2018年10月21日

林潤一郎 急須展 -JOKER-

18.10.212.jpg

18.10.213.jpg

18.10.214.jpg

18.10.216.jpg

 今日は大牟田のQRAFTS。「林潤一郎 急須展 -JOKER-」である。洗練された美しいフォルム、シュッとした佇まいの中に、ちょっとニヤッとするユーモア(遊び心)が顔をのぞかせる。だから、展示会のタイトルがJOKERなのだ。

18.10.215.jpg
 急須はもちろん、湯冷ましも魅力的。日本酒を入れても良さそう。

18.10.217.jpg

18.10.218.jpg
 とても丁寧で美しい仕事だ。それは外側だけではない。内側の茶こし部分も見事。急須によって、茶こし部分も変えて作られている。ここまで細かで丁寧に手仕事で作られた茶こし部分を、僕は知らない。

 今日は林さんの在廊日。いろいろなお話もできて、大いに刺激を受けて帰宅した。この繊細で洗練された急須は、あるようでなかった独自性溢れる急須だ。
 蹴ろくろで作られること。そして、削りではなく、ろくろのみで形を成形していることが、この独自性に繋がっているのは間違いない。しかし、一番大きなのは林さんのセンスだろう。このフォルムとディテールを良しとするセンスが素晴らしい。そして、それをカタチにできる高い技術も。これこそ「用の美」だ。
posted by 坂本竜男 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

サッポロ 至福の深み

18.10.2018.jpg

 盛りだくさんだった今日1日の締めは、家に帰って晩酌。サッポロのファミリーマート限定「至福の深み」。このシリーズには「至福の苦味」というのがあったが、それに負けない鮮烈な苦味。しかし、コクと深みがあって美味しい。このシリーズの集大成かな?ぜひグラスで楽しみたいビールです。
posted by 坂本竜男 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒
Powered by さくらのブログ