2018年10月18日

久しぶりにコーヒーミルのメンテナンスをする

18.10.172.jpg

 久しぶりにコーヒーミルのメンテナンスをした。メンテナンスといっても掃除をして拭き上げただけである。
 しかし、これだけで結構違う。毎日コーヒーを飲んでいるとはいえ、細かなコーヒーの粉がどうしてもあちこちに残る。これらが酸化して、雑味やイヤな酸味の原因になる。挽き味も落ちる。そこでハケや筆を使って丁寧に掃除をしていく。そのあと、全体を綺麗に拭き上げる。見た目もキレイになるし、味も良くなる。それに、メンテナンス中はコーヒーの香りが部屋じゅうに広がる。これもまたいいものだ。
 愛用しているミルは10数年前に譲り受けた、扶桑軽合金のMY BLEND W-301。今は製造していないが、その挽き味はなかなかのもの。今の数千円で売られている製品よりも挽きムラが少ない印象だ。使い込まれたものを譲り受けたので、塗装はハゲているしスレも多いが、未だ現役。いいミルである。
 これで明朝のコーヒーの味も美味しくなるはず。明日の楽しみが一つ増えたな。
posted by 坂本竜男 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

水たまりと電線

18.10.171.jpg

 鳥栖の夕方の一コマ。
posted by 坂本竜男 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

ワクワクをつなげる話

 今日朝一での打ち合わせは、ワクワクをつなげる話だった。ようはここ数年、すごい勢いで知り合っている、様々な能力やセンスを持った職人さんや作家さんたちをつなげる話である。つながることによって、完成度が上がったり、新たなものが生まれたりと、様々な効果が期待できる。
 そしてつなげるだけでなく、同時に発信をして広げていく。それをアナログ的なアプローチとWebなどのデジタル的なアプローチの両方で進めていく。これは、他で進んでいるプロジェクトとも噛み合いそうだし、さらなる広がりやつながりを生み出すことになっていくだろう。
 こんな楽しく面白いことを仕事にできているのだから、本当に幸せなことである。
posted by 坂本竜男 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

ワクワクする「和」

 仕事と遊びの区別がつかないくらい、ワクワクしながら仕事をできるのも、繋がる人あってこそ。所詮、一人でできることには限りがある。遊びの感覚を持った優秀なプロの方たちが周りにたくさんいらっしゃるから、面白く仕事ができるし、面白いものを作ることができる。
 このワクワクする「和」を広げていければ、世の中はもっと面白くなる。
posted by 坂本竜男 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと
Powered by さくらのブログ