2018年06月22日

佐賀県立美術館を楽しむ

 夕方からは佐賀市内。エゴイスタス配本も兼ねて佐賀県立美術館・博物館へ。今は有料の展示会が開催されているわけではないが、それはそれで楽しいのだ。

18.6.228.jpg
 まずは特別展である「さが幕末維新の書」。幕末に活躍した偉人たちの書の展示である。書は人をよく表していると思うが、鍋島直正のように書が変化していく人もいる。でも、それは鍋島直正本人の変化でもあるのだろう。そういった「書」の面白さが印象的な、興味深い展示だった。

18.6.229.jpg
 次はOKADA ROOM。定期的に展示替えされる岡田三郎助の展示である。個人的には人物画の印象が強い岡田三郎助だが、今回の展示でハッとさせられたのは風景画。ある程度距離を取ったときに見せる、独特な立体感と存在感に驚いた。この発見が僕にとっての岡田三郎助の存在を、いっそう特別なものにしてしまった。

18.6.2210.jpg
 佐賀県立美術館は、こんな緑を楽しみながら休める空間が幾つかある。特別な展示がなくても、フラッと立ち寄ってこの空気感を楽しむのもアリだ。今回観た展示はいずれも無料。気軽に立ち寄れる美術館の存在は大きい。この気軽さが佐賀県美の魅力の一つではないだろうか。
posted by 坂本竜男 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

INNOCENT GLASS 再び

 先日訪れた展示が素晴らしかったので、夫婦で再訪。前回以上にじっくり展示を鑑賞。そして、ありがたいことに今回は許可をいただいて写真も撮らせていただいた。

18.6.222.jpg

18.6.223.jpg

18.6.224.jpg

18.6.225.jpg

18.6.226.jpg

18.6.227.jpg

 ファインダーから見える作品は、角度や光の具合でびっくりするくらい表情が変わる。手に取ったとき、身につけたとき、展示されているとき、それぞれで表情が違うし質感すらも変わって見える。そのどれもが魅力的だし、心に残る。さりげないのに存在感があり、明確な主張があるのに身につける人を引き立てる。見れば見るほど素晴らしい。
 今回、本来アクセサリーを撮るときとは違う撮り方で撮らせていただいたのだが、こういった撮り方をするとますますアート作品のようだ。完全にアクセサリーの枠を超えている。素晴らしい世界観だ。いつか写真集を作らせていただきたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
Powered by さくらのブログ