2018年02月28日

雨の日のスイセン

18.2.283.jpg

18.2.284.jpg

 最近の僕のお気に入りの被写体は、近所に咲くスイセンだ。
 今日は雨。しっとりした中に控えめな華やかさがあって、より魅力的に感じる。トキナー AT-X 280 AF PROにはうってつけ。まるでフランスのシネレンズのようだ(使ったことないけど)。さすが、アンジェニューのOEM製造していたレンズの系譜。大好きな世界だ。
posted by 坂本竜男 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

ベランダのネコ

18.2.281.jpg

18.2.282.jpg

 我が家のベランダでは、昼間はよく近所のネコが昼寝をしている。いつもはカメラを向けると、存在にすぐ気付いて逃げてしまうけど、今日はよっぽど眠いのか、存在に気づいてもそのまま寝たまま。日常の平和なひとコマ。
posted by 坂本竜男 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ

2018年02月27日

日常の中に

18.2.273.jpg

18.2.274.jpg

 日常のなんでもない風景が、ちょっとだけ面白く感じる。
posted by 坂本竜男 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

ザボンと江上文旦の…

18.2.271.jpg

18.2.272.jpg

 ザボンと江上文旦の皮を天日干ししたものをいただいた。本来はこれに砂糖をまぶしてお菓子にするのだそうだが、砂糖なしでも十分に美味しい。素材の味が凝縮されて、季節を感じるのがまたいい。こういうのが贅沢というのだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月26日

トキナー AT-X 280 AF PROが描く世界

18.2.262.jpg

18.2.263.jpg

 いわゆるクセ玉として、評価も販売も芳しくなかったトキナーAT-X 280 AF PRO。確かに実際に使ってみると、望遠は絞り開放が使えない、という評価もわからなくはない。だが、ピントを合わせるのがものすごくシビアなせいもあると思う。AFは意外に遅くは感じなかったが、シーンによってはものすごく迷う。AFでは思ったところにピンを合わせづらいケースは多かった。基本はMFがベストなレンズではないだろうか。
 まだまだ使いこなせているわけではないが、少なくとも(望遠側で)ただ絞り開放でピンが甘いレンズというわけではないように思う。柔らかいボケ味、独特の空気感は、オールドレンズにも通じるところがある。そして、それらの特徴はオールドレンズと比べても洗練されている印象がある。
 使いこなしは難しいが、今の解像度重視のレンズにはない、素晴らしいレンズではないかと思う。ぜひ、仕事でも積極的に使っていきたい。
posted by 坂本竜男 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

チャイコフスキー/メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 三浦文彰

18.2.261.jpg

 今日のBGMは、昨日のコンサートで購入した三浦文彰の「チャイコフスキー/メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲」。
 オケでもやはり彼のヴァイオリンは光る。ただ、昨日のコンサートとは光り方が違う。昨日強烈に感じた悪魔的吸引力というよりは、曲や旋律の美しさがより際立つ感じだ。これも生で聴いたら印象が違うのかもしれないが。
 とにかく、この若き才能は追い続けなければいけないと思う。
posted by 坂本竜男 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年02月25日

三浦文彰ヴァイオリンリサイタル

18.2.253.jpg

 今日はおりなす八女で三浦文彰ヴァイオリンリサイタル。ヴァイオリンとピアノだけというシンプルな構成ながら、内容の濃い素晴らしいコンサートだった。
 抜群のテクニックと表現力はもちろんだが、今まで聴いたことのないような不思議な吸引力にまず驚く。悪魔的魅力とでも言おうか。危険だけどずば抜けて美しく魅惑的。そんな危険な香りがするのだ。同じ若き素晴らしき才能、宮田大とは全くタイプが違う。宮田大は親しみやすさがあるが、三浦文彰は危険な魅力なのだ。聴き入ってしまうと、どこか遠くに連れて行かれるような不思議な錯覚に陥るのである。これは初めての体験だった。
 途中に彼のMCが入って、現実に戻されるの。実はその時のギャップもまたすごい。普通の好青年である。それが演奏し始めると神が降りてくる。これもまた、彼の魅力なのだろう。
 こんな素晴らしいコンサートが八女で聴けるのだ。しかも破格の金額で。音楽ファンは八女のチェックを怠るべきではない。
posted by 坂本竜男 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

JOGOスピーカーの最終形を聴く

18.2.252.jpg

 今日は、JOGOスピーカーの最終形を聴く機会に恵まれた。宙(そら)の、スピーカーユニットのコーン紙だけでなく、エッジの部分まで金箔を貼ったモデルである。
 音の違いは一聴してすぐわかった。音の速さ、特に低域のレスポンスが尋常ではない。ドラムの音が別物なのだ。それまでのモデルも、スピーカーでついにここまで再現できるようになったか!そう思わせるクォリティだった。しかし、今回の最終形はそれのさらに上を行く。生のドラムの音としか思えない速さと質感なのだ。
 違いはそれだけではない。小音量での再現性、醸し出す空気感とリアリティ。どれも次元が違う。それでいて、あくまでも自然なのだ。これ見よがしな感じが全くない。とんでもない領域まで来たものだ。
 問題があるとすれば生産性の低さ。というのも、金箔を貼る作業は超一級の職人さんによって、一つ一つ丁寧に手作業で行われる。どうしても時間がかかるのだ。欲しい人はできる限り早く注文したほうがよさそうだ。
posted by 坂本竜男 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

つるや市役所前店の南関揚げうどん(+ミニカツ丼)

18.2.251.jpg

 僕の中で絶対的な存在である、八女のつるや市役所前店のうどん。ここの究極の麺は冷やで食べるのが最高なので、冬でもぶっかけを食べていた。
 しかし、今年は例年にない冷え込み。そこで僕の新たな冬の定番になったのが、この南関揚げうどん。シャキシャキ感のあるほかにはない南関揚げと、化学調味料を一切使ってない出汁の効いたスープ、そして究極の麺。最高です。
 これを大盛りで食べるのもいいが、ミニカツ丼をプラスするのもまたいい。大満足の組み合わせです。
posted by 坂本竜男 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月24日

久しぶりのパンクIPA

18.2.241.jpg

 今日の晩酌は久しぶりにブリュードッグ パンクIPA。僕にとって定番の一つではあるが、暖かくなり始めたこの時期に飲むパンクIPAは格別。改めて美味しいビールです。
posted by 坂本竜男 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2018年02月23日

近所で、出会う・感じる

 最近、カメラを持って、近所を散策するのが楽しい。いつもハッとさせられる「何か」に出会う。

18.2.236.jpg
 このブロック塀はなんの意図でこのようになっているのか…

18.2.237.jpg
 道端のクローバーに気持ちがざわつく。

18.2.238.jpg
 ほぼモノトーンの風景の中に、派手なテーピングのパイプが浮かぶ。
posted by 坂本竜男 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

近所でツバキを楽しむ

18.2.235.jpg

18.2.234.jpg

 ツバキはとても好きな花のひとつ。そのツバキが、意外にも近所にたくさん咲いている。だが、ツバキを楽しめる季節ももうすぐ終わり。いま膨らみつつある蕾に期待を寄せながら、春本番を待つ。
posted by 坂本竜男 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

鳥と電線と半月

18.2.232.jpg

 電線に留まるたくさんの鳥たちと半月。これもまた、身近だけどハッとさせられる風景。ところで、この鳥はなんという鳥なのだろう?
posted by 坂本竜男 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

夕焼けと飛行機雲

18.2.231.jpg

 快晴の夕空に飛行機雲。その美しさに思わずハッとさせられる。明日も天気が良さそうだ。
posted by 坂本竜男 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年02月22日

オリオンビール いちばん桜

18.2.221.jpg

 今日の晩酌はオリオンビール いちばん桜。春もすぐそこ。そんな今にふさわしいビール。優しくて軽やかで華やか。気持ちもはずみます。
posted by 坂本竜男 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2018年02月21日

まるでフランス

18.2.212.jpg

18.2.213.jpg

18.2.214.jpg

18.2.215.jpg

18.2.216.jpg

18.2.217.jpg

18.2.218.jpg

 トキナーAT-X280 AF PRO。日本製のレンズなのに、描く世界はまるでフランス。やわらかくも芯のある描写。独特の空気感。オールドレンズのようで、それともまた違う。
 それもそのはず、これはアンジェニュー社のOEM生産していたレンズとほぼ同じ設計。アンジェニューは絶賛され高値が付き、トキナーは酷評され、中古市場でも二束三文。その魅力を認める人は少数派だ。しかし、僕はとても気に入っている。ちょっと前までは、日本にもこんなレンズがあったのだ。
posted by 坂本竜男 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年02月20日

coffee月白にて

18.2.201.jpg

18.2.203.jpg

18.2.204.jpg

 この空間には柔らかい描写のレンズがよく似合う。撮った後、大画面で開いてちょっとびっくり。
posted by 坂本竜男 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

羊羹宇宙、再び

18.2.202.jpg

 今日は午後からcoffee月白。となれば、やはりコーヒーと羊羹宇宙です。
 あぁ、この絶妙で複雑な甘みと酸味、そしてなめらかな食感が相まって、なんとも言えないハーモニーを生み出す。そこにコーヒーが加わると、さらなる豊かさが…。わざわざ食べに行くだけの価値はあります。
posted by 坂本竜男 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年02月19日

柳川にて

18.2.193.jpg

18.2.192.jpg

 今日はエゴイスタスの撮影・打ち合わせで柳川へ。そこではこんな素敵な花が迎えてくれた。聞いたら、庭など身近なところにある花を、その時のお客さんに合わせて生けられるのだそうだ。なんて素敵なんだろう。僕もこんな素敵なおもてなしができるようになりたい。
posted by 坂本竜男 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

徳兵衛うどん 三潴店のカツ丼定食

 人と会うことは、エネルギーや刺激をたくさんいただくのだが、同時にカロリーをたくさん消費する。そこで、今日のランチはガッツリメニュー。

18.2.191.jpg

 徳兵衛うどん 三潴店のカツ丼定食。ご飯に対してカツが大きいのが嬉しい。これでエネルギーの補充も万全。ごちそうさまでした!
posted by 坂本竜男 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ