2018年06月27日

COFFEE COUNTYのホンジェラス トリプレA農園

18.6.274.jpg

 今日、COFFEE COUNTYで買ったばかりの豆、ホンジェラス トリプレA農園を早速いただく。焙煎はダークローストである。
 しっかりしたボディの中にほんのりとフルーティな甘みがある。シングルとは思えない、上質で複雑さと力強さを持っている。とても美味しい。
 このトリプレA農園は標高が1,650mと高め。前にも標高が高いところの農園の豆がこんな感じだった。標高が高いところの豆の特徴だろうか。
posted by 坂本竜男 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ハンドドリップの醍醐味

18.6.271.jpg

 石橋文化センターのあとは、COFFEE COUNTYへ。
 この暑い中、ホットコーヒーを頼んでしまうのは、好きだからというのもあるが、コーヒーを淹れているところを眼の前で観れることも大きい。同じお店でも人が変わると淹れ方も変わる。もちろん豆でも変わる。ハンドドリップはそれが一番、わかりやすく出るから面白い。
 最初のお湯の注ぎ方、蒸らす時間、そのあとのお湯の注ぎ方。全てが違う。しっかりとしたセオリーはある。しかし、おそらく完全な正解はない。さて、このハンドドリップを見た上で、どう淹れてみようか…。
posted by 坂本竜男 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

石橋文化センターにて

18.6.273.jpg

18.6.272.jpg

 今日は配本で石橋文化センターへ。今は美術館の展示もないし、特別な催事が行われているわけ。それでも時間のあるときにフラッと立ち寄るのにはいい空間だ。今度は久しぶりに自転車で行ってみようかな。
posted by 坂本竜男 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

飽きっぽい

 僕は基本的に飽きっぽいところがある。それでも仕事も趣味も、同じものを続けれてこれたのは、なぜなのだろう?
 おそらく、飽きっぽいがゆえに、少し続けたら他のもの、それに飽きたらまた他のもの。それをひたすら繰り返せたからではないだろうか。
 仕事なんかその典型的な例だ。複数の仕事を抱えている時、よほどの時間的優先順位がない場合、一つずつ終われせていく人と、進めていく中で飽きたら他の仕事に手を出す場合とあると思うが、僕は基本的には後者である。人の集中力なんて、基本的には短時間しか続かない。集中力が切れたら、さっさと違うことをするようにしている。
 でも、大きなくくりで考えると、デザインという仕事には全く飽きていないし、趣味だって同じだ。おそらく、今後もそれに対して飽きるということはないだろう。根幹にあるべきものは飽きるということはないのだ。
posted by 坂本竜男 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
Powered by さくらのブログ