2016年06月30日

シトロエン 新型C3

CmL_Id_WIAAHU5y.jpg-large.jpeg

CmMAPhMWgAAv6GR.jpg-large.jpeg

 こんな画像が飛び込んできた。次のシトロエンC3らしい。これは、なかなか良さそう。早く詳細が知りたいな。
posted by 坂本竜男 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

アルファロメオ ジュリア2.2ディーゼル

img_9eb548c5aa908547906b00c5bd325efc96013.jpg

 発表されて間もないアルファロメオの新型セダン ジュリアは、フラッグシップであるクァドリフォリオが一番の注目を浴びているが、個人的に気になるのはディーゼルモデルである。
 ディーゼルは180psと150psの2種類がラインナップされるが、仮に日本に導入されるとすれば、ハイパワーである180psの方だろう。そのスペックが公開されている。
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4643×1873×1436mm
ホイールベース:2820mm
車重:1445kg
駆動方式:FR
エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:180ps(132kW)/3750rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/1750rpm
燃費:4.2リッター/100km(約23.8km/リッター、EU複合モード)

 このスペックで気になるのは、ディーゼルエンジンとしてはハイパワーなのはもちろんだが、驚くべきは車重の軽さである。ライバルであるBMW 320dと比べても100kgほど軽い。エンジンスペックは、BMWにパワーで10ps劣るが、トルクでは5.1kgmも上回る。これが燃費の良さに繋がるのは容易に想像できる。それは走りに関しても同様だ。
 問題はディーゼルエンジンそのものの出来なのだが、こればかりは乗ってみないとわからない。すでにネット上では幾つか試乗記事が見られるが、大事なのは自分にとってどうか?なのだから。
 ジュリアはクァドリフォリオ以外のモデルは、少々エクステリアデザインが物足りない。せめて淡い色ではなく、濃い色を選んだ方が良さそうだ。そしてインテリア。クァドリフォリオに比べると質感で不満が出そうだ。さて、実車はどうだろう?日本上陸が楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年06月29日

Brau Star

16.6.29.jpg

 ダイソーで売っているノンアルコールビールである。なんと原産国はドイツ。それに期待して買ってみたのだが、なるほど悪くない。ちゃんと(他のノンアルコールよりも)飲みごたえがある。
 で、表示をよく見たら、0パーセントなのはアルコールのみ。今主流のカロリーや糖質、プリン体ゼロではないのだ。カロリーは100mlあたり23kcal、糖質は4.39g入っている。健康志向で何でもかんでもゼロにしてしまうよりも、こちらの方が好ましい気がするのは僕だけだろうか。
posted by 坂本竜男 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2016年06月27日

林英哲&山下洋輔 − ボレロ (FULL ver.)



 先月、生で山下洋輔さんを聴いてから、僕の音楽の認識がまた変わった。それを踏まえてこの『ボレロ』を聴いているわけだが、このデュオは本当に素晴らしい。やっぱりこのお二人はすごいね。
posted by 坂本竜男 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

今月の収穫

16.6.26.jpg

 フーコーと川瀬敏郎と金田一秀穂が、特に楽しみ。
posted by 坂本竜男 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

イギリスのEU離脱について

 イギリスのEU離脱が国民投票で決まり、世界中で大きな話題になっている。
 国民投票は民意が直接反映される。ここに民主主義の落とし穴がある。今回の件は、その典型的な例といえるだろう。
 この国民投票では、EU離脱の意味はおろか、EU自体を知らないで投票した人間が多数投票しているのだ。無知な人間、何も考えてない人間の票が、悪い方へ行ったと言えるのではないだろうか。
 これはイギリスの限ったことではない。日本でも知名度だけで当選し、その後国民を落胆させる例はいくらでもある。民意と言っても、わかってない人、考えてない人もたくさんいる。それらを省いて考えても、平凡な方向、保守的な方向に流れる可能性も高い。民主主義の限界はいろいろなところで語られるようになってきたが、今回のイギリスでの国民投票は、その分かりやすい例といえるのではないだろうか。おそらく、現代の国の仕組みに限界がきているに違いない。
posted by 坂本竜男 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

一ヶ月ぶり

 なんと、今日、一ヶ月ぶりに自転車に乗った。自転車に乗り始めて6年あまり。一ヶ月も乗らなかったのは初めてのことだ。
 一ヶ月も乗ってないと、やはりペダルが重い。とはいえ、それなりに今まで乗っているので、意外に走るペースはそれほど遅くない。走り込んでいる時の一割減といったところか。
 だが、さすがにスタミナ不足。一時間も走ると、バテ始める。一ヶ月走らないと、ここまでスタミナがなくなるのかと、ちょっと驚く。そりゃ太るはずだ。
 現実を突きつけられた形にはなったが、自転車で走るのはとても気持ちがいい。体も気持ちもスッキリしてくる。今日は雨が降り出したので、途中で断念したが、天気が良ければもっと走りたいところだ。
 しかし、今は梅雨真っ只中。うまく天気と自分の都合があってくれると嬉しいのだが…。
posted by 坂本竜男 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年06月26日

尖る

 もっと尖っていいらしい。特に仕事はそうらしい。時には、半ば強引に進めるぐらいやってもいいそうだ。
 確かに、丸くなったかなぁ。だいぶ抑えているかなぁ。そろそろ、出せてない部分も出していこうかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年06月25日

文化という視点

 自己アピールが下手な会社や団体の多くが経済的な視点ばかりで、文化的視点を持っていないことに気づいた。売るためだけに力を入れているから、本当の魅力や本質が伝わってこない。人も見えない。だから結果として売れない。
 では、文化的視点ってなんなのだろう?それは決して高尚なものではない。僕は人々の生活であると思う。しかし、人々の生活といっても括りが大きい。だが、至極日常的なこと、身近なところに、当たり前に存在するものだ。あまりに当たり前すぎて気付かない。そんなものの中にその人(会社)ならではの「武器」がある。
posted by 坂本竜男 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

ウイスキーミュージアムと氷点下ハイボール。

16.6.241.jpg

16.6.242.jpg

16.6.243.jpg

16.6.244.jpg

16.6.245.jpg

 エゴイスタスの配本も終盤。日田配本の締めはいつものようにウイスキーミュージアム。やはり、この空間とお酒は格別だ。
 ウイスキーミュージアム今夏のイチオシは氷点下シリーズ。氷点下生ビール(アサヒ)と氷点下ハイボール(ニッカ)の二本立て。特に氷点下ハイボールは個人的には大ヒット。専用グラスで飲む、しっかり冷えたハイボールは、旨味とキレが両立して格別。普段あまりハイボールを飲まない僕がおかわりするくらい。オススメです。
posted by 坂本竜男 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2016年06月23日

記録的豪雨

 一昨日から降り出した雨が尋常ではない。九州を中心に、各地で記録的な豪雨となっている。各地で土砂災害などの被害が出ている。鳥栖でも降り始めてから400mmを超える雨が降り、いつ土砂災害が起こってもおかしくない状況だ。携帯の警報は鳴りっぱなしである。
 今、とりあえず雨は一旦落ち着いている。しかし、まだまだ予断は許さない状況だ。被害がこれ以上広がらないうちに、雨がおさまることを強く願う。
posted by 坂本竜男 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

2016年06月22日

制約があるゆえに

 自分の作りたいものを作るのは自由でいいが、自由にできるがゆえに新たな気づきが少ない場合もある。一方、制約が多い仕事はその制約ゆえに自由度は小さいが、だからこそ気づく部分も多い。
 枠を設けて、その枠内でできる限りのことを模索する。そちらの方が、枠がない時よりも面白いものができている気がする。
 今、まさに進行中の仕事でそれを感じている。散々今までやってきた類の仕事であるはずだが、新たな制約=枠があることにより、意外なところで気づきがある。やはり、デザインの仕事はクライアントさんあってのものなのだ。
posted by 坂本竜男 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2016年06月19日

休日

 日曜日の朝、早くから寝たはずなのに、まだいくらでも寝れるくらい眠い。配本や打ち合わせで動き回っていたこともあり、疲れているのだろう。雨が降っていることもあって、今日はゆっくり休むことにした。
 自分でもびっくりするくらいしっかりと寝て、ちょっとだけ本を読み、夕食だけ地元で外食。TVを見ながら濃いめのコーヒーを飲み、1日を締めくくった。久しぶりに、特に何もしない1日だった。
 特に何もしない日というのは、自営業にとってはある意味怖い日でもある。休むことへの恐怖は、自営だったら少なからずあるだろう。しかし、(特別なことは)何もしない日は、とても必要なものでもあると思う。休むことをしっかり「味わえる」余裕は持つべきなのだ。
posted by 坂本竜男 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Van Gogh on Dark Water Animation



 う、美しい……!
posted by 坂本竜男 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年06月18日

大同窓会 本世話始動

 今日は高校の大同窓会の会議。先月、前世話が終わり、いよいよ来年の大同窓会の本世話に向けて動き出す。自分たち企画委員の担当は、当日の進行やアトラクションなどの企画。さて、どうしたものか。来週のプチ打ち上げで飲みながら考えますか。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月16日

小冊子、制作中

 現在、ちょっと変わった小冊子を制作中。それも一種類ではなく、5種類くらい。うまくいけば、今秋八女で開催される白壁ギャラリーでお披露目できる予定だ。乞うご期待!
posted by 坂本竜男 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーズ出版

2016年06月15日

物・語−近代日本の静物画−

16.6.151.jpg

16.6.152.jpg

16.6.153.jpg

16.6.158.jpg

16.6.159.jpg

16.6.154.jpg

16.6.155.jpg

16.6.156.jpg

16.6.157.jpg

 岸田劉生という大きな存在に、静物画という視点で気づかせてくれる展示。派手さはないが、興味深い展示だ。坂本繁二郎や古賀春江も印象的。撮影OKの絵画が半数を超えるのもまた珍しい。すごく得した気分。
posted by 坂本竜男 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年06月14日

キリムというデザイン

16.6.141.jpg

16.6.142.jpg

16.6.143.jpg

16.6.144.jpg

16.6.145.jpg

 トルコの伝統的な織物「キリム」。柄、デザイン、色、織り方…。そのヴァリエーションは驚くほど多い。まるでキリムはデザインの玉手箱だ。見ていて飽きることがない。そして不思議なことに和にも洋にも合う。勉強になるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2016年06月13日

エゴイスタスvol.20 到着!

16.6.13.jpg

 エゴイスタスvol.20が印刷から到着。今回は記念すべき20号。創刊から、まるまる5年になります。いつもとは違う最新号です。
 早速、配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2016年06月12日

イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

16.6.12.jpg

 今日はおりなす八女でイリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル。ロシア出身日本在住の実力派ピアニストのソロリサイタルだ。
 今回のプログラムはなんと全曲ベートーヴェン。4大ピアノソナタと「エリーゼのため」にという、比較的耳馴染みのあるプログラムである。
 演奏は奇をてらうこともなく、丁寧で安心感と安定感のあるものだった。ではつまらないかというと、決してそんなことはない。音楽そのものが染み入るような、深みのあるしっとりとしたタッチ。しかし、その響きや音色は軽やかだ。その美しい音色が優しく包み込む。だが軽やかだけどペラッとした軽さはない。ベートーヴェンの意思を伝えてくるような説得力がある。特に曲が進むにつれて、その説得力は増していく。僕はすっかり聴き入ってしまった。
 昨年からクラシックのコンサートに行く機会がぐっと増えてきた。若手、ベテラン、様々だが、いずれも聴きごたえのある内容ばかり。地元でいい演奏が聴けるって、素晴らしいことだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ