2018年03月08日

キヤノン EOS Kiss M、今月発売

39823420464_d72e67685b_o.png

 キヤノンのエントリークラスのミラーレス一眼として、EOS Kiss Mがいよいよ発売される。
 画素数は約2410万画素。センサーサイズはAPS-Cと、他のモデルと同じ。だが、他がすごい。新画像処理エンジン「DIGIC 8」、最大143点の測距点、連続撮影速度はサーボAFだと最高約7.4コマ/秒、AF固定時で約10コマ/秒など、キヤノンのフラッグシップミラーレスM5を上回るスペックを持つ。劣るのは操作性くらいだ(これはエントリーモデルらしくシンプル)。
 キヤノンもいよいよミラーレスに本気を出してきたのか?僕が理想とするキヤノンのミラーレスは、フルサイズでEFマウントのレンズが使えることなので、メインのカメラにはならない。しかし、サブとしては魅力的だし、多くの人にはオススメできるミラーレスだ。
posted by 坂本竜男 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

ちょっと古いレンズも面白い

 オールドレンズは奥が深く面白いが、同じようにちょっと古いレンズも面白い。最近、ずっと付けっ放しにしているトキナーAT-X280 AF PROがそのいい例だ。一般的にはクセ玉で片付けられることが多いレンズだが、その特徴を踏まえて使うととても魅力的だ。
 だが、よく考えてみたら、そんなレンズはトキナーに限った話ではない。僕が所有するレンズの多くはちょっと古いレンズばかりなのだ。その中には
 例えば、3本あるLレンズのうち、2本はフィルム時代のものだ。しかし、EF135mm F2 USMはモデルチェンジもせず、未だ現行モデル。確かに写りはいいレンズだが、最新モデルとはちょっと傾向が違うように思う。解像度重視という感じとは違い(解像度が低いわけではない)、独特な空気感が出る。ちょっと不思議な存在ではある。
 ちょっと古いレンズの中には、現行モデルにない焦点距離のものがあるからありがたい。僕が所有する2本のシグマレンズがそうだ。100-300mm F4と50mm F2.8マクロなのだが、これがどちらも写りがいい。使い勝手も悪くない。なぜ、今は作ってないのか、後継モデルがないのか不思議なくらいだ。
 現行モデル、とくに最新レンズは性能は高いが価格も高い。しかし、ちょっと古いレンズは懐に優しいものが多いし、現行モデルにない良さもあったりする。それらをうまく生かしながら、これからもやっていきたい。
posted by 坂本竜男 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
Powered by さくらのブログ