2018年08月31日

トキナー AT-X 280 AF PROを再検証を始める

 純正のF2.8通しの標準ズームが欲しい!その気持ちが強くなって来ているが、今持っているトキナー AT-X 280 AF PROは、本当に特殊な用途でしか使えないのだろうか?その性能を引き出せてないだけではないのか?ふとそう思い、少しずつ検証していくことにした。
 今回は簡単な望遠側の検証。絞り開放はかなりソフトな描写なのはわかっている。絞ればシャープ。でも、それならF2.8でなくてもいいのでは?EF24-105mm F4L IS USMでもいいのではないか?そう思いながらの撮影である。

18.8.313.jpg

18.8.314.jpg

 ともに絞りはF6.3。もちろん望遠側である。
 F6.3でも結構ボケるし、ピンが来ている部分の解像度もまずまず。何より立体感が良い。これは大口径レンズならでは。安いレンズでは出せない描写だろう。古くなったとはいえ、もともとは高級機。お金もしっかりかかっているレンズ。その片鱗は十分に見える。
 実は、エゴイスタスの撮影で、その実力を実証できたのである。さらに絞って(F9〜10)の撮影だったのだが、カリカリになりすぎない範囲で解像感が高く、立体感も優れた写真が撮れたのだ。
 純正の抜けの良い写りは大いに魅力的だが、トキナーもまだまだ実力を発揮できる場はありそうである。これから、色々なケースで検証して行きたい。
posted by 坂本竜男 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ

たまの雨は…

18.8.312.jpg

 夏の終わりは土砂降り。今年の夏は水害以降は雨が少なかったが、降るときはいつもこんな感じ。まるで亜熱帯だ。しっとりした雨がなつかしい。
posted by 坂本竜男 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

バランスボール

18.8.311.jpg

 ここ一週間、仕事用の椅子をバランスボールに替えている。運動不足でろくに自転車にも乗れてないこともあるが、一番の目的は、椅子に座る時にどうしても足を組んでしまう癖があるので、それをなおすことである。
 今の所、仕事中でも体幹を使っている感じはすごくあるので、悪くはなさそうである。腹筋の奥のインナーマッスルには程よい疲労感がある。ただ、気をつけないと体が縮こまって固まってしまう。常に上に引っ張られるようなイメージで、上体を上に引き上げることが大事だ。
 とりあえず、バランスボールは運動不足の解消に一役買っているようである。長時間使うのは厳しいが、平気になれば椅子は必要なくなるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月30日

カメラバッグを検討する

 大三元レンズが揃ったのはいいが、所有しているカメラバッグでは対応が難しくなってきた。
 6D本体とレンズ3本はギリギリ入るのだが、ムリに入れているので取扱いがとても不便。機材にも良くないし、作業効率も悪い。そして、アクセサリー類が少ししか入らない。ストロボなどは別のバッグなどに入れる必要がある。これでは2台体制は愚か、それ以上のレンズを運ぶことも難しい。将来を見据えてのカメラバッグの新調は必須である。
 では、新しいカメラバッグには何が必要か?もちろん、第一は収納力である。将来、2台体制になることも踏まえて考えたい。そうなると、フルサイズ2台、大三元レンズ3本、それにバッテリーおよび充電器、ストロボ、レリーズといった小物・アクセサリー類。ノートPCも必須だ。これに、300mmクラスの望遠ズーム、マクロレンズも…。考えるだけで、大げさなバッグになりそうだ。
 もちろん、収納できればいいわけではなく、機材に対するアクセスの良さ、仕切りの自由度、機材以外の備品の収納、耐久性、デザイン。こういった要素も大事になってくる。どうしても重くなるので、リュックタイプで背負った時に重さを感じにくいタイプが望ましい。
 これらを踏まえて良さそうだと感じたのがこれ。

endurancehg-a1.jpg

 Endurance HG。プロのカメラマンが開発に関わったものらしい。サイトを見ると、収納力はなかなか。使い勝手も良さそうである。デザインも良い。これで決まりか?と思っていたら、よくサイトを見たら大三元レンズ+フルサイズ2台は「?」。実物を確認した方が良さそうである。とりあえず、Endurance HGは保留。近くで実物を確認できればいいのだけど……。
posted by 坂本竜男 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

着物に関わる機会

18.8.302.jpg

 自分が着るわけでもないのに、ここ数年、仕事で着物に関わる機会が大幅に増えたなぁ〜。とても嬉しいことだが、自分が着物に対してあまりに無知なことに気づく。こりゃ、もっと勉強せねば…。
posted by 坂本竜男 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

おりなす八女室内楽プレミアムコンサート2018

18.8.301.jpg

 今日はおりなす八女でコンサート。おりなす八女室内楽プレミアムコンサート2018である。
 毎年恒例になったこのコンサート。出演者は、世界で活躍されている指揮者でヴィオラ奏者の大山平一郎先生が、日本中から集められた実力者ばかりだ。
 シューベルトから始まる前半は、美しいアンサンブルにうっとり。美しく滑らかな響きが気持ちいい。そして、ボロディンから始まる後半は、打って変わってダイナミックでスリリングな演奏。この振り幅の大きさも魅力的だ。
 大いに楽しんだコンサートだったが、明後日は集大成とも言える合奏団のコンサートが控えている。これもとても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年08月29日

サッポロ 焙煎生ビール

18.8.294.jpg

 スーパーで見慣れないビールを見かけたので、早速購入。サッポロ 焙煎生ビール。秋限定のビールである。
 秋らしく、芳醇でコクがある。和食によく合う感じだ。気をてらった感じはないが、結構好きかも。しばらく、晩酌はこれでいくかな。
posted by 坂本竜男 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

トキナー AT-X 16-28 F2.8 PRO FXで模索中

18.8.291.jpg

18.8.292.jpg

18.8.293.jpg

 昨日に引き続き、トキナー AT-X 16-28 F2.8 PRO FXで模索中。
 超広角でないと撮れないけど、一見超広角っぽくなく、それでいてハッとさせられる…。そんな写真が撮れないものか。
posted by 坂本竜男 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

EF28-70mm F2.8L USMが気になる

 EF70-200mm F2.8L USMが予想以上に良い。設計が古いとはいえ、その写りはいまだに魅力がある。もちろん、F2.8という明るさも大きい。
 そうなってくると、これで良いと思っていた僕の常用標準ズーム、EF24-105mm F4L IS USMでは少々物足りなくなってきた。このレンズもLレンズだけあって水準を超えた写りをするし、105mmまでカバーしているメリットは大きい。だが、やはりF2.8の明るさが必要なケースはままある。もう一本の標準ズーム、トキナーAT-X 280 AF PROはせっかくのF2.8通しだが、絞り開放ではソフトになるために使えるシーンが限られる。できれば純正のF2.8通しの標準ズームが欲しい。そう考えるようになってきた。
 とはいえ、純正F2.8標準ズームは高価だ。現行モデルは中古も含めて高値安定。一つ前のモデルもまだまだ高い。そんな中、気になるモデルが一つ出てきた。EF28-70mm F2.8L USMである。

ef322_b.jpg

 EF28-70mm F2.8L USMは、初代大三元レンズのひとつ。つまり、F2.8通しで初めての標準ズームだ。当然、フィルム時代の製品で、メーカーの修理保証はない。だが、その分中古市場では安価だし(それでも他の標準ズームよりは高価だが)、現行モデルに負けない描写をするという人もいる。その理由は、有鉛ガラス使われているかららしく、階調が豊かで繊細かつ立体的な描写をするらしい。光学性能は最新モデルに劣るから、歪みもあるし逆光にも弱い。だが、描写能力は今のレンズにない良さがあるというのである。
 俄然、このレンズのことが気になってきたのだが、このレンズの特徴として中玉がくもりやすく、中古そのものは比較的多く出回っているが、程度の良いものは少ないらしい。それに、最低最短距離が50cmというのもちょっとひっかかる。
 とはいえ、Lレンズの標準ズームが4〜5万円で買えるのは安い。現行モデルとの差が10万円以上というのは、あまりに大きい。まぁ、慌てて導入すべきものでもないので、程度がいいものをのんびり探すのもいいかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年08月28日

超広角レンズで「寄る」

18.8.281.jpg

18.8.282.jpg

18.8.283.jpg

18.8.284.jpg

 最近、稼働率が上がっているトキナーAT-X 16-28 F2.8 PRO FXで遊ぶ。F2.8の明るさと、最短撮影距離28cmという特性を生かして、被写体に「寄った」撮影を試す。上手く使えば、自然でインパクトある撮影ができそう。
 このレンズのポテンシャルはかなり高い。キヤノンは広角はあまり得意ではないから、このレンズの存在は大きい。もっともっとこのレンズの可能性を探っていきたい。
posted by 坂本竜男 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キヤノン  フルサイズミラーレスの噂

 ニコンのフルサイズミラーレスのことを書いたばかりだが、やはりキヤノンはそのまま黙っているわけではなく、しっかり開発が進んでいるようである。様々な噂が飛び交っているが、どうも今年9月にドイツ・ケルンで開催される Photokina(フォトキナ)で発表される可能性が高いと言われている。
 気になるのはマウントだが、現在のEF-Mマウントを採用する可能性は低いらしい。従来のEFマウント前提で開発が進んでいるらしいが、それが本当ならキヤノンユーザーにとっては素晴らしき朗報なのは間違いない。また、現在キヤノンが開発しているミラーレスには、完全なプロ仕様が含まれているらしい。とても楽しみな話だが、まずはフォトキナを待つしかないだろう。
 これは僕にとっても他人事ではない。もし、EFマウント採用のフルサイズミラーレスが発売されたら、導入する可能性は大いにある。これは本当に楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

ニコン フルサイズミラーレス「Z7」「Z6」発表

K0001083374.jpg

 ニコンが同社初のフルサイズミラーレス「Z7」「Z6」を発表した。「Z7」は有効画素数4575万画素、「Z6」は有効画素数2450万画素。フルサイズミラーレスはソニーの独壇場だったが、ついにニコンが参入したわけだ。
 ニコンはフルサイズミラーレスでは後発。それだけに、力がかなり入ったものになっている。新開発の「Zマウント」を採用(55mmのマウント径!!)。新しいレンズの投入も年内に3本、F値0.95を実現した“Noct”を含む6本のS-Lineレンズの来年投入が決まっている。もちろん、Fマウントに対応したマウントアダプターも用意されており、従来のユーザーのミラーレスへの移行もスムーズだ。
 ニコンが本格的にフルサイズミラーレスに参入してきたわけだが、そうなると気になるのはキヤノンの動向である。フルサイズミラーレスの噂は前から耳に入ってはきているが、どれも確実性には乏しい。まだまだ先の話のように思えた。だが、ニコンの本格的参入で、キヤノンも動かざるを得ない状況に追い込まれたと言えるだろう。個人的にもキヤノンユーザーとして、とても気になるところである。
posted by 坂本竜男 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年08月27日

もうすぐ創刊7周年

 ただいま、エゴイスタスvol.29の製作中である。早いもので、エゴイスタスもvol.29で創刊7周年を迎える。もっと長く続いているフリーペーパーはたくさんあるが、それでも7年という年月にはそれなりに重みを感じる。
 バックナンバーを読み返してみると、認識している以上に色々な出会いや変化が起こっていることに驚かされる。そして、その新たな出会いや変化は、落ち着くどころか逆に加速して増えているように感じるのである。7周年を控え、おそらく大きな節目が近づいているのだろう。今まで以上に、一つ一つの様々なことを大事にしていきたい。
posted by 坂本竜男 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2018年08月26日

鳥栖の夕方

18.8.261.jpg

 ただいま、サガン鳥栖のホームゲーム真っ最中。

18.8.262.jpg

 鉤爪のような雲に目が止まる。まるで昔のフィアットのマーク。
posted by 坂本竜男 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

我が家の大三元レンズ

 キヤノン EF70-200mm F2.8L USMがやってきたことにより、F2.8通しの広角・標準・望遠ズームのセット、いわゆる大三元レンズがそろった。我が家の大三元レンズは、
広角:トキナー AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
標準:トキナー AT-X 280 AF PRO
望遠:キヤノン EF70-200mm F2.8L USM

である。キヤノンユーザーとしては極めて珍しく、3本のうち2本をトキナーが占める結果になっている。
 で、望遠は言うまでもなく、広角のトキナーも大満足で使っている。昨日の撮影でも望遠・広角の2本は大活躍だった。
 一方、標準ズームのトキナー AT-X 280 AF PROだが、描写が特殊なレンズなので、仕事で使用することはそんなに多くない。絞れば解像度も高く描写も申し分ないのだが、開放ではソフトフォーカスのような描写になる。昨日の撮影のように夕暮れでの撮影ではF2.8の明るさが欲しくなるが、今回の用途ではトキナーは向いていない。それで、昨日はトキナーのかわりにキヤノンEF24-105mm F4L IS USMを持参したが、出番はなかった。
 トキナー AT-X 280 AF PROは好きなレンズだし、良いレンズではあるのだが、いわゆるクセ玉。使うシーンを間違うととんでもなくなる。やはり、オーソドックスなF2.8標準ズームが必要だろう。
 だが、F2.8標準ズームは高価だ。キヤノン標準はもちろん、タムロン、シグマも意外に高い。EF24-105mm F4L IS USMはF4通しで焦点距離も105mmまでカバーするから、1本しかレンズを持参できない場合はこれ以外の選択肢はない。しかし、はじめから複数本持参で撮影に臨むのであれば、もっと明るく、描写のいいレンズが欲しい。EF70-200mm F2.8L USMの素晴らしさを知った今、気持ちは純正に傾きつつあるのだが…。
posted by 坂本竜男 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年08月25日

THE TAXMAN

18.8.2511.jpg

18.8.2512.jpg

18.8.2513.jpg

18.8.2514.jpg

18.8.2515.jpg

 サマーエクスプレスおぎ おぎアマチュア音楽祭はどのバンドもいい演奏をされていたが、その中でもビートルズのカバーバンド、THE TAXMANのみなさんがとても印象的だった。ビートルズ愛がガンガン伝わってくるステージだ。仕事を忘れてステージに見入り、そのあと我に返ってシャッターを切り続けた。気持ちのいいライブだった。
 THE TAXMANのみなさんは、鹿島を拠点に佐賀県を中止に活動されている。機会があれば、ぜひまたライブに足を運びたい。
posted by 坂本竜男 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

サマーエクスプレスおぎ おぎアマチュア音楽祭

 今日のメインイベントは、サマーエクスプレスおぎ おぎアマチュア音楽祭。桜の名所としても有名な小城市の小城公園で開催されている、夏恒例の音楽イベントだ。

18.8.258.jpg

18.8.259.jpg

18.8.2510.jpg

 おぎアマチュア音楽祭は、多彩なアマチュアバンドのライブを楽しみながら、生ビールや食事も楽しめる大規模なイベントだ。出演されるアマチュアバンドの人たちも上手い人が多く、見応えのあるステージが続く。そして、出店の食事もとても美味しい。大勢の人たちがこの夏のお祭りを満喫されていた。
 今回は撮影の仕事だったのでビールは飲めなかったが、次は早く仕事を済ませてプライベートで参加したいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

カーショップトリミにて

 久しぶりに土曜日にカーショップトリミさんへ寄る。夕方の撮影の仕事の練習(?)も兼ねてシャッターを切る。
 もともと絵になるお店なのだけれども、今日はちょっと違った感じで…。

18.8.255.jpg

18.8.256.jpg

18.8.257.jpg
posted by 坂本竜男 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

あだち珈琲 久留米店にて

18.8.254.jpg

 いつものようにあだち珈琲 久留米店でコーヒーを買っていると、カウンターにさりげなく飾ってある花に目がいった。とてもさりげなくて、いい感じでサラッとしていて「ちょっといいな〜」と思った。
 この「ちょっといいな〜」は、僕のテーマでもある。軽やかで力みがなくて、見ている人の気持ちも軽やかになる。この花を見ていて「僕もヘンな力みは少なくしないとなぁ〜」と改めて思ったりするのである。
posted by 坂本竜男 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

久留米篠山町の大乗院稲荷神社

18.8.251.jpg

18.8.252.jpg

18.8.253.jpg

 あだち珈琲さんにコーヒーを買いに行ったら、開店前に着いてしまったので、すぐ斜め前にある大乗院稲荷神社に参拝。とても小さな神社である。
 そのあと写真を撮っていたら、地元の方に話しかけられた。そして、この神社のことを色々と教えていただいた。
 もともとは久留米藩の有馬豊氏が丹波の福知山から来た時に、この神社も一緒に遷ってきたということ。一時期、日吉町の日吉神社に遷ったが、そのあと久留米城の二ノ丸の南側に遷ったその後、ブリヂストンン久留米工場内に建立されていた神社が、17年前にに今の場所に遷されたということなど。ようは小さくても由緒ある歴史ある神社なのだ。
 街中にある小さな神社は、その大きさとは反対に、重要な神社であることも少なくない。この大乗院稲荷神社も、そんな神社の一つに違いない。
 そして、地元の方が地元の神社のことを詳しく教えてくださることの素晴らしさと大事さを、改めて感じたひとときでもあった。
posted by 坂本竜男 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ