2018年04月11日

MFレンズの広角ラインを考える

 タムロンの2本のMFレンズを導入して以来、その写りの良さと程よい大きさで、すっかり常用レンズになってしまった。17A(35-70mm F3.5)と19AH(70-210mm F3.5)で多くの撮影をカバーできてしまう。それもF3.5通しで。30年以上前のレンズだから、大きさの割にはズッシリと重量感はあるが、それはあまり気にならない。19AHは決して小さなレンズではないが、現行モデルで同等の性能のレンズは完全に一回り大きい。僕の中ではギリギリ気楽に持ち出せるレンズなのである。
 これらのレンズには大いに満足しているのだが、やはり広角側が35mmというのは物足りない。トキナー16-28mm F2.8があるが、これは写りは抜群だが大きく重い。17Aの手頃さに慣れてしまうと、純正24-105mm F4やトキナーAT-X280AF PROも大きく(太く)感じてしまう。そこでタムロンMFレンズにどんなものが該当するか調べてみた。で、良さそうなものは…
SP 24-48mm F/3.5-3.8(13A)
SP 28-80mm F/3.5-4.2(27A)

この2点である。13Aはあまり市場に出ないようだ。27Aは17Aの替わりになりそう。写りもSPだけあって良さそうだ。
 だが、17Aの写りの良さは捨てがたい。いっそ24mmか28mmの手頃な単焦点レンズを追加するというのも良いのかもしれない。となれば、富岡光学製の28mm単焦点が欲しくなるなぁ…。
posted by 坂本竜男 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

動くものに再チャレンジ

18.4.112.jpg

 タムロン19AH(SP70-210mmF3.5)で、ちょっと遠目から歩いているネコを狙う。ピントがあったのはこの一枚だけ。動くものをマニュアルで追うのは難しい…。まだまだ練習が必要だな。
posted by 坂本竜男 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

名刺リニューアル

18.4.111.jpg

 やっと名刺をリニューアルし、印刷から届いた。と言っても、基本的なデザインはそのまま。ただ、フォントはモリサワから筑紫書体に変更。これだけで、しっとりした質感になる。大きな変化ではないが、良い変化だ。
 さぁ、新しい名刺を持って、ガンガン動きますか。
posted by 坂本竜男 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
Powered by さくらのブログ