2018年09月30日

台風が接近しているなかでの撮影

18.9.301.jpg

18.9.303.jpg

18.9.302.jpg

 今日は台風が接近する中、博多で撮影。台風はやや南に逸れたとはいえ、雨は降るし風も強い。厳しい条件の中での撮影だった。
 本来なら中止してもいいくらいのコンディションである。屋外は風の影響の少ないところを探すのが大変。当初想定していた場所のほとんどが風が強くて撮影ができないのだ。
 それでも、モデルを務めてくださったお二人のおかげで、なんとか無事に撮影は終了。今回は厳しい撮影だった。だがそんな中、いい意味での想定外の写真が撮れたのは収穫。悪天候時でも意外に撮影スポットはあるものだ。あきらめないのは大事だね。
posted by 坂本竜男 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

恒例のバーベキュー

18.9.2910.jpg

18.9.2911.jpg

 昨日は上陽の友人宅でバーベキューだった。高校の大同窓会の世話役がきっかけで始まった、同級生が集まるバーベキューである。
 大同窓会の世話役が終わっても同級生同士のつながりは続いていて、いろいろなメンツであちこちで集まっている。このバーベキューもそんな集まりの一つ。今では完全に定例化して、みんなの楽しみの一つになっている。以前はそういった集まりはどちらかというと無関心だったが、今は逆。こんな集まりはいいものです。
posted by 坂本竜男 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

八女の郷土料理 いもまんじゅう

18.9.298.jpg

 八女の郷土料理 いもまんじゅうをいただく。中身はジャガイモが丸ごと入っている。ジャガイモの優しい甘みと、塩味がついた団子のバランスが絶妙。焼いて食べると、また一段と美味しい。やっぱり、いい味です。
posted by 坂本竜男 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

上陽の石橋「寄口橋 (よりぐちばし)」

18.9.299.jpg

18.9.2912.jpg

 上陽といえば、石橋が有名だ。この寄口橋 (よりぐちばし)は、上陽町の繁華街の近くに架かる橋で、上陽の観光の中心にあると言って良いかもしれない。春は桜、夏は蛍、秋は紅葉が綺麗なところだ。
 そして、やはり橋そのものがカッコいい。その佇まいも趣があっていいし、アーチ部分の曲線も綺麗だ。普段は通り過ぎるばかりだが、たまには近くでじっくり眺めるのもいいものだ。
posted by 坂本竜男 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2018年09月29日

上陽にて。その2

 上陽にて。友人宅の近所をちょっと散策。

18.9.293.jpg

18.9.294.jpg

 善神王宮。こんなところに神社が…。

18.9.295.jpg

18.9.296.jpg

18.9.297.jpg

 苔むした山道が心地いい。秋が深くなると、さらに良いのだろうなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

上陽にて1

18.9.291.jpg

18.9.292.jpg

 緑の中の落ち葉に惹かれる。
posted by 坂本竜男 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年09月28日

漆塗りを見学する

18.9.280.jpg

18.9.282.jpg

18.9.281.jpg

 JOGOスピーカーでお馴染みの城後仏壇店で、漆塗りを見学させていただく。
 今回は、JOGOスピーカーにも採用されている石目塗りの作業を見学および撮影。と言っても、漆塗りはとても作業工程が多い。何度も塗りを重ねるので、見学させていただいたのはほんの一部である。それでも漆という素材の面白さの側面を垣間見えたような気がした。
 本来は、漆を塗るという工程はとてもシビアなものである。埃も厳禁だし、撮影も難しい。今回は、石目塗りなのでそこまで埃も気にしなくて良いとのことだったので、実現したものである。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
posted by 坂本竜男 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年09月27日

近所のオシロイバナ

18.9.264.jpg

 ウチの近所に咲くオシロイバナ。夕日に照らされ、浮かび上がる姿が綺麗だ。この花ももう少ししたら見納めかな?
posted by 坂本竜男 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

奇怪遺産・佐藤健寿さんの機材

 TV出演や書籍などで活躍されている、奇怪遺産・佐藤健寿さんが使っている機材が気になって、ちょっとだけ調べてみた。実は佐藤さんの写真が好きで、クレイジージャーニーに出演されているときは、必ず見るようにしている。そのとき、どんな機材を使っているのか見ているのだが、そんなにたくさんの機材を持って撮影に臨まれているわけではないように見える。そこで調べてみようと思ったのだ。
 使われているカメラはライカとソニーのフルサイズミラーレス、それにキヤノンのフラッグシップEOS 1 DX Mark IIのようだ。ソニーのミラーレスはα7R IIらしい。
 そしてレンズ。基本的には24-70mm F2.8に35mm F1.4と50mm F1.4という明るい単焦点レンズの組み合わせらしい。ときどき12-24mm F4も使うようだ。おそらく単焦点はカールツァイス。ズームレンズはソニーと思われる。
 やはり、プロのカメラマンとしてはかなり持ち出すレンズが少ないようだ。ケースバイケースでレンズは変わると思うのだが、明るい標準ズームに明るい標準単焦点というのが基本のようだ。
 しかも、これらのレンズは絞り開放に近いところで使うことがほとんどらしい。シャッタースピードも稼げるし、絞り開放のやわらかいフワッとした感じが肉眼に写るイメージに近いという。僕も明るいレンズはあまり絞らない方が好きなので、その辺りの感覚はよくわかる。
 この佐藤さんのスタイルというのは、とても参考になる。TVを見てもよくわかるが、佐藤さんはとにかくフットワークが軽い。そのためにも必要最小限の機材で、ということなのだろう。そのかわり、使う機材はどれも優秀なものばかりだ。中途半端なレンズを何本も買うよりは、必要ないいレンズを買って、レンズで足りない分は動いて補う、ということか。もちろん、動いて補うにも限界はあるが、このスタイルは見習うべきだろう。僕も見習って、増えてきたレンズを整理するところから始めてみるかな。
posted by 坂本竜男 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

矢部川の水面

18.9.273.jpg
posted by 坂本竜男 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

矢部川の彼岸花

18.9.272.jpg

18.9.271.jpg

 こんなところに、こんなに咲いてるなんて知らなかった。川沿いの彼岸花もいいものだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2018年09月26日

パナソニック フルサイズミラーレス LUMIX S1 S1R発表!

20180925213737.png

 Photokina 2018(ドイツ・ケルン)にて、パナソニックがフルサイズミラーレス LUMIX S1 S1Rを発表した。
 これはキヤノンのフルサイズミラーレス以上に衝撃的かもしれない。発表されたのは、S1R 4700万画素・S1 2400万画素の2モデル。発売時期は2019年春、価格は未発表だ。
 マウントはライカでおなじみLマウント。パナソニック、ライカ、シグマとの3社がアライアンスを結び、Lマウントを育てていく。ほかにも、XQDとSDのデュアルスロット、3軸チルト液晶、防塵防滴100%シーリングなど、かなりの力の入れよう。完全にプロユースを狙っていると思われる。
 レンズは50mm F1.4 / 24-105mm / 70-200mmの3本を準備。50mm以外は明るさは公表されてないが、F4と思われる。そして、1年の間に10本のレンズをランナップしていくとのこと。パナソニックの動向も目が離せない状況になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

松延工芸のミニまな板とぐい呑

18.9.261.jpg

 先日の八女でのお祭り「あかりとちゃっぽんぽん」での戦利品。九州で唯一、桶の製造販売をされている松延工芸さんのミニまな板とぐい呑。これ、抜群に良いです。
 ミニまな板はフルーツなどを切るのにも最適だし、羊羹などを切って、そのまま皿代わりに出してもいい。ぐい呑は、より日本酒が美味しく味わえる逸品。熱燗だとさらに香りが広がって美味しさが増します。
posted by 坂本竜男 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

シグマ、Photokina 2018(ドイツ・ケルン)にて、5つの新製品を発表

 今日、シグマがPhotokina 2018(ドイツ・ケルン)にて、5つの新製品を発表した。その新製品は以下の通り。

28mm-683x350.jpg
SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art

40mm-683x350.jpg
SIGMA 40mm F1.4 DG HSM | Art

56mm-683x350.jpg
SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary

60-600mm-683x350.jpg
SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports

70-200mm-683x350.jpg
SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

 さすがシグマ。純正にはないところをうまく突いて来る。56mm F1.4 DC DNはAPS-C専用だから、残りの4モデルが気になるところだが、個人的には60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSMだろうか。600mmクラスの10倍ズームだから、大きく重い。フィルターサイズも105mmと巨大。三脚は必須だが、使ってみたいモデルだ。
 シグマは今年の頭に発表した70mmマクロなど、純正にない魅力あるレンズをいくつもリリースしている。そして、その画質も定評があり、解像度の高さならシグマというイメージも定着してきている。今後のシグマの動向も楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年09月25日

あぜ道の彼岸花

18.9.252.jpg

 田んぼ道を走っている時、所々で目についたのが彼岸花。秋のあぜ道に彼岸花はつきもの。この花を見ると、本格的に秋が来たことを実感する。
 彼岸花には美しさの陰に、どことなく哀愁のようなものを感じるのは僕だけだろうか。この彼岸花自体は、とても元気に咲いているのだけれど…。
posted by 坂本竜男 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

鳥栖の田んぼ道の中で

18.9.251.jpg

18.9.253.jpg

 今日は比較的のんびりしているので、ちょっと近所を自転車で走る。お気に入りの田んぼ道である。
 実り始めた稲穂と青空のコントラストが美しい。涼しくなった今、この中を自転車で走るのは気持ちいい………はずだったが、思いのほか風が強くて大苦戦。普段乗れてないから、向かい風はちょっとハードだ。
 それでも1時間弱走り、気持ちのいい汗をかいて家路に着いた。以前だったら、ウォーミングアップ程度の走行距離だが、まとまった時間を取るのが難しい今、このくらいでも走っておくと結構違う。今は少しずつでいいから走る習慣を取り戻していこう。
posted by 坂本竜男 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2018年09月24日

三連休は…

 世間は三連休。僕は3日間とも「仕事という名目の遊び」と言える日々だった。しっかり仕事が進んで、それでいて遊んでるような楽しさ。というか、遊んでるな…確実に。でも、この「遊び」が大切だと思うわけです。
posted by 坂本竜男 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月23日

八女の祭り あかりとちゃっぽんぽん、今年の盛り上がり

18.9.2314.jpg

18.9.2315.jpg

18.9.2316.jpg

 今日の八女は「八女の祭り あかりとちゃっぽんぽん」「八女福島の燈籠人形」と、一年で一番人が集まる行事中とはいえ、それ以上の盛り上がりを感じた。人出も例年以上に多いし、人の流れも偏りすぎない印象。地元以外の方達や海外の人たちもチラホラ。町中を歩いているだけで楽しくなる。駐車場がどこもすぐにいっぱいになったりと課題はあるが、それでもいい盛り上がりだったし、いい流れが八女に来ているように感じた。
 こんな盛り上がりがあちこちで当たり前になれば、もっともっと地方は元気になるのだろう。このいい空気感をしっかり感じて来たことは、おそらくいろいろな形で生きてくるに違いない。
posted by 坂本竜男 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

松延工芸の桶製作の実演

 灯篭人形の後は、ちょっと休憩。

18.9.2319.jpg

 このきゅうりが抜群!美味しい八女茶と一緒にいただく。
 でも、実はこの場所は松延工芸さんの出店場所。桶製作の実演が見れるのだ。

18.9.2317.jpg

18.9.2318.jpg

 九州で唯一、桶の製造販売をされている。桶やおひつ、風呂桶、まな板など、どれも素晴らしい。継ぎ目が全くわからない精密で美しい桶。これは実用品でありながら、芸術的でもある。
 と言いつつ、思い切り撮影を忘れる…。近いうちに工場にお邪魔しなきゃ。
posted by 坂本竜男 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ