2016年07月30日

ルノー トゥインゴ いよいよ上陸!

twingo_features_color_pc.png

twingo_features_interior_pc.png

 9月15日に、いよいよ日本で新型トゥインゴが販売開始される。フィアット500なみに魅力的な小型車の日本上陸だ。
 ライバルは当然フィアット500だろう。新型トゥインゴを見てると、フィアット500もRRで復活してたら…と、つい思ってしまうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

芸術新潮 2016年8月号

16.7.301.jpg

 芸術新潮最新号の特集「神社100選」がなかなかの充実ぶり。ただ100の神社を載せるというのではなく、7つの視点から紹介。神社の見方、神社の始まりや神話、神様などを関連させて掲載。かなりボリュームもあるし、力の入った特集だ。じっくり読んだ後は、ぜひ神社巡りをしたい。
posted by 坂本竜男 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2016年07月29日

プジョー 308ディーゼル

car_308allure-bluehdi_160725.jpg

 プジョー308にディーゼルエンジンを搭載したモデルが追加された。気になるエンジンは、2.0LクリーンディーゼルBlueHDi 180psと、1.6LクリーンディーゼルBlueHDi 120psの2種類。パワフルでトルクが太く、低燃費。スペック上ではかなり魅力的だ。
 もともとヨーロッパ車はディーゼルモデルは古くからラインナップされていた。最近のブームに乗ったわけではないのだ。それだけに実用的で、ある意味、ヨーロッパ車らしさを最も味わえるモデルかもしれない。
 以前はディーゼルエンジン搭載モデルは、日本に入ってくることは稀だった。しかし、今はプジョーを始め、メルセデス、BMW、ミニ、ジャガー、マセラティと、数多く正規で入ってきている。あとはフィアットだなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年07月28日

日没直後の筑後川

16.7.282.jpg

16.7.284.jpg

16.7.283.jpg

 日没直後の筑後川を臨む。空と水面のグラデーションが美しい。この美しいグラデーションもわずか数分で消える。その儚さゆえに、美しさも際立つ。
posted by 坂本竜男 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

新中華の冷やし台湾麺

16.7.281.jpg

 吉野ヶ里の新中華で昼食。今日は夏季限定メニューの冷やし台湾麺。品のいい辛さが食欲をそそる。キムチがのっているのもイイ。フツーの冷やし中華よりも好きかも。
posted by 坂本竜男 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年07月27日

禁酒がイチバン?

 ささやかにやっているダイエット。僕の場合、食事制限や運動よりも一番効果があるのが禁酒。ビール好きがビールを3日飲まないだけで1kg痩せる。
 とはいえ、ずっと禁酒はキツイので、飲み方を考えよう。家での晩酌は控えめにせねばね。
posted by 坂本竜男 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

映画『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』



 これは観たい!だけど、上映する映画館、少ないなぁ。行くとすればKBCシネマか。上映はいつからいつまでなんだろ。
posted by 坂本竜男 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年07月26日

ポケモンGOについて

 今、あちこちですごく話題になているポケモンGO。携帯がガラケーということもあるけど、実は全く関心がない。仮にスマホを使っているとしても関心を持つことはないだろう。
 別に安全に問題があるとか批判をするつもりはない。それは使う人のマナーやモラルによるものだからだ。僕は外へ出るのなら、そんなアプリに頼らなくても驚きやワクワクはその辺にたくさん見つけることができると思うのだ。ポケモンGOを否定するつもりはない。だが、もっと面白いものは身近なところにたくさんあることを知って欲しいと思う。
posted by 坂本竜男 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2種類のアイスコーヒーを…

16.7.261.jpg

16.7.262.jpg

 今日は仕事の合間に久留米のTOMOMO COFFEEで一息。2種類のアイスコーヒーをいただく。
 最初はお店のこの夏おススメのブレンド(エチオピアベース)。続いてエチオピアのストレート。ブレンドはお店の個性が際立つし、ストレートは豆の個性が際立つ。もちろん、どちらも美味しい。やっぱりコーヒーは美味しいだけでなく、面白い。
posted by 坂本竜男 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2016年07月25日

ランチア テージス

lancia_thesis_gray_front_2004.jpg

autowp.ru_lancia_thesis_promenade_2.jpg

lancia_thesis_10336.jpg

lancia-thesis-08.jpg

 前から密かにイイなぁ〜と思っていたけど、今改めて魅力を感じているクルマ。それがランチア テージスだ。
 ランチア最後の高級サルーン。個性的ながらもエレガントなデザイン。質感溢れるインテリア。アルファロメオ製3.2リットルV6エンジン。最後のランチアらしいランチアだと思う。
 テージスも製造中止になって8年。日本には並行輸入でわずかに入っている程度。それでも、ごく稀にだが見かけることがある。スペースとお金に余裕があるなら、一度は所有してみたいクルマだ。もう、こんなクルマは出てこないんだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年07月24日

アブラゼミ

16.7.241.jpg

 こ、これが限界…。(近寄るのが)
posted by 坂本竜男 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

無理は禁物

 この暑い中、2時間自転車に乗ると、2kg前後痩せる。といっても、その大半は水分だけれども。でも、続ければ確実に体は締まってくる。スッキリしてくる。
 問題はこの暑さ。熱中症には十分気をつけなければならないが、自転車に乗っていると、気分がハイになってある程度無理できてしまう。これがマズイ。無理した後は結構、体がダメージを負っている。大事なことは無理しないことだ。
 今日も十分に余力を残して自転車は終了。約2時間の走行である。だいぶ物足りないし、以前は炎天下で100km以上走っていたから、まだまだ走れるという感覚はしっかりある。しかし、ここ1年くらいは走行距離もだいぶ短くなっているので、無理は禁物。今はこのくらいがいいところだろう。
 でも、以前の体力が戻ったら、思いっきり遠くまで走ってみたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年07月23日

八女市田崎廣助美術館

16.7.231.jpg

16.7.232.jpg

16.7.233.jpg

 今年の2月に開館した八女市田崎廣助美術館に、昨日ようやく行くことができた。
 規模は決して大きくないが、阿蘇山シーリズなど代表作の大作も多数展示され、見ごたえのある展示になっている。わざわざ行く価値がある展示だ。しかも入館料は無料。だが、平日の昼間とはいえ僕以外の来客はゼロ。う〜〜ん、勿体無い…。
 青木繁や坂本繁二郎に比べると、地元出身の画家としては一般的には知名度が高くないこと。宣伝がちゃんとできてないことが大きな原因なのだろうが、それにしても……ね。まだまだ芸術は身近なところにないということなのだろうか?

http://www.city.yame.fukuoka.jp/art_museum/
posted by 坂本竜男 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年07月22日

日田での収穫

16.7.22.jpg

 先日のプレゼンの後、日田のブックオフで購入。銀花の比較的新しいバックナンバーが手に入ったのは大きい。日田のブックオフは何気に掘り出し物があるから、要チェックだな。
posted by 坂本竜男 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2016年07月21日

フォントワークス LETS 導入!

16.7.21.jpg

 ついに(やっと?)、フォントワークスのLETSを導入!これでフォント環境も万全。何より、筑紫書体の全てを使えるのは、たまらなく嬉しい。また仕事が楽しくなるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2016年07月20日

サッポロ ヱビス#126 デュアルスムース

16.7.20.jpg

 セブンイレブン限定販売らしい。通常のヱビスは苦手な人でも大丈夫じゃないかな?飲みやすいのにコクがある。結構、好きかも。
posted by 坂本竜男 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

プレゼン終了

 今日の午後、無事にプレゼンを終えた。人前で話すのは苦手な上に、そもそも僕の場合はプレゼンで仕事が決まるケースがかなり少ないため、プレゼンの経験値も低い。上手く話そうと思っても無理があるので、必ず伝えるべきことをちゃんと伝える。このことに集中するようにしている。
 こう書くとシンプル極まりないが、実は結構難しい。あれもこれも伝えようと欲張ると、どれも中途半端で何も伝えれないということも十分ありうる。僕は伝えるべきことをたくさん欲張らないようにしている。
 それでも、やはり緊張はするし、思うように話せないこともしばしばだ。最終的には情熱なのだと思う。その情熱(思い)が伝われば、少なくとも悪い方向にはいかない。ということは、その前の段階として、情熱を持って取り組まなければならないということなのだが…。
posted by 坂本竜男 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月19日

坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界

16.7.1911.jpg

16.7.1912.jpg

16.7.1913.jpg

16.7.1914.jpg

16.7.1915.jpg

 今日のメインイベントは八千代座。世界的な和太鼓集団 鼓童の公園である。演出は坂東玉三郎。この公演では解説として出演もされる。今年注目のコンサートの一つだ。
 鼓童もデビュー35周年。僕はデビュー初期の頃から知っているし、CDも持っている。しかし、最近の活動はTVなどで知ってはいたものの、ちゃんと把握はしていなかった。今の鼓童は、僕が知っている鼓童とは別物だった。
 頑なに日本の太鼓のスタイルを貫いているように感じていた鼓童だが、その表現の幅が大幅に広がっていたのだ。ティンパニなどを取り入れていたのは知っていたが、ドラム(しかも3セット!!!)には驚いた。しかも、それに和太鼓が絡まない曲があるのだ。しかし演奏が始まると、紛れもなく鼓童の音楽である。洋の楽器なのに、音楽は和なのだ。これは以前の鼓童では考えられなかったことに違いない。
 曲や舞台の演出も見事だ。特に最後の曲は圧巻だった。どんどん太鼓が増えて、和太鼓のオーケストラのようになり始めたと思ったら、曲が進むにつれて今度は楽器が減っていく。すると、曲の緊張感が高まり、研ぎ澄まされた感じになっていく。ついには、最後は小さな和太鼓一人だけになってしまう。そして、美しいラスト。本当に素晴らしく、そして感動的だった。
 坂東玉三郎が演出(共演)を始めて以来、鼓童は大きく変わったようだ。根幹にある大事なものは変わらないが、その表現は大きな幅を持ったのだ。それにより、中心にあるものがより輝きを増している。これは表現をする人すべてにとって、素晴らしい見本になりうるものではないだろうか。音楽や演出の素晴らしさはもちろん、他にもとても大事なものをいただいた公演だった。
posted by 坂本竜男 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

山鹿でランチとデザートを楽しむ

16.7.197.jpg

16.7.198.jpg

 山鹿でのランチはグルメ倶楽部。店内もメニューも昔ながらの洋食屋さんのような感じのお店である。八千代座のすぐそばだ。
 注文したのはハンバーグカレー。一言で言うと、やさしい味だ。そして、まろやかでコクもしっかり。長年作り続けた味なのだろう。奥行きの深さを感じる。美味です。

16.7.199.jpg

16.7.1910.jpg

 ランチのあとは、隣のタオ珈琲。自家焙煎珈琲の看板に心が躍る。店内はコーヒーとパイの甘い香りが合わさり、美味しそうないい香りに包まれている。期待が高まる香りだ。
 注文したのは「つどい街道」というブレンドと青森パイ。どちらも美味い。コーヒーは僕が行っているどのお店にもない味。やわらかなのにしっかり感があって、とてもバランスがいい。豆、買っておけばよかった…。
posted by 坂本竜男 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

山鹿の足湯とさくら湯

16.7.195.jpg

16.7.196.jpg

16.7.191.jpg

16.7.192.jpg

16.7.193.jpg

16.7.194.jpg

 今日はお昼前から山鹿。八千代座での鼓童の公演を観に来たのだが、予定よりも早く到着したのでちょっと散策。もっと時間があれば、温泉を楽しめたのだけれども…。今回は写真だけで我慢。
posted by 坂本竜男 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ