2018年09月05日

キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」登場!

180905_canon_eos_r.jpg

 やはり、来たか。キヤノン初のフルサイズミラーレス「EOS R」が今日、ついに発表された。ついこの間、ニコンのフルサイズミラーレス「Z7 / Z6」が発表されたばかり。これでソニーの独壇場だったフルサイズミラーレスは、ソニー、ニコン、キヤノンの三つ巴になる。
 EOS Rの画素数は、EOS 5D Mark IVと同じ3040万画素。ソニーとニコンのハイスペックモデルとスタンダードモデルの中間である。マウントは新しく採用された「RFマウント」。当然、EFマウントのレンズはそのままではつかないが、マウントアダプターを使用することで使えるようになる。
 最大ISO感度は40000(拡張ISOは102400)、シャッタースピードは最大1/8000秒、従来のEOSで使われていた「LP-E6N」バッテリーがそのまま使えて、370枚撮影できる(モニター使用)。暗所には強そう。バッテリーの互換性があるのは助かる。
 EOS Rの最大の武器はAF機能のようだ。AF方式は、これまでハイエンドな製品に使われてきた像面位相差の「デュアルピクセルCMOS AF」。最速約0.05秒の高速AFを実現している。さらに、AFフレームが最大5,655ポジション(十字キーによる選択)。EV-6という低輝度でのAF。どういうことかわかりにくいが、肉眼では見えてなくてもEVFで見えるらしい。暗いところでもAFの効きが抜群らしいのだ。
 ボディサイズは3メーカーの中では最大。実は、ソニーのアルファ7シリーズは小さくて持ちにくいと思っていたので、これはメリットにも成り得る。厚みが増したことにより、グリップ感が向上すれば使い勝手がグッと良くなる。これは実機待ちだ。
 バリアングル液晶モニターを採用しているのも、個人的には嬉しい。不要だという人も少なくないが、僕の撮影スタイルではあったほうが断然便利だ。
 新マウントが採用されたことにより、RFマウントのレンズも新たに4種登場する。
 ・RF 24-105mm F4L IS USM(15万5000円、10月下旬発売)
 ・RF 50mm F1.2L USM(32万5000円、10月下旬発売)
 ・RF 28-70mm F2L USM(42万円、12月下旬発売)
 ・RF 35mm F1.8 Macro IS STM(7万5000円、12月下旬発売)
 やはり気になるのはRF 28-70mm F2L USMか。標準ズームでF2通しというのは初めてではないだろうか。42万円と高価だが、ぜひ使って見たいレンズだ。
 このレンズラインナップを見ていると、キヤノンがいかに力を入れているかよくわかる。
 EOS Rの気になる価格は、キヤノンオンラインショップで23万7500円(税別)。5D mark IVより安い!これは次に導入するカメラの最有力候補になりそうだ。だが、6D mark IIもEOS Rが発表されたからか、価格がグッと下がり始めている。しばらくは様子を見たほうがよさそうだ。
posted by 坂本竜男 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

入稿後はサッポロ ラガービールで晩酌

18.9.5.jpg

 無事にエゴイスタスの入稿も終わり、ささやかな晩酌。こんなときは、サッポロ ラガービール。毎年、限定醸造されるビールだ。
 黒ラベルよりもコクと重みがあり、秋にぴったりの味わい。秋の豊かな食にも合う味わい。限定ながらも、サッポロの安定の定番と言える。美味い!
posted by 坂本竜男 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

エゴイスタス vol.29 入稿完了!

 エゴイスタスvol.29の入稿が無事に完了した。
 今回は(も?)予期しないこと(トラブルではない)が色々起こったので作業がギリギリまでかかる覚悟だったが、意外に途中から急激にスムーズに進み始め、予定よりもだいぶ早い時間に入稿することができた。今回も充実の内容だと思う。
 以前だったら、入稿後は少しだけゆっくりできるのだが、今回はそういうわけにもいかない。近日提出せなばならないデザインが溜まっている。
 でも、ひと段落したら晩酌くらいはしようかな〜。
posted by 坂本竜男 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas
Powered by さくらのブログ