2018年07月05日

珈琲Chiba コロンビア サン・ヴィセンテ農園

18.7.5-2.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaさんの「コロンビア サン・ヴィセンテ農園」。2017年のカップオブエクセレンス・ウィナーだ。
 軽やかで豊かな香り。やわらかな甘みの中に品のいい酸味が少し。飲んだ後もいい余韻が続く。飲めば飲むほどその美味しさが増していく感じだ。さすがカップオブエクセレンス2017。素晴らしい!
posted by 坂本竜男 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ちょっと古いコーヒーミルを試す

18.7.5-1.jpg

 珈琲Chibaさんで、ちょっと古いコーヒーミルを試す機会に恵まれた。いずれも今は作っていないものばかりである。メーカーは存在するが、その製品自体は無くなったもの。メーカーそのものが無くなったものなど、様々である。
 今回、印象的だったのはペデ(PeDe Dienes)のミルだった。世界で最も評価の高いと言われるザッセンハウスに吸収合併されて今はないが、とても素晴らしかったのだ。
 この挽き味は言葉で言い表すのが難しい。豆を一気に巻き込むように挽いていく。挽き終わるのも早いし、そのときのトルク感はほかでは味わったことがない。ペデに比べると、ザッセンハウスはちょっと軽い。そして遅い。フソーはさらに軽く、さらに挽き終わるのに時間がかかる。
 ちなみに、これらのミルはいずれも数十年経った古いミルだが、最近の5千円くらいのミルよりははるかに挽き味がいい。そして挽きムラも少なめだ。昔の道具はとても優秀なものが多いが、これはコーヒーミルにもそのまま当てはまるようだ。我が家のミルもフソーの評価が高い製品。ペデやザッセンハウスほどではないが、十分優秀だ。昔の道具に学ぶことは多い。
posted by 坂本竜男 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

シグマ sd Quattroを考える

 できれば早めにもう一台の一眼レフが必要だと感じている今日この頃。キヤノン EOS 6Dを使っているのであれば、上位モデルのEOS 5D mkIVを買い足すのが普通だろう。だが、僕の場合は写真の仕事もしているとはいえ、本業はグラフィックデザイン。そこまでボディにお金をかけるか?というのもあるが、僕としてはその大きさがちょっと引っかかっている。そこで、買い足すのはEOS 6D mk IIを最有力で考えていた。バリアングル液晶モニターは、僕の撮影スタイルには極めて有効だし、6Dクラスの程よい大きさは僕にとってもすごくしっくりくるものだからだ。
 だが、6D mk IIは昨年発表されたばかりで、実売価格はまだ高い。そこで以前から気になっていたモデルが有力候補になってきたのだ。
14_s.jpg
 それは、シグマ sd quattro。シグマ独自のFOVEONセンサーを搭載した、ミラーレス一眼である。
 sd quattroが発表されてちょうど2年。ネット上にもいろいろな情報が上がってきた。
 まず、画質。シグマといえば高解像度でフルサイズを凌駕する画質である。ネットに上がっている作例はいずれも解像度が素晴らしい。人間の目以上に解像するので、写真なのに高画質のCGを見ているかのような違和感さえ感じるものもある。このあたりは好みが分かれるところだが、性能としてはとんでもないのは確かだ。
 そして価格。30mm F1.4レンズとのキットでは、安いところでは10万円を切る。この高画質一眼が10万円というのはバーゲンプライスだろう。マウントは通常のシグママウントだから、シグマのレンズは基本的には全て使える。これも大きな魅力だ。(だが、当然キヤノンレンズとの互換性はない)
 もちろん問題もある。やはりクセが強いカメラであるのには変わりないようだ。相変わらず暗いところには弱い。キヤノンとは真逆だ。書き込みも改善されてきているとはいえ、まだまだ遅い。バッテリーの保ちもキヤノンと比べるとまだまだ短い。EVFと液晶モニターの質も低い。6Dのファインダーは見やすいので、この点でも大いに苦労しそうなカメラである。また、独自のシグママウントなので、新たにレンズをそろえる必要がある。シグマは面白いレンズが多いが、それゆえにレンズにお金掛かり過ぎる可能性は否めない。
 しかし、この高画質が10万円で手に入るのは魅力的だ。この画質の強力さが多くのデメリットを吹っ飛ばしてでも購入を検討させるのだ。だが、僕が仮に導入した場合、サブのカメラ、あるいは次のメインカメラという位置付けにはなりにくい。全く別の立ち位置のカメラになりそうだ。そうなってくると、いくら安くても優先順位のトップには来ないのである。でも、いつか使ってみたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ