2017年08月31日

ナカバヤシ キャパティ ドライボックスを導入する

17.8.31.jpg

 もっと早く導入すべきだったドライボックスをようやく導入した。
 導入したのはナカバヤシのキャパティドライボックス 27リットル。容量も大きく、室温計も除湿剤も付いている。コスパはとても高い。本格的な防湿庫は確かに優れているが、場所をとるし、僕の機材ではこれで十分。所有しているカメラとレンズをすべて入れても、まだまだ十分余裕がある。これから近いうちに必要となりそうなレンズは数本あるが、それくらいは余裕で収納できる。それに、仮に足りなくなっても単価が安いから追加で導入しやすいし、スタックできるから場所もとらない。これでカビの心配もしなくてすみそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年08月30日

おりなす八女音楽塾 聴講

17.8.301.jpg

 今日、おりなす八女の打ち合わせの後、おりなす八女音楽塾の聴講の機会に恵まれた。
 おりなす八女音楽塾は、大山平一郎さん(指揮・ヴィオラ)、上田晴子さん(ピアノ)、金子鈴太郎さん(チェロ)の3人を教授に、国内外で活躍している若手演奏家を塾生に迎え開催されている。なんと、無料で聴講できるのだ。これは本当に素晴らしいことである。
 聴講はハーモニーホールとはちひめホールで行われる。レッスンの様子を生で見れるわけだが、これがまた素晴らしい。先生方のレッスンで音楽がどんどん変わっていく様が目の前で見れる(聴ける)のだ。ある意味、コンサート以上に価値がある体験ではないだろうか。これは教育の一環としてもいいし、音楽の捉え方・視点が広がるのではないかと思う。
 この聴講を踏まえての来月のコンサートは、更に素晴らしく興味深いものになるだろう。9月1・3日のコンサートが待ち遠しくてならない。
posted by 坂本竜男 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

自分を解放する

17.8.2822.jpg

 おとといから昨日にかけての唐津へのプチ旅行は、まさに自分を解放する旅になった。普段と全く違う環境に身を移す。ポジティブでエネルギッシュな仲間と一緒に行動する。普段ではできない体験をする。いずれもが自分を解放することにつながったのだ。
 内陸部育ち内陸部在住だから、そもそも海を見るだけでもテンションが上がるし、それだけで解放されてくる。それが船に乗り、小島にわたり、世間から隔離されてしまうと、その解放は最高に達する。自分の中のモヤモヤがスッキリするし、新たな意欲が湧いてくる。いわゆるリフレッシュ休暇の要素もあるが、重要なのは「自分の解放」だ。。自分の解放によって、新たなステップが踏めるのだ。
posted by 坂本竜男 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月29日

民宿 クジラ支満で海の幸を食べ尽くす

17.8.2812.jpg

17.8.2813.jpg

 昨日の最後は小川島。小川島は、呼子から船で20分くらいの処にある小島。そこにある民宿 クジラ支満へ。
 この民宿、何がすごいかって、食事がすごい。とにかく新鮮な海の幸のオンパレード。4人で泊まったのだが、とても4人分とは思えない量の海の幸が所狭しと並ぶ。これには圧倒されてしまった。

17.8.2814.jpg

17.8.2815.jpg

17.8.2817.jpg

17.8.2818.jpg

17.8.2819.jpg

17.8.2820.jpg

17.8.2821.jpg

 量もすごいが内容もすごい。タイ、ヒラメ、伊勢海老、イカ、あわび、サザエ、ウニ…。鮮度はいずれも獲れたてだから最高。あまりにも美味しすぎて、この量なのに平らげてしまった。感動するレベルである。
 特に驚いたのは伊勢海老。実は、僕は甲殻類が得意ではなく、特にエビは苦手である。かなり美味しいと評判のお店でも、少しだけ気持ち悪くなってしまう。しかし、ここの伊勢海老はまったくそれがない。本当に美味しいのだ。もちろん、具合が悪くなることもない。苦手なはずのエビにガッつく自分に驚いてしまった。
 食堂での食事は2時間までだったので、このあとタイの煮付けを部屋へ持ち込み、これを肴に日本酒を楽しんだ。本当にガッツリ食べて飲んだ1日だった。
 ちなみに民宿 クジラ支満の宿泊費は、一人10,800円。夕食はこの豪華な海の幸。そして朝食付き(これも充実の内容)。正直、食事だけでもこの金額ではありえないはずなのだが…。ぜひ、また来たいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

宝当神社へ参拝する

17.8.285.jpg

17.8.286.jpg

 唐津城のあとは、海上タクシーに乗って宝当神社のある高島へ。

17.8.288.jpg

17.8.287.jpg

 参拝の前に、まずは腹ごしらえ。宝当お休み処で海鮮丼をいただく。やはり新鮮。素晴らしく美味い。ボリュウムがあるのにペロリ。

17.8.2810.jpg

17.8.289.jpg

 いよいよ宝当神社に参拝。宝くじが当たることで有名なこの神社。さすがに宝くじ関係のものが多い。そして当然、宝くじも売っている。そのせいか、他の神社とは違う雰囲気だ。
 僕は宝くじは買わないので、普通に参拝。色々な意味で自分が解放されたような気がする。
posted by 坂本竜男 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

唐津城を臨む

17.8.283.jpg

17.8.284.jpg

 昼食の前に唐津城へ。と言っても中へははいらず、船着場から眺めるだけ。海と空の濃いブルーの中に唐津城が良く映える。やっぱり美しいね。
posted by 坂本竜男 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

20年ぶりの見返りの滝

17.8.281.jpg

17.8.282.jpg

 昨日から今日にかけて、自分を解放するプチ旅行。最初は唐津市相知町の見返りの滝。訪れるのは20年ぶり。アジサイが有名だが、深緑の今の季節もまたいい。そして、この滝を吹き抜ける風は、ここならではの気持ち良さがある。身も心も爽やかになるね。
posted by 坂本竜男 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月28日

仕事の課題

 最近の仕事は特に、自分にとって課題が多い気がしている。それは今まで以上の品質を求められているということもあるし、これまでの視点や捉え方、表現の仕方では不十分だとも言える。それらをクリアするためにはどうしたらいいのだろう?
 自分の視野と表現の幅を広げ品質を高めるためには、とにかくいいものを見たり、体験したり、本を読んだりとインプット作業は不可欠だ。そして、会う人。自分が刺激を受けるような人たちと会うこともとても大事だ。
 だが、それらを行えばいいのかという話でもない。漠然と見たり会ったりしても、それだけでは不十分だ。その前に自分の課題を頭にしっかり入れておく必要がある。受け入れ態勢を整えておく必要がある。だから体調管理も大事になってくる。
 現在、仕事のスケジュールはいい具合に詰まっているが、前述したように新たな課題も多い。そこで、今日明日の二日間、インプットのために時間を割く予定だ。とりあえず、自宅を離れて環境を変えてみよう。面白い人たちと行動しよう。
posted by 坂本竜男 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月27日

この夏の自転車

 8月も残りわずか。昨年の8月は、一ヶ月で1,000km以上の距離を走破したのだが、今年はまだわずが数km。1日だけ近所をちょっと走っただけだ。本来ならしっかり走りたいところだが、連日の猛暑日でもあるし、今年の夏は無理をしないことにしたのだ。
 おかげで日焼けはほどほど。週二回のピラティスのお陰で、自転車にの乗らないから太るということもない。しかし、自転車で走る気持ち良さはやはり格別。暑さが落ち着いたら、また走る予定だ。早く涼しくならないかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2017年08月26日

ライカの自由雲台

03-1.jpg

 ライカといえばカメラだが、実は自由雲台も昔から作っている。卓上三脚用と思われている部分も多いので、そのコンパクトさもあって性能的な部分よりも、そのデザイン性や作りの独創性だけがひと歩きしている感もある。
 だが、そこはさすがライカ。写真はボールヘッド18という自由雲台だが、ボール径18mmとかなり小さな部類に入るのに、耐荷重 7kgとボール径の大きさの割に高い固定力をもっている。金額はそこそこいい値段するので、コストパフォーマンスは良くないが、デザインの良さと質感の高さ、そして性能の高さはライカならではだ。
 最近、中国製の三脚や雲台の質の高さに感心しているところだが、その一方でライカのような製品を見ると、これもまた素晴らしく魅力的だなぁと思ってしまう。一度は使ってみたいと思わせる魅力が大きいのはやはりこっちかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年08月25日

セイジ・オザワ松本フェスティバルスクリーンコンサート2017

17.8.251.jpg

 今日は、おりなす八女ハーモニーホールで「セイジ・オザワ松本フェスティバルスクリーンコンサート2017」。おりなすでは初の試みである。
 今回のスクリーンコンサートは、セイジ・オザワ松本フェスティバルが素晴らしいのはもちろんだが、それを生中継しているのがまた素晴らしい。これだけで大きな価値がある。もちろん、生演奏ではないから音質的に限界はあるが、生中継ならではの臨場感とリアリティがあるのだ。
 スクリーンコンサートは映像と音響にコストがかかるものの、生演奏を聴きに行けない人たちにとっては大きな価値がある。今後、こういったコンサートが形を変えて増えてくるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年08月24日

福山富夫絣工房を訪ねる

17.8.240.jpg

17.8.241.jpg

17.8.242.jpg

17.8.243.jpg

 久留米絣の織元である福山富夫絣工房を訪ねた。筑後市にある手織りの絣工房である。
 機械は足踏み式。年季が入った機械をリズムよく動かしながら織っていく。簡単そうにやられているように見えるが、繊細で気を使う作業だ。これだけを見ても、絣がいかに手間をかけて作られているかが伺える。
 絣の藍の色がなんとも言えない美しさだ。派手さはないが、とても品がある。その藍色の地に白で伝統的な柄が少しずつ現れていく。素晴らしい…。
 割と雑然とした感じはあるが(散らかっているわけではない)、工房には独特な美しさがあった。使い込まれた機械。糸の束。模様が浮かび上がっていく織物。作業に没頭される職人さん。様々な要素が合わさってできた美なのだろう。この日本ならではの美。ずっと残したい。より多くの人に伝えたい。ささやかながら、そう思って工房をあとにした。
posted by 坂本竜男 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2017年08月23日

3連続で撮影

17.8.230.jpg

17.8.231.jpg

17.8.232.jpg

 今日は撮影の仕事が3件。エゴイスタスと料理の撮影と人物撮影。やっぱり、三脚のグレードアップは効く。撮影の精度が出るし、セッティングこそ時間がかかるが、そのあとがはるかにラクだ。あぁ、買って良かった。
 でも、今日の撮影では課題も見えた。撮影自体は上手くいったが、「もっとこうできれば」みたいなものはいくつかあった。これらをどう改善させていくか、これも楽しみながらやっていこう。
posted by 坂本竜男 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2017年08月22日

夜想曲

17.8.221.jpg

 箏(みやざき都)とヴァイオリン(工藤真菜)のデュオユニット、DIVAのアルバムを楽しむ。クラシックと日本の名曲が新鮮な響きで入ってくる。どの曲も不思議と違和感がない。箏とヴァイオリンの可能性と懐の深さ、なによりこのお二人の演奏技術とセンスの賜物だろう。心地いいアルバムです。
posted by 坂本竜男 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年08月21日

WISTA 3ウェイ自由雲台

newnew3.jpg

 三脚、一脚と一通り揃ったものの、今ついている雲台では縦位置の撮影がよろしくないなぁ〜と思っていたら、こんな製品を見つけた。WISTA 3ウェイ自由雲台。国内のメーカー製である。
 名前の通り、3ウェイ雲台と自由雲台をミックスしたような構造のようだ。ホームページによると「簡単な操作でカメラの縦位置、横位置変更を重心を変えずに三脚直上で実現した雲台」とある。ちょっと使ってみたくなる雲台だ。
 WISTAというメーカーは初めて知ったが、日本にはエルグ(今はプロスパイン)をはじめ、こういった独自性の高い製品を作るメーカーがいくつか存在する。この手のメーカーは高品質な製品を作っているが、独自な構造で生産数が少ないこともあり、大抵は高価だ。しかし、この製品は安くはないが、思ったほど高価ではない。3万円くらいなのだから良心的といえる。こういった製品は好きだから、興味津々だ。一度使ってみたいなぁ。

詳しくはこちら https://www.wista.co.jp/new/new_3waynew.html
posted by 坂本竜男 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年08月20日

一脚導入!

17.8.201.jpg

17.8.202.jpg

 三脚に続いて今度は一脚。人物のロケーション撮影は三脚よりも一脚の方が便利。スポーツなどの撮影にも使える。という琴で、導入したのはベルボンのMUP-4。自由雲台PH-163HAつき。中古である。
 とっくにカタログ落ちしている、ちょっと古いモデルだが、これがかなりいい。今の主流はカーボン製で多段化したもの(6段くらい)。確かに軽くて、たたむとコンパクトだ。一方、このMUP-4はアルミ製で径は32mm。しかも4段だから、太くて堅牢。しっかり感がハンパではない。もちろん、そのぶん重くはなるが、それでも雲台込みで1.2kgほど。三脚を思えば軽い。今後、大いに活躍してくれそうだ。
 問題があるとすれば雲台。縦位置での撮影が多いだろうから、今のままでは少々使いにくい。将来的にはL字型クイックリリースプレートと、アルカスイス互換クランプ(あるいはアルカスイス互換自由雲台)は必須だろう。
posted by 坂本竜男 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

赤貝 with DYNAMITES

17.8.191.jpg

17.8.192.jpg

17.8.193.jpg

17.8.194.jpg

 今日は同級生のバンド「赤貝 with DYNAMITES」のライブ。お互い、いいおっちゃんやけど、ステージに立つ姿はカッコいいね。同級生がバリバリのロックをやるのは誇らしくて気持ちいい。最高のステージやったよ!!!
posted by 坂本竜男 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年08月19日

コクヨ「本当の定規」

18672944_1434144846642748_3285186688945390243_o.jpg

18700751_1434144849976081_340852897623632703_o.jpg

 これはより正確!コクヨデザインアワード2014で、優秀賞を獲得した作品が商品化されたものだ。今のところ15cmしか販売されてないが、30cmと60cmも作って欲しいな。
posted by 坂本竜男 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2017年08月18日

ゴウサハラのキーマカレー

17.8.181.jpg

 今日のランチは久しぶりにゴウサハラ。今日の日替わりはキーマカレー。辛さはノーマルも美味いが辛めにしても美味い。前回、中辛にして美味しかったので、今度はもう一つ上の辛口で注文。ちゃんと辛いが、旨さを引き立てる辛さなのでいい具合。最近は辛めが定番です。
posted by 坂本竜男 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年08月17日

福島城趾

17.8.171.jpg

17.8.172.jpg

 今日は八女で3件打ち合わせ。その合間に福島城趾へ。今は公園になっているからその面影は薄いが、上に登ると確かに城跡。そばまではよく来るけど、意外に上まで登ったのは初めてかも。ここが城下町として栄えた八女福島の中心だったのだ。
posted by 坂本竜男 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ