2018年09月20日

写真とデザインの境界線

 どんどん写真とデザインが、仕事の中でより噛み合って来ている。写真を撮る時もデザインを前提に撮る。もともとそういったスタンスで手がけてはいたが、それが次の段階へ進みつつある感じだ。
 というのも、いま、写真とデザインの境界線が僕の仕事の中では、どんどんなくなってきているように感じるのだ。具体的にどういうことなのか、言葉で説明するのは難しい。理屈はあるのだろうが、今はそのことを感覚的に感じているのである。正確には、この二つの要素に「編集」が加わるのだろうが…。
posted by 坂本竜男 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
Powered by さくらのブログ