2018年09月02日

EF28-70mm F2.8L USMについて

 キヤノンの2世代前の標準Lレンズ、EF28-70mm F2.8L USMが気になっているということを、以前ブログに書いた。
 このレンズは、ヤフオクでは安いものでは3万円台から出品されているが、いずれも中玉にうすいくもりがある。やはり、くもりはこのレンズ特有の持病のようだ。くもりのない程度のいいものは、倍くらいの価格で出品されている。だが、そこまでお金を出す価値があるかは、メンテナンスのことなどを考えると微妙である。
 さらに、調べていると、マウント部分が弱いということが判明。これは致命的である。よって、EF28-70mm F2.8L USMは検討対象から外すことにした。
 そうなると、純正なら現行モデルであるEF24-70mm F2.8L USM IIか、その前のモデルかということになる。前モデルは中古で6〜8万円程度。現行モデルは中古で12〜15万円、新品で17〜19万円。前モデルを中古で探すのが現実的ではある。ただ、それだったらサードパーティ製を新品で買ったほうがいいのでは、という気もしなくはない。だが、キヤノンの絵作りが好きな僕としては、使用頻度が高い標準ズームは純正にしたい。さて、どうしたものか…。
posted by 坂本竜男 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

マンフロット PL 3N1-36 スリングバックパック

 エンデュランスのカメラバッグはとても使い勝手が良さそうだが、収納力でちょっと疑問を感じる所があり、保留。結局、メジャーどころも調べることにした。三脚をはじめとするカメラ用機材で有名なマンフロットである。
 カメラバッグの種類も豊富なマンフロットだが、その中で目についたのがこれ。
uuid-1800px-inriverimage_401795.jpg

 PL 3N1-36 スリングバックパックである。同じシリーズの中型(26L)のものもあるが、これは36リットルの大型タイプだ。
uuid-1800px-inriverimage_401801-1.jpg

uuid-1800px-inriverimage_401800.jpg

 カメラ2台、大三元レンズ、マクロレンズ、ストロボ、ノートPC、その他小物類くらいは余裕で収納できそうだ。サイトを見るかぎり、使い勝手も悪くなさそう。そして、エンデュランスよりも安いのも良い。これは有力候補か?
posted by 坂本竜男 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
Powered by さくらのブログ