2018年08月04日

キヤノン EF70-300mm F4-5.6 IS II USMが気になる

100000001003249635_10204_003.jpg

 仕事で使うレンズもその内容でかなり変わるが、意外に300mmくらいまでの望遠ズームが必要な時がある。例えば、収容人数1,000人以内のホールでの撮影である。そのためにシグマ100-300mm F4を導入したのだが、画質自体はいいものの、他では問題があった。
 まず、サードパーティ全般に言えることだが、AFの遅さ。致命的と言えるほど遅くはないのだが、肝心なところでややもたつくことがある。ライブの撮影ではこれは結構痛い。あと、100mmからというのは少し不便。せめて70mmは欲しいところだ。そして重さ。1,440gは少々重い。
 そこで、定評のあるLレンズ EF70-300mm F4-5.6L IS USMの導入を検討していた。そうしたら、2年前に発売された、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMの評価が極めて高く、気になりだしたのだ。
 では、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMのどこがいいのか?
 まず、価格。フードが別売りとはいえ、実売5万円前後というのは安い。Lレンズの半分以下だ。
 そして画質。ネット上にあがっている作例を見る限り、近いクラスのサードパーティ製は完全に圧倒しているように見える。しかも、Lレンズが望遠側の方が描写が甘くなる傾向があるのに対し、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMは逆。広角側が甘めで望遠側の方が良い。これは大きい。
 重量がLレンズに比べて約7割というのも魅力的だ。標準レンズよりは重くてやや大ぶりだが、それでもこのくらいなら大きな問題はない。シグマ100-300mm F4と比べると半分以下なのだから。
 安くて軽くて写りがいい。いいところばかりのようだが、防塵防滴ではないこと、Lレンズに比べると耐久性や堅牢性が劣ること、フードが別売りなことはマイナスだ。
 だが、僕の使い方でLレンズまで必要かという問題もある。僕が使用するときの環境なら、防塵防滴は絶対に必要とはいえないからだ。では、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMで決まりかというと、そんな簡単な問題ではない。Lレンズ(しかも白レンズ)を所有するという満足感の方が、その他のメリットを上回るかもしれないからだ。
 このメリットは、ある程度キャリアのあるキヤノンユーザーには極めて有効だ。Lレンズは買って損するものではないが、必要以上のものを買ってしまう結果にもなりかねない。実際に使って比べてみるのがいいのだろうが、そうすると、よりLレンズの誘惑が強くなるのは必至。「仕事」の二文字で、冷静さをどこまで保てるか…?
posted by 坂本竜男 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

白木でバーベキュー

 今日は2ヶ月に一度、恒例になった白木でのフラメンコライブ。ただ、今回は初めての試みで昼開催。しかもバーベキューつきである。

18.8.4-1.jpg

18.8.4-2.jpg

 このバーベキューが白木らしいもので、とてもよかった。まず、ゴーヤ、ナス、オクラ、ピーマンなど夏野菜がたっぷり。その辺のスーパーなどで売っている野菜よりも味が濃くて、何もつけなくても美味しい。
 さすがと感心していたら、地元の方お手製のタレが。これがまた、素晴らしく美味しいのだ。旨味がしっかりあるのに、素材の味を殺さない。素材を見事に生かす美味しいタレだ。これにはびっくりしてしまった。白木、おそるべしである。
 白木の食の豊かさを改めて実感したバーベキューだった。これはお金を出せば手に入るものとは、また違う豊かさがあるように思う。これからの時代に必要な豊かさは、やはり田舎にあるのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ