2017年09月30日

3日連続カレーもイイね

17.9.301.jpg

17.9.302.jpg

 今日は大牟田・柳川方面の配本。そうなると、ランチはカフェ・ネイで決まり。大好物の香草ソーセージの焼きカレーを注文。3日連続でカレーだけど、全部美味しいから全く問題なし。しかし、同じカレーでも見事に美味さが違うから楽しい。大変美味しく頂きました。
posted by 坂本竜男 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

メール復旧

 メールがやっと復旧しました。お騒がせしました。
posted by 坂本竜男 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月29日

配本の締めくくりに…

17.9.292.jpg

 福岡配本の締めくくりはここ、手音。至福の時です。
posted by 坂本竜男 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ゼリージュのチキンカレー

17.9.291.jpg

 今日はエゴイスタスの福岡配本。そうなるとランチはゼリージュで決まり。チキンカレーをいただく。いくつものスパイスがしっかり効いて、香りと旨味と程よい刺激がたまらない。いつもながら美味いです。
posted by 坂本竜男 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) |

メールに関するお知らせ

 現在、当方のメールが送信ができない状態になっています。受信は問題なくできております。現在、対処中ですが、急ぎのメールに関してはgmailで対応させていただいています。ご了承ください。
posted by 坂本竜男 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

中華さとのグリーンカレー

17.9.283.jpg

 日田の中華さとで昼食。中華なのになぜかグリーンカレー。新作ではなく裏メニュー。運が良ければ食べれるメニューだ。
 見た感じも食材も中華っぽいが、ちゃんとグリーンカレー。食べ始めると止まらない。クセになる味だ。個人的には大好きな味である。ほどよく辛く、旨みも十分。サラッとかき込める。美味いです。
posted by 坂本竜男 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月28日

坂本善三美術館のオブジェ

17.9.282.jpg

 いつから設置されているのだろう?ここらしいオブジェだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

こんな解釈、ありなんだ!

17.9.281.jpg

 坂本善三美術館の今回の展示は、坂本善三の作品に対する独自の解釈(=作品)を加えたユニークなもの。いつもながら、ここの展示は面白い。それはそのまま坂本善三の幅の広さにつながっている。

 
posted by 坂本竜男 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

カバーズ

17.9.274.jpg

 どうもファーストプレスらしい。レコードというだけで入手困難なのに、ファーストプレスとは…。高村さん、良いレコードをお持ちだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

たかむらのコーヒー

17.9.273.jpg

 僕の大好きな日田のうどん店「たかむら」。このお店では、食後にサービスでコーヒーが出る。うどん屋でコーヒー?と思うかもしれないが、これがなかなか良いのである。
 うどんを食べたあとに飲んでも全く違和感がないし、何気にその辺のカフェよりも美味い。サービスで出すコーヒーだからコストはかけれないはずなのだが…。水が良いのは間違いないが、他にもおいしい理由があるはず。いつも聞こうと思って聞きそびれるんだよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ひさしぶりのトマたん

17.9.272.jpg

 昨日の夜から日田配本。その中身は充実のグルメツアーである。そのスタートがたかむら。どこのうどんとも違う、唯一無二のうどん屋さんだ。
 だいぶ涼しくなってきたので、久しぶりにトマたんを注文。あつあつの鍋で出てくるこのうどんは、美味いのはもちろん、ヘルシーで食べ応えのある、僕のお気に入りのメニューの一つ。さすが!の美味さです。
posted by 坂本竜男 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月27日

マンフロット 3Dスーパージュニア雲台 #115を導入する

17.9.271.jpg

 現在、我が家には大小合わせて3本の三脚がある。この中で圧倒的に稼動率が高いのがベンロA2570Tである。200mmレンズまで十分対応できる堅牢さと、アルミの割に比較的軽量なこと、そして使い勝手の良さもあって、使う三脚の9割以上がベンロになっているのだ。
 しかし、問題もある。購入時に付属していたベルボンの雲台の使い勝手が今ひとつなのだ。構図を決めて締め込むときにわずかにずれること。あと、これはこの雲台特有というより3ウェイ雲台全般に言えることだが、可動域に限りがあり、あともう少し傾けれれば…と思うこともしばしば。そこで、ぴったりくる雲台を模索していたのである。
 ネットを中心に調べていくと、その目的にぴったり合致しそうな雲台が目に入った。それがマンフロット3Dスーパージュニア雲台 #115(以下#115)である。基本的に同じ動きをする現行モデルの460MGは、耐荷重が3kgと少し心もとない。#115の耐荷重は5kg。それも惹かれる要素だった。
 しかし、この#115、とっくに製造が終わっている。こんなに使えそうなのに、なぜ?とは思うがこればかりは仕方がない。中古市場を探すしかない。そこで、ヤフオクなどでずっと網を張っていた。そして、ついに程度が良い中古を格安で入手したのである。ちなみに、入手したのは、コルクが張ってある前期モデルだ。
 そして今日、早速ブツ撮りで使用。これが思った通り「使える」。可動域がびっくりするくらい広いし、操作もしやすい。6Dと24-105mmF4のセットくらいなら、どんな角度でもしっかりと安定している。デザインもイタリア製らしく、洗練された良いデザインだ。この雲台が完璧というわけではないが、満足度の高い製品なのには変わりはない。これからの撮影がますます楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年09月26日

充実のカメラ談義

17.9.261.jpg

 今日はブログをきっかけに知り合ったお客様との楽しいひととき。充実したカメラ談義となった。
 お互いに持っているレンズ、三脚が、同じキヤノンユーザーなのに見事に一つもかぶってないという凄さだ。そして、僕が関心を持っているレンズをお持ちで、とても勉強になった。今のタムロンレンズのクォリティの高さを体験できたことは、非常に大きかった。
 カメラ以外にも、エゴイスタスやJOGOスピーカーに興味を持ってくださったことも嬉しかった。ブログがきっかけで、こんな良い出会いがあるのだから、書き続けてよかったと本当に思う。今日はありがとうございました。
posted by 坂本竜男 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年09月25日

なくなく追加発送

17.9.171.jpg

 先日、レターパックと運送便で遠方へ送り出したばかりだが、仕事などの関係で配本に行けないところが増え、再び発送の準備。できるだけ直接お届けしたいという気持ちに変わりはないが、これも仕事あっての話。この辺りはうまくバランスをとりながらやっていくしかない。
 配本に割く時間が限られる状況というのは、裏を返せば仕事を含め、スケジュールがしっかり入っているということだから、本来はとてもありがたい話だ。そういった部分も含めて、配本や発送のことをもう一度考えたほうが良いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

必要なレンズの整理

 望遠だ、マクロだと、僕の中でレンズが欲しい病がひどくなっているが、ここで一旦整理。仕事を軸に、どんなレンズが本当に必要か。そして、その優先順位はどうか。これを考えてみる。

1. 90mmF2.8マクロレンズ
これはメーカーはほぼタムロンで決まり。あとは新旧どのモデルにするか。中古でも良い。主にブツ撮り、料理、ポートレートに使用予定。価格も手頃だし、使用頻度も一番高いと思われる。

2. 70-200mmF2.8ズームレンズ
AFを考えると純正だがいずれも古いモデルなので、タムロンの最新型が最有力。人物撮影で一番使いそう。価格を考えるとタムロンの旧モデルA001が魅力的だが、将来的には買い換えることになりそうなので微妙。つなぎとしてでも導入する価値があるかがどうか?

3. 17-40mmF4ズームレンズ
これは純正Lレンズで決まり。中古なら5万円ほど。今まで24mmではちょっと足りない、という場面が何度かあったので、これはぜひ欲しい。風景、屋内での撮影で重宝しそう。価格的なことも考えると、70-200mmF2.8よりも先になるかも。

 あとは、場合によっては70-200mmズームも、F2.8ではなくてF4でもいいかもしれない。純正は写りも良いし、何より軽い。200mmは単焦点のF2.8があるから、F4でも良いのかも…とも思う。それに財布にも優しいし。この辺りは、自分の撮影スタイルや用途をもう一度見直してから考えてもいいだろう。だが、新しい機材が新しい仕事を生むことってあるからなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年09月24日

マクロレンズを考える2

 タムキューと呼ばれるタムロンの90mmF2.8マクロ。最新モデルと並行して売られている手振れ補正なしの272Eと、中古市場で1万円前後で手に入る72Eは、同じ72系で光学系は同じらしい。となると、状態さえ良ければ72Eは間違いなく「買い」のモデルだ。
 ちょっとだけ気になるのは、AFとMFとの切り替えが多少面倒なことだが(次の172Eから改善されている)、これは大きな問題ではないと思う。もちろん、172Eの中古があまり変わらない金額ならそれにこしたことはない。あとは、古いモデルだからコンディションのいいものが見つかるかどうかだが……。3つの72系モデルを視野に入れながら、しばらくは中古市場を探してみよう。
posted by 坂本竜男 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年09月23日

タムロンのマクロレンズを考える

 70-200mmF2.8レンズの他に、仕事でもプライベートでもすぐに出番がある欲しいレンズがある。それは中望遠のマクロレンズである。その中でも気になるのはキヤノン純正ではなく、通称タムキューで親しまれているSP90mmF2.8マクロだ。
 このタムロンの代名詞とも言えるレンズは、やわらかなボケ味でとても評価が高い。名レンズと言える商品だ。しかも純正と比べて価格も手頃なのが魅力。しかもマクロ撮影だけでなく、ポートレートにも向いている。料理やブツ撮り、人物を良く撮る僕としては持っておきたいレンズなのだ(というか、なぜ持ってないんだ?)
 しかし、タムロンSP90mmと言っても、今新品で購入可能なモデルが3つもある。これに中古を加えると、その種類はもっと増える。基本設計がしっかりしたロングセラーモデルゆえだろう。でも、これだけ選択肢があると、どれを選んで良いかわからなくなる。僕にとってはどれがマッチするのか?

img01-2.jpg

 まずは最新モデルであるSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F017)。予算があれば絶対にこれだ。実売は7万円くらい。手振れ補正もより強力になり、防滴構造もより進化。クォリティは一番高い。でも、今7万円は…。
 F017の前のモデル、SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)も新品で手に入る。これは実売5.5万円前後。光学系はF017と変わらないらしいから、これでもいいのか?

81MrSv03QjL._SL1500_.jpg

 で、一番安いSP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)。実売は3万円くらい。しかし、手振れ補正はない。だが、今はしっかりした三脚がある。それなら……?
 ちなみに中古市場を見ると、上記3モデルは多少は安くなるが、これらはできれば新品で手に入れたい。だが、もっと古いモデルだと1万円前後から手に入る。もちろん手振れ補正はないが、素性が良いレンズなので、写りは大幅には違わないのでは?そうなると、状態が良ければ買いなのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年09月22日

タムロン A025 (SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2)が欲しい

b8aef17bda4d378f89f3011e198c0918.jpg

 70-200mmF2.8というレンズは写真を趣味とする人なら所有したいレンズだし、プロなら必需品と言っても良いレンズの一つだ。以前はコスパでサードパーティ、クォリティなら純正レンズというのが当たり前だったが、今はレンズの個性で選ぶ時代になった。純正レンズが必ずしもベストとは言えないのだ。
 そんな中でも最近のタムロンには目をみはるものがある。その代表がこのA025と言われる最新の70-200mmF2.8レンズだ。作例を見る限り、色合いやボケ具合も綺麗だし、手振れ防止や最短撮影距離では純正を上回る。そして価格は純正よりも安い。今、僕の一番欲しいレンズになってしまった。
 では導入するのか?できれば、すぐにでもしたい。間違いなく仕事での出番は多いはずだ。しかし、純正よりかなり安いとは言え、新製品だから最安値でも13万円弱はする。残念ながら、今はそこまでレンズに投資できない。導入するのはもう少し後になりそうだ。でも、やっぱ欲しいなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

W/R/F Labのカップ

17.9.222.jpg

 久留米のCOFFEE COUNTYへ行ったら、気になるカップが置いてあった。それはW/R/F Labのカップ。カリフォルニア在住の日本人の作家さんが手がけたものだそうだ。
 これが質感も大きさも手にしたときの感じも、なかなかしっくりきて良い。コーヒーにピッタリきそうなカップだ。毎日のコーヒーをこんなカップでいただくのは良いね。
posted by 坂本竜男 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年09月21日

中古はキケン

 望遠ズームレンズを検討しはじめてキケンだな〜と思ったのは、中古まで視野に入れるコトだ。一見、安くすみそうだから良さそうだが、実はその逆なのだ。
 中古だと狙っている機材よりもワンクラス上のモデルが買えたりする。しかし、それはうまくいった場合だ。よくあるケースは、ちょっとだけムリすれば中古でワンクラス上が買える、という状況だ。これが一番危ない。下手すると、ヘンなループに入ってしまうのだ。危ないと思ったら、一旦引いて冷静になることが大事だね。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
Powered by さくらのブログ