-06.jpg

 アルファロメオ ジュリアのイタリアの国家治安警察隊である「カラビニエリ」のパトカー仕様。ベースはジュリアの高性能モデル「クァドリフォリオ」。なかなかカッコ良いね。
posted by 坂本竜男 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年05月11日

旧三井港倶楽部にて

16.5.111.jpg

16.5.112.jpg

16.5.113.jpg

16.5.114.jpg

16.5.115.jpg

16.5.116.jpg

16.5.117.jpg

 大牟田の旧三井港倶楽部。この歴史ある素晴らしい場所で、いろいろなことを取り組んでいく予定。
 場所は最高。場所を使わせていただく許可も頂いた。一緒にことを起こしたい人もちゃんとおられる。あとは、どれだけ多くの人たちを巻き込んでいけるかがカギ。
posted by 坂本竜男 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年05月10日

雨の日の洗車

16.5.10.jpg

 今日は一日雨。しかも結構、雨量が多い。でも、そんな時にこそ洗車をする。しっかりとした洗車は出来ないが、表面の汚れを落とすだけなら、むしろ雨のほうが都合がいい。雨量が多いほど、雨天時の洗車には向いている。
 でも、一つだけ注意が。雨量が中途半端だと、かえって汚れる。
posted by 坂本竜男 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ