2016年08月31日

パワーウインドウが壊れる

16.8.31.jpg

 グランデプントのパワーウインドウが壊れた。窓を開けた時にガラガラと音がして、そのまま動かなくなったのだ。ドアを開け閉めする時にカラカラと音がする。何か部品が外れたのだろうか?買って以来、初めてのトラブルらしいトラブルでである。
 今日はお店も休みなので、明日までビニールをかぶせてしのぐとするか。天気が良くてよかった。
posted by 坂本竜男 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年08月30日

大口純一郎トリオ・ライブ 間近!

16.8.301.jpg

 大口純一郎さんのおりなす八女でのライブまであと10日。ライブ決定から約10か月。早いものだ。
 リリースされたばかりのニューアルバムをひっさげての今回のライブ。新曲もあるだろうし、おりなす八女のハーモニーホールという、大きな会場でのライブというのも醍醐味だ。そして、やはり大口さんによるベーゼンドルファーの音色を聴きたくてしょうがないファンも多いはず。とにかく、最高峰のジャズトリオのライブであることは間違いない。
 さぁ、来月9日は体調を万全の状態にして、ライブに臨もう。
posted by 坂本竜男 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年08月29日

山溪ハンディ図鑑 14 樹木の葉 実物スキャンで見分ける1100種類

615-t8Z7GqL.jpg

 野生から植栽まで、北海道〜九州で見られるほとんどの樹木を網羅した葉っぱ大図鑑!4000点以上の画像を使用し、約1100種類の樹木の見分け方を徹底解説。山と渓谷社から出版されているこの本。画像もとても明瞭でわかりやすく、植物好きにはたまらない内容になっている。760ページものボリュウムもすごい。
 この充実の内容で、価格は5,000円を切る。売れても利益が出るのか心配になるような価格だが、一般的には高価な本として認識されてしまうのだろう。しかし、地方の書店にはなかなか置いてない類の本だから、実際に手に取って見る機会は少ないと思うが、一度は手に取って欲しい本だ。
posted by 坂本竜男 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2016年08月28日

おりなす八女室内合奏団演奏会

16.8.281.jpg

 今日はおりなす八女でコンサート。おりなす八女室内合奏団の演奏会である。
 おりなす八女室内合奏団という名前だけを見ると、とてもローカルで実力もソコソコのような印象を受ける(失礼!)。しかし、実際はとんでもない実力を持った室内合奏団だ。世界で活躍されている指揮者でヴィオラ奏者の大山平一郎さんが、全国から選りすぐりの実力者を集められているのだ。悪いはずがないのである。
 演奏は素晴らしいの一言。弦の響きがすばらしく美しい。プログラムもあまり聴く機会のない、ブルッフのコル・ニドライや、ブロッホのコンチェルト・グロッソ第1番など、とても面白く興味深い。2時間近くの公演はあっという間だった。
 これだけの素晴らしい演奏を地元で聴けるのはとても素晴らしいことだ。そして何より、驚くほど低価格なのもありがたい。いい音楽をできるだけ身近に、ということなのだろう。とても素晴らしい取り組みである。鳥栖でもやらないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年08月27日

マツダが「ロードスター」のレストア事業開始

p1-1.jpg

 マツダが、過去に販売したスポーツカー「ロードスター」を新車同様に復元する「レストア事業」を始めるらしい。開始のめどは2017年後半。まずは1989(平成元)年に発売した初代「ロードスター」を対象に、オリジナルの部品を製造、供給する体制を作り、国内でサービスを始めるそうだ。
 初代ロードスターは歴史に残り名車。今でも乗り続けているオーナーが数多くいる。古いクルマを切り捨てようとする日本のクルマ業界にあって、このマツダの取り組みはとても素晴らしいと思う。これを機会に、初代ロードスターに改めて興味を持った人も多いんじゃないかな?
posted by 坂本竜男 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年08月26日

自転車効果

 久しぶりにキッチリ自転車に乗った今月。目標の1,000km走破も今日達成。この調子でいけば、天気に恵まれれば1,200kmくらいいけそうだ。
 自転車のおかげでだいぶ体力も戻ってきた。体脂肪率も体重も落ち、基礎代謝はしっかり上がった。自転車の効果がしっかり出たわけだ。やはり、僕には自転車があっているようだ。
 来月中盤からエゴイスタスの配本が始まる。しばらく自転車にはほとんど乗れなくなる。それに反して外食が増える。体重が増えやすい時期がやってくる。なんとか今の状態をキープしたいところだ。
posted by 坂本竜男 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年08月25日

たかむらのカレーうどん(スペシャル)

16.8.251.jpg

16.8.252.jpg

16.8.253.jpg

 今日のランチは日田。木曜なので、水・木限定20食のカレーうどんをいただく。しかもスペシャル仕様である。
 ノーマルは麺だけなのだが、スペシャルは下からご飯、とろけるチーズ、麺、カレーと4層になっている。最初は麺、そのあとにご飯をいただくのだ。つまり最初はカレーうどん、そのあとカレーリゾットをいただくわけである。
 カレーうどんはどうしても麺が負けてしまう印象があるのだが、たかむらは麺に弾力とコシ、そして旨味があるのでカレーに負けない。うまいカレーうどんだ。そして、麺を食べつくしたあとのカレーリゾットも、濃厚でコクがあってうまい。カレーうどんでは一番かも。
posted by 坂本竜男 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) |

半年ぶりのムーンシャイナー

16.8.248.jpg

16.8.249.jpg

16.8.2410.jpg

 鍋屋の後は、半年ぶりのムーンシャイナー。やはり、ここのカクテルは格別。猛暑の関係でミントがなく、モヒートは飲めなかったけど、それは秋の楽しみに取っておこう。
posted by 坂本竜男 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

鍋屋で鍋を楽しむ

16.8.243.jpg

16.8.244.jpg

16.8.245.jpg

16.8.246.jpg

16.8.247.jpg

 今日の夜は移転したばかりの鍋屋。夏に鍋もいいものである。
 移転しても、相変わらずボリュームたっぷりで美味しくて安い。なかなかこのクォリティでこの価格はない。しかもメニューは、他のお店にあるようでないものが多い。ちょっと余計に一手間かかっているのだ。それが客としては嬉しいし、実際美味しい。
 今日は生ビールが切れていたので飲めなかったが、普段はブリュードッグ パンクIPAか水曜日のネコの生が飲める。これも他のお店ではなかなかないポイントの一つだ。もう直ぐパンクIPAは入荷予定。入荷したら、飲みに行かなければ。
posted by 坂本竜男 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年08月24日

Spirit of Taiko (Kodo) - Special scene



 八千代座公演以来、鼓童づくし。
posted by 坂本竜男 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

猛暑ではあるけれど

16.8.241.jpg

16.8.242.jpg

 暑い割に、何気に自転車の走行距離が伸びている今日この頃。ペースはさすがにほどほどだが、意外に距離を走れているのは自分でも驚く。
 今日は大川の筑後川昇開橋まで筑後川沿いを走り、佐賀経由で鳥栖に戻った。走行距離は80km。この猛暑を考えると悪くない距離だ。水分補給は必須だが、適度に休憩を挟めばこの暑さの中でもそこそこ走れる。今月の走行距離も900kmを軽く超えた。8月の1,000km走破は達成できそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年08月23日

トゥーツ・シールマンス死去

636074379016855061-MU-TOOTS-THIELEMANS-1129197-1-.JPG

 あぁ、また偉大なミュージシャンが一人…。彼のハーモニカは常に別格だった。それがもう、聴けないなんて。心よりご冥福をお祈りします。

 
posted by 坂本竜男 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽



 あぁ、なんてカッコいいのだろう。心に響く音楽だ。先日の八千代座での、素晴らしい公演が蘇る。
posted by 坂本竜男 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

そろそろサドルが…

16.8.23.jpg

 気がついたら、サドルがボロボロ。とっくに買い替えどきなんだけど、サドルはしばらく使ってみないといいか悪いかわからない。結構、相性があるゆえに、買い替えに踏み切りにくいのだ。
 じゃあ、前と同じヤツを買えばいいじゃん、と思うだろうが、せっかくだから違うサドルを使ってみたいという気持ちもあって、結局どうするか迷っているところなのだ。特に欲しい製品もないし(どれも似たり寄ったり、に見えてしまう)、本来ならもうしばらく買い控えるところだけれど…、いい加減、限界かなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年08月22日

猛暑の中の涼しい風

 普段、自転車で走っているコースは、川沿いか田畑の中を通る田舎道が大半だ。そんな田舎道は交通量も少ないし、緑に囲まれていて走っていて気持ちがいい。
 緑の中を通る田舎道は、今年のような連日の猛暑の中でも、時折爽やかな涼しい風が吹き向ける。この涼しい風ですごく癒されるわけだが、これは街中ではまず体験しない。田舎ならではの風だろう。エアコンの冷風とも違う、心地よさは体の熱気を覚ましてくれるだけでなく、疲れをも吹き飛ばしてくれる。この記録的な猛暑の中で、いつも以上に自転車に乗れているのは、田舎の恩恵を受けているからだと思う。
 8月ももう終盤。しかし、猛暑がおさまる気配はまだない。だが、この田舎の恩恵を受けている限り、無理なく自転車で走り続けれそうだ。
posted by 坂本竜男 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年08月21日

石橋美術館物語 1956久留米からはじまる。

16.8.211.jpg

16.8.212.jpg

16.8.213.jpg

16.8.214.jpg

16.8.215.jpg

 今日は1年ぶりに石橋美術館で「石橋美術館物語」。石橋美術館は石橋財団の運営から久留米市の運営に移行する。今回の展示は、石橋美術館としては最後の展示である。
 石橋美術館の歴史をひもときながら、石橋美術館とブリヂストン美術館の収蔵作品を見せていく今回の展示は、石橋美術館の集大成と言っていい充実の内容だ。まず、何と言っても久留米出身の天才、青木繁、坂本繁二郎、古賀春江。この3人は特別のブースが設けられ、誰もが知る代表作を中心に幅広く展示がされている。これだけでもわざわざ見に行く価値ありだ。
 他にも和洋問わず、素晴らしい画家たちの力作が並ぶ。その中でも特に印象的なのは、ピカソ、セザンヌ、ルオー、ルノワール、黒田清輝、藤田嗣治、藤島武二。かなり見ごたえがある展示である。石橋美術館としての最後を飾るにふさわしいものだと言えるだろう。
 石橋美術館はこの秋、久留米市美術館として生まれ変わる。石橋美術館の名前がなくなるのは寂しいが、久留米市美術館として、どんな美術館になっていくのか。九州のアートシーンを牽引してきたスピリッツを引き継いで、素晴らしい発信を続けて欲しい。
posted by 坂本竜男 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年08月17日

オリンピックの真っ最中に

 ただいま、リオ・オリンピックの真っ最中。そんなに関心が高いわけではなかったが、いざ始まってみると、ついついTVを観てしまう。日本代表に限らず、世界のトップ選手の活躍を見るのは気持ちのいいものだ。
 選手のプレーもすごいが、鍛えられた体もすごい。それらの映像が脳裏に焼きついた状態で自転車に乗るのは、気分的にもいい。そして、ちょっとしたイメージトレーニングにもつながっている気がしている。種目こそ違うが、いい選手のいいプレーのイメージは、自転車のいいイメージにつながっているのだ。なんだが、普段よりも体がより効率的にいい動きをしている気がするのである。
 ツール・ド・フランスを観た後などは、こういうことはよくある。しかし、異競技でも体感しているのは驚きだ。おそらく、スポーツの根幹にあるものが影響するのだろう。
 オリンピックもあと5日。もう少しだけ、オリンピックに乗っかって自転車に乗ってみよう。
posted by 坂本竜男 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2016年08月16日

甘え

 インディーズながら書籍を出版するということは、どういう意味を持つだろう?それもフリーペーパーではなく、有料の書籍を。今、このことをずっと考えている。
 作りたいものがあるから作るわけだし、フリーペーパーはそれでもまだよかった。しかし有料はちょっと違う。お金を出して買ってもらうものなのだから、買う価値がなければいけない。たった一行でも心に刺さるものがあれば、その本は十分買う価値がある。僕はそんな本を生み出せるのだろうか。
 フリーペーパーは無料ゆえの、ある種の甘えがあるようにも感じている。だが、有料だとその甘えは通用しない。有料の本を世に出してこそ、出版と言えるのだ。
posted by 坂本竜男 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | インディーズ出版

2016年08月15日

川瀬敏郎 一日一花

16.8.151.jpg

 東日本大震災の後の一年間、毎日生け続けられた花と言葉。それを書籍化したこの一冊は、素晴らしく美しく、そして優しくあたたかい。この本から受け取るものはとても大きい。大事な一冊。

 
posted by 坂本竜男 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2016年08月14日

蘭館の梅大路ブレンドとチーズタルト

16.8.144.jpg

 九州国立博物館の後は蘭館でコーヒーブレイク。梅大路ブレンドとケーキのセットを注文。ケーキはチーズタルトを選んだ。
 さすがコーヒーで名が通った蘭館である。梅大路ブレンドは浅煎のブレンドなのだが、ふわりと軽やか、ほんのり甘さがあり、香りがいっぱいに広がる。とてもバランスの良いブレンドだ。味わい深く、とても美味しい。
 チーズタルトはコーヒーとの相性抜群。程よい軽やかな甘み。しっとりでなめらかな食感。これまた美味しい。ぜひ、また行こう。
posted by 坂本竜男 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ