2018年09月21日

50mm単焦点レンズの魅力

18.9.212.jpg

 僕が所有する50mm単焦点レンズは4本ある。キヤノンEF50mm F1.8 II、シグマ50mm F2.8マクロ、SMCタクマー50mm F1.4、リケノン50mm F1.7である。
 キヤノンはいわゆる撒き餌レンズ。多くの人がこのレンズをきっかけにレンズ沼にハマる。僕もその一人だ。そして、シグマ50mmは製造は終了しているが、今でも優秀なマクロ。解像度が高く、描写もいい。ブツ撮りでは欠かせない存在だ。あとの2本はいわゆるオールドレンズ。30年以上前のMFレンズだ。実は仕事以外では、リケノン50mmを最近はつけっぱなしにしている。
 このレンズの良さは以前、ブログでも紹介した。シビアにマニュアルで追い込む面白さ、積極的に自分が動いて決める画角。そして、時に見せるハッとするような写り。50mm単焦点をマニュアルで扱う楽しみは大きい。しかも、十分に仕事に使える。実は昨日も撮影でリケノンを使ったばかりだ。
 50mm単焦点レンズの魅力にすっかり取り憑かれているわけだが、まだまだ積極的に使いたい50mm単焦点がいろいろある。
 現行モデルでは、まずはシグマのArtシリーズの50mm F1.4がその筆頭だ。絞り開放から抜群の高解像度で評価が高いレンズだ。ネックは800gを超える重さだが、その性能に惚れ込んでいるならそこまで気にはならないだろう。
 キヤノン純正では50mm F1.2Lは一度は使ってみたいレンズだ。少々古いレンズとはいえ、いまだに評価は高い。解像度重視のいまのレンズには無い魅力にあふれている。
 同じく純正で50mm F1.4も気になる。カタログモデルではあるが、基本的にはフィルム時代から変わらないレンズだ。それゆえに古さは感じるが、それでもいまのレンズとオールドレンズのいいとこ取りのような部分もあるし、何より値段も手頃だ。
 これにオールドレンズを候補に加えると、選択肢は際限なく広がっていく。個人的には富岡光学製やドイツ製、ロシア製にも興味がある。特にドイツ製レンズには、ペンタコンのように最短撮影距離が33cmとかなり寄れるものもあり、撮り方が広がりそうだ。
 仕事で使うことを前提に選ぶなら、次の50mmはキヤノンEF50mm F1.4 USMかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

博多ラーメン はかたやのとんこつラーメン

18.9.211.jpg

 今日の遅めのランチは、珍しくラーメン。博多ラーメン はかたや太宰府店でとんこつラーメンを食べる。
 この何の変哲も無い、極めてオーソドックスとも言えるとんこつラーメンだが、たまに食べると美味い。最近はワンコインでは到底収まらない様々なラーメンが登場して久しいが、替え玉してもワンコインでお釣りがくる、フツーのとんこつラーメンは嬉しい。でも、安いから食べすぎるんだよなぁ〜。替え玉は余計だった…。
posted by 坂本竜男 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ