2018年07月29日

日本酒処 巡る6周年

 今日は久留米の日本酒処 巡るさんの6周年。通常営業とは違って立ち飲みスタイルで、どのお酒も一杯500円と大盤振る舞い。大いに賑わった。

18.7.294.jpg

18.7.295.jpg

18.7.296.jpg

 いただいたのは、この3杯。すべておまかせで選んでいただいたのだが、さすが好みをよくわかっていただいている。どれも素晴らしく美味しい!

18.7.292.jpg

18.7.293.jpg

 そして、久留米絣ブランド絣衣人の商品の展示。とくに日田下駄と久留米絣のコラボ製品「あゆみびと」が目を引く。こんな柄があったのかという驚きと、下駄になった姿の美しさ。見事である。

 やはり巡るさんで飲む日本酒は美味い。今回は6周年イベントだったので、ゆっくりできる感じではなかったが、今度はゆっくりお邪魔したい。
posted by 坂本竜男 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

とりかへばや、男と女

18.7.291.jpg

 平安時代に書かれた物語「とりかへばや」を題材に、心理療法の視点から男女の心の謎に迫るこの本。まず、男女が入れ替わって育っていく物語「とりかへばや」が、とても平安時代のものとは思えず、現代の話として読んでも面白い。近いテーマの作品はいろいろあるが、平安時代にここまでの作品が生まれていることに驚かされる。これは、男女それぞれのなかにある異性としての性質や、両性具有の美など、日本の文化にも深い関わりがあるものが、かなり早い時代から根付いているとも言える。かなり面白いです。とりかへばやと一緒に読むことをお勧めします。
posted by 坂本竜男 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
Powered by さくらのブログ