2018年04月02日

タムロン19AH試し撮り

 タムロン17A(35-70mm F3.5)から、19AH(70-210mm F3.5)にレンズを替えて、再び近所を散策しながらの試し撮り。といってもざっくりしたテストなので、絞りは全て開放である。

18.4.2-4.jpg

18.4.2-5.jpg

18.4.2-6.jpg

18.4.2-7.jpg

18.4.2-8.jpg

 絞り開放なのに、キレは十分にある。色乗りもいいし、ボケもきれい。古いズームとは思えない。単焦点に近い描写をする。これが30年以上前のレンズだなんて、とても思えない。19AHと17Aがあれば、たいていのケースでは対応できると思う。しかも高画質で。レンズってなんなのだろう……。考えさせられてしまう。
posted by 坂本竜男 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

タムロン 35-70mm F3.5(17A)入手!

18.4.2-1.jpg

 またまた新たにMFレンズを入手。19AHに引き続き、タムロン アダプトール2レンズだ。そのレンズは 35-70mm F3.5(モデル名17A)。名称にSP(Super Performance)はつかない廉価版モデルだが、写りの良さで評価が高いレンズだ。しかも市場価格がとても安い。すぐ導入に至ったのだ。

18.4.2-2.jpg

18.4.2-3.jpg

 早速、試し撮り。いずれも絞り開放だ。評判通り、絞り開放からキレがよい。しかも70mm側では25cmまで寄れるから、マクロとしても十分使える。色あいはわずかにダーク系だが、十分許容範囲。絞り開放でも周辺減光がこの時代のレンズとしてはしっかり抑えられているのもいい。広角側で全長が伸び、望遠側で最小になるなど、ちょっとユニークなレンズだが、これ一本で結構カバーできてしまう。最近の廉価版の標準ズームよりもクォリティは高い。
 ただ、気になるところもいくつか。絞りのリングがスカスカ。ボディにつけるときも、最後まで回ってカチッといわず、不安が残る。実用上問題はないが、気にはなる。これは個体差もあるかもしれない。いいレンズだし、価格は安いから、状態のいいものを探してみるのもいいかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

花見での一コマ

18.4.1-9.jpg
posted by 坂本竜男 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

花見の酒

 昨日の花見では、久しぶりにしっかり美味しいお酒を楽しんだ。花より団子、ならぬ花よりお酒である。

18.4.1-8.jpg
まずはブリュードッグ ジャクハマーで乾杯。

18.4.1-7.jpg
次もブリュードッグ。定番パンクIPA。

18.4.1-6.jpg
仕上げは日本酒。天吹酒造ピンクレディ。

 いずれも花見にふさわしい美味しさ。さわやかで香り豊かで懐が深い。とてもいい花見でした。
posted by 坂本竜男 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒
Powered by さくらのブログ