2018年09月26日

パナソニック フルサイズミラーレス LUMIX S1 S1R発表!

20180925213737.png

 Photokina 2018(ドイツ・ケルン)にて、パナソニックがフルサイズミラーレス LUMIX S1 S1Rを発表した。
 これはキヤノンのフルサイズミラーレス以上に衝撃的かもしれない。発表されたのは、S1R 4700万画素・S1 2400万画素の2モデル。発売時期は2019年春、価格は未発表だ。
 マウントはライカでおなじみLマウント。パナソニック、ライカ、シグマとの3社がアライアンスを結び、Lマウントを育てていく。ほかにも、XQDとSDのデュアルスロット、3軸チルト液晶、防塵防滴100%シーリングなど、かなりの力の入れよう。完全にプロユースを狙っていると思われる。
 レンズは50mm F1.4 / 24-105mm / 70-200mmの3本を準備。50mm以外は明るさは公表されてないが、F4と思われる。そして、1年の間に10本のレンズをランナップしていくとのこと。パナソニックの動向も目が離せない状況になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

松延工芸のミニまな板とぐい呑

18.9.261.jpg

 先日の八女でのお祭り「あかりとちゃっぽんぽん」での戦利品。九州で唯一、桶の製造販売をされている松延工芸さんのミニまな板とぐい呑。これ、抜群に良いです。
 ミニまな板はフルーツなどを切るのにも最適だし、羊羹などを切って、そのまま皿代わりに出してもいい。ぐい呑は、より日本酒が美味しく味わえる逸品。熱燗だとさらに香りが広がって美味しさが増します。
posted by 坂本竜男 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

シグマ、Photokina 2018(ドイツ・ケルン)にて、5つの新製品を発表

 今日、シグマがPhotokina 2018(ドイツ・ケルン)にて、5つの新製品を発表した。その新製品は以下の通り。

28mm-683x350.jpg
SIGMA 28mm F1.4 DG HSM | Art

40mm-683x350.jpg
SIGMA 40mm F1.4 DG HSM | Art

56mm-683x350.jpg
SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary

60-600mm-683x350.jpg
SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports

70-200mm-683x350.jpg
SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

 さすがシグマ。純正にはないところをうまく突いて来る。56mm F1.4 DC DNはAPS-C専用だから、残りの4モデルが気になるところだが、個人的には60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSMだろうか。600mmクラスの10倍ズームだから、大きく重い。フィルターサイズも105mmと巨大。三脚は必須だが、使ってみたいモデルだ。
 シグマは今年の頭に発表した70mmマクロなど、純正にない魅力あるレンズをいくつもリリースしている。そして、その画質も定評があり、解像度の高さならシグマというイメージも定着してきている。今後のシグマの動向も楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ