2018年11月16日

カルマン九州ツアー2018

18.11.161.jpg

18.11.162.jpg

18.11.163.jpg

18.11.164.jpg

18.11.165.jpg

 今日は待望のカルマンのライブ。会場は神埼市のサム&プルである。
 カルマンはホーミー&馬頭琴、ハンマーダルシマー、バウロンという国籍も文化も違うアコースティックな楽器のトリオである。
 今回のライブもPAなしの完全な生音のみ。それだけに楽器や声の美しさ、繊細さ、躍動感がダイレクトに伝わってくる。オリジナル曲だけでなく、モンゴル、古代ヨーロッパ、アイルランド、南アメリカなどの音楽も披露され、時代と場所をトリップしているような感覚に陥る。なんという素晴らしく楽しいひとときだろうか。今回もまた、素晴らしく幸せになれるライブだった。気がつくと、この素晴らしい時間はあっという間に過ぎていた。
posted by 坂本竜男 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

八女福島仏壇 取材五日目

18.11.160.jpg

 八女福島仏壇 取材五日目。今日も職人さんの技に触れる。
 そして、「仏壇とは何か」「仏壇はなぜ必要なのか」。仏教の話を含めてお話を聞かせていただく。子供の頃、家族・親戚が集まる場に、常に仏壇があったことを思い出す。
posted by 坂本竜男 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年11月15日

同郷、そして同窓の良さ

 いま、八女福島仏壇の取材で、八女の仏壇店を回っている最中である。エゴイスタスでお世話になっている城後さんや近松さん、白壁ギャラリーでお世話になった緒方さんは顔なじみだが、それ以外の仏壇店さんは初めてのところがほとんどだ。
 そんなとき、僕が八女生まれということをお伝えすると、同郷ということで一気に距離感が縮まるし、ましてや高校が同じとなればさらに共通の話題が広がり、一気に打ち解ける。こんなとき、同郷・同窓の良さ、ありがたさを実感する。
 同郷・同窓というのは、自分自身の根っこにある大事な部分と言える。それゆえに、良くしてくださるわけだが、その大事さを、もっと自覚しなければいけないと、今回の取材で改めて感じている。やはり同郷・同窓の素晴らしさって大きいねぇ。
posted by 坂本竜男 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

鳥栖のひまわりとコスモス

18.11.156.jpg

 鳥栖に戻ると、田舎道に横にひまわりとコスモスが咲く、ちょっと不思議な光景。この場所は、夏はいつもひまわりが咲いているけど、今までひまわりとコスモスの両方がこの時期咲いてったっけ?
posted by 坂本竜男 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

久留米 小頭町公園のイチョウ

18.11.153.jpg

18.11.155.jpg

18.11.154.jpg

 今年は紅葉の色づきが早い。桜の名所でも有名な久留米の小頭町公園はイチョウもとても綺麗で、僕のお気に入りの場所なのだが、すでに散り始めていた。
 とはいえ、まだまだ十分見応えがある。チャンポン屋台との対比も好きな光景だ。冬が近づいた久留米の一つの風景だが、これから寒くなるのに気持ちが少しあたたかくなるんだよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

八女福島仏壇 取材四日目〜工芸品と芸術品

18.11.151.jpg

18.11.152.jpg

 八女福島仏壇の取材四日目。今日見せていただいた蒔絵は、工芸品というよりも美術品。写真を撮りながら、先日の山口県立美術館で開催された超絶技巧の展示を思い出す。これも八女福島仏壇の側面の一つ。やはり、奥が深い。
posted by 坂本竜男 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年11月14日

タイトなスケジュールを楽しむ

 昼間は連日の取材・撮影。そして夜にデザイン。年末に向けて、いい具合に仕事も詰まってきた。これに加え、エゴイスタスの製作。なかなかタイトなスケジュールだが、仕事の進み具合は詰まっていない時よりもスムーズだ。うまく組み立てができているのか、うまく集中できているのか、我ながらいい具合である。
 そういいながらも、実はまだまだ宿題がいくつかある。これも直接仕事に関わってくることなので、早くなんとかしたいところだ。しかし、この宿題をクリアしたら、色々なものがますます広がる。今は、このタイトなスケジュールをうまく楽しむだけだ。
posted by 坂本竜男 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

八女福島仏壇 取材三日目

18.11.142.jpg

 八女福島仏壇の取材三日目。今日も職人さんの技に触れる。仏壇だけではなく、神社仏閣の修復も手がけられる職人さんたち。仏壇はお寺のミニチュアだという話を思い出し、納得。日本文化の大事なところを、こういった職人さんたちが支えておられるのだ。
posted by 坂本竜男 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

Endurance カメラバッグ Ext(エクステンド)導入!

18.11.141.jpg

 連日の撮影・取材続きで、いよいよ所有しているカメラバッグでは厳しくなってきたので、ついに新しいカメラバッグを導入した。
 大三元レンズ+ボディ+αが入る、リュックタイプということで、Endurance カメラバッグ Ext(エクステンド)を導入。寸法を見てなんとなくサイズ感はわかっていたつもりだが、それでも思っていたより小ぶりに感じる。それでいて、しっかりとした2気室構造。下部にはボディと大三元レンズがしっかりと収まる(フード込みでも収まらないことはないが、少々窮屈)。そして上部はそれ以外のものがしっかり入るし、ノートPCやペットボトル、小型の三脚までならこれ一つでなんとかなりそうだ。
 カメラバッグは色は黒で、いかにもカメラバッグというデザインが多いが、Endurance Ext は、カラーがブラック以外にネイビーとカーキも選べるところも魅力。プロのカメラマンが監修しているだけあって、よく考えられた作りだし、そのわりには良心的な価格なのも嬉しい。早速、今日の撮影から使います。
posted by 坂本竜男 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年11月13日

バル&キッチンSOLのパエリアランチ

18.11.134.jpg

 今日のランチは八女のバル&キッチンSOL。スペイン料理のお店で、フラメンコのライブも定期的に行っている。
 パエリアランチは魚介か鶏のパエリアに、サラダ、トルティージャ(スペイン風卵焼き)、小さめのピザ、クレマカタラ(スペインの洋菓子。焼きプリンみたい)、ドリンクがついて1,080円。色々食べれて価格もリーズナブル。しかし味は本格派。しっかりスペイン料理が堪能できる。これはかなりオススメだ。
 ちなみに夜のメニューも充実。スペイン料理はワインやビールもよく合うので、今度は夜に行ってみたい。
posted by 坂本竜男 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) |

八女福島仏壇 取材二日目〜職人の仕事に触れる

18.11.131.jpg

18.11.132.jpg

18.11.133.jpg

 八女福島仏壇の取材二日目。仏壇店が職人を抱えることが難しくなってきている今、3人もの職人を抱えるお店を訪れる。
 このお店は工房が隣接しており、工房では腕利きのベテランの職人が若き職人を育てながら、仕事をされている。金箔を貼っているのは20代前半の職人。それでもキャリアは5年。仏壇の製造に欠かせない存在になっている。
 製造ということに重きを置かれている、その理由と思いが伝わってくる。いい刺激をたくさん受けた取材だった。
posted by 坂本竜男 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年11月12日

坂本善三「光」

18.11.125.jpg

 縁があって、我が家に素晴らしい絵画がやってきた。坂本善三の「光」。1984年の作品で、リトグラフである。
 部屋に飾ると、一気に部屋の空気が変わる。それ以外のものは何も変わらないのに、より上質な空間に生まれ変わったかのようだ。坂本善三は僕がとても大好きな画家だが、その大好きな画家の作品が自分の家にあるなんて、なんて素敵なことなのだろう。この一枚の絵から受け取るものはとても大きい。
posted by 坂本竜男 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

実践「ジョブ理論」

18.11.124.jpg

 予約注文していた、待望の一冊が届いた。エゴイスタスでもおなじみの早嶋聡史さんの『実践「ジョブ理論」』だ。
 この本は、昨年日本版が出版されて話題になった、クレイトン・クリステンセン教授の「ジョブ理論」をわかりやすく解説。そしてその実践法を具体的に提示した一冊である。
 これがよくあるビジネス書とは一味違う、面白い本になっている。ビジネスマンのみならず、職人さんやクリエイター、医療関係など、さまざまな分野の人たちにとって役に立つ本になりそうだ。僕もこれから、じっくり読み込んでいきます。
posted by 坂本竜男 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

八女福島仏壇の取材はじまる

18.11.123.jpg

18.11.122.jpg

18.11.121.jpg

 今日から八女福島仏壇の取材が始まった。といっても、一般的な新聞や雑誌などの取材とはちょっと違うものだ。エゴイスタス的な取材と言っていいかもしれない。責任重大だが、とても意義のある、そして面白い仕事の始まりだ。
posted by 坂本竜男 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年11月11日

自転車?

18.11.116.jpg

 茶の蔵さんから見える光景。電線が自転車に見えませんか?
posted by 坂本竜男 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

茶の蔵の八女抹茶ソフトクリーム

18.11.115.jpg

 取材の後は、茶の蔵さんで一息。八女抹茶ソフトクリームをいただく。
 抹茶のソフトクリームはいろいろあるが、このソフトクリームは一味違う。しっかりした八女抹茶の味が楽しめる本格派。抹茶の程よい苦味が心地いい。ソフトクリームとしての甘さと抹茶の苦味・旨みのバランスが絶妙。抹茶の味が濃いのに、軽やかさがある。おいりのトッピングも食感のアクセントになって楽しい。かなりオススメのソフトクリームです。
posted by 坂本竜男 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

次に登場する新たな職人さんは……

18.11.114.jpg

 今日2件目の撮影はエゴイスタスの取材。撮影場所は、こんなところ。

18.11.117.jpg

 そして、登場するのは、こんな職人さん。地元周辺と、その伝統工芸の世界では名が通った方。詳しくは来月発行のエゴイスタスvol.30で!お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

今日も篠山神社で撮影

18.11.111.jpg

18.11.112.jpg

18.11.113.jpg

 今週も日曜日は、久留米の篠山神社での成人式前撮りでスタート。やっとモミジも色づき始め、とてもいい雰囲気。天気も良くて、最高のコンディション!……と、スムーズにいかないところが撮影の難しいところ。そして、面白いところ。さて、今回は…?
posted by 坂本竜男 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年11月10日

今日の鳥栖の夕方

18.11.107.jpg

 いつも同じような場所で、同じような時間に撮るけど、一度たりとも同じ表情はない。当たり前のことではあるのだけど。
posted by 坂本竜男 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

大昌うどんの親子丼

18.11.106.jpg

 お昼は広川の大昌うどんで親子丼。ここの親子丼と玉子丼は、お店一番の大人気メニュー。天かすがほどよく汁を吸ってトロトロのいい食感が生まれ、よその丼ものにない味になっている。ときどき無性に食べたくなる丼だ。
 運がいいと、トロトロの天かすが完全に汁を吸ってなくて、サクサク感が適度に残っている時がある。すると、さらに食感の幅が広がり、美味しさが増す。最近はサクサク感がある時の方が多いようです。
posted by 坂本竜男 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ