2018年11月30日

デザインのスタイル、取材のスタイル

 今回の取材先で度々言われることがある。「珍しいですね」「初めてですね」「変わってますね」などなど。
 確かにそうだろうと思う。普通、ページものの取材はカメラマンと助手、ライターの3人くらいは必要だ。しかし、たった一人でやってくる。機材も最小限。大げさな照明なんて持ってこない(ストロボくらいは持参するが)。そして、話を聞いては撮影し、また話を聞く。雑談も多い。エゴイスタスの製作を一人でやってきた身としては当たり前のようにやっていることが、実はかなり珍しいものとして映るのだろう。
 分業した方が効率も良いし、一つ一つの作業のクォリティが上がる。そう考えるのは、当たり前のことである。しかし、それは関わっている人間全てが同じビジョンを持ってこそ。ビジョンがバラバラではカタチになりにくいし、レベルが違う場合はレベルが低い方に引っ張られるリスクもある。トータルで考えて作ることができるメリットは大きいと僕は思っている。もちろん、どんなケースでも可能ではないが。
 ちなみに、職人さんの作業風景の撮影の時に「動きを止めないで良いですか?」と聞かれることも度々あった。しかし、僕は「いつものように作業してください」とお願いして撮影をしている。僕はその方が本当の作業風景を伝えれると思っているからだが、動きを止めることを要求するカメラマンの方が多いらしい。確かに効率はいいかもしれないが、それは作られた写真に過ぎない。ウソといってもいいくらいだ。照明を必要以上に使うのも僕は好きではないが、これも同じ理由である。
 僕のこの取材のスタイル、撮影のスタイルも自分のデザインのスタイルなのだ。
posted by 坂本竜男 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2018年11月29日

八女福島仏壇 取材11日目

18.11.292.jpg

 八女福島仏壇 取材11日目。関わられる職人さんには、ある共通の感覚があることに気づく。伝統的工芸品という、技術や素材など制約の多い中での「それぞれの職人さんならではの感覚」が、仏壇の表現の部分に大きく関わっている。
posted by 坂本竜男 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

八女観光物産館ときめきのだご汁セット

18.11.291.jpg

 今日も八女。ランチは久しぶりに八女観光物産館ときめき。ここの定番、だご汁セットをいただく。
 いわゆる八女の田舎料理なのだが、素朴な味わいで優しい美味しさ。だご汁は具材がたっぷり。品数が多いのも嬉しい。これで700円は安いです。
posted by 坂本竜男 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2018年11月28日

取材で思う、機材のこと

 連日の取材で、今の撮影機材に対して改めて色々と感じることがある。主にカメラのこと、レンズのことである。
 取材の時に(念のために)持参しているレンズは、トキナー16-28mmF2.8、キヤノン24-70mmF2.8、キヤノン70-200mmF2.8、いわゆる大三元レンズと、シグマ50mmF2.8マクロである。だが、ここ一連の取材では、ほぼ24-70mmF2.8一本で済んでしまっている。すでに型落ちになって久しいレンズだが、いまだに優秀で頼りになる存在だ。感覚的にはマクロに近いところまで寄れるので、マクロの出番は今の所ない。これは良い意味で想定外だった。
 問題だったのはやはりカメラ本体。6Dは画質そのものは良いのだが、さすがに動体は厳しい。半分運任せのようなところがある。とにかく、枚数を撮ってなんとかやり過ごしている状況だ。1DXや7Dクラスまでいかなくても、もう少しAFの範囲が広く、連写性能が上がればと思う。おそらく、僕の使い方なら6D mark IIの性能でも十分に改善するだろう。
 今使っている6Dは十分に活躍してくれたのでサブ機に回して、いよいよ新しいカメラの導入するときが来たように感じる。6D mark IIか、5D mark IVか、EOS Rか……。
posted by 坂本竜男 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2018年11月27日

Paradeでハートランドを楽しむ

18.11.2611.jpg

18.11.2612.jpg

 昨夜の締めはバー、Parade。良心的な価格設定と、好きな音楽で満たされたバーである。個人的には、何気にハートランドの生が良心的な価格で飲めるのが嬉しい。ドナルド・フェイゲンを聴きながら飲むハートランドは最高に美味い!
posted by 坂本竜男 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

鶏の極み とり源

18.11.266.jpg

18.11.267.jpg

18.11.268.jpg

18.11.269.jpg

18.11.2610.jpg

 昨夜は、いま八女で話題のお店の一つ、鶏の極み とり源へ。開店してから半年ほどの新しいお店だが、とても評判が良く、予約しないと入れないことも多い繁盛店だ。
 屋号の通り、鶏にこだわったお店である。その鶏は『幻の八女炭蘇鶏』。八女市立花の自然の恩恵により育まれた鶏で、エサに立花特産品の竹炭を混ぜた飼料で品質にもこだわった飼育をしているとのこと。確かに肉は柔らかく、旨味が濃い。そして、しっかりした味だが軽やかだ。味付けも薄味で、素材の良さが生きている。どの料理も素晴らしく美味しいが、その中でも一人一本限定のレバーにびっくりさせられた。
 こだわっているのは鶏だけではない。3種類の奥八女産柚子胡椒や七味、花藻塩、八女産地元野菜など、抜かりはない。そして器は小石原焼。店づくりも含めて上質だ。ぜひ、また足を運びたい。
posted by 坂本竜男 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

八女福島仏壇 取材9〜10日目

 八女福島仏壇 取材9〜10日目。

18.11.261.jpg

18.11.264.jpg

 職人さんの動きをとらえるのは難しい。

18.11.262.jpg

18.11.263.jpg

18.11.265.jpg

 そして、職人さんたちが使う道具に魅せられる。職人さんならではの創意工夫、そして積み重ねの歴史が詰まっている。
posted by 坂本竜男 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年11月26日

原稿について

 取材の原稿がだいぶ溜まってきた。明日も取材が二件。それ以降ももうしばらく続く。
 取材後、すぐに文章を起こすべきか。それとも時間を置くべきか。今回はほかのスケジュールとの兼ね合いで時間を置かざるを得なかったのでそうしているが、これが吉と出るか凶と出るか。僕はそれぞれの軸の部分が、よりわかりやすく明確になると思っているのだが…。
posted by 坂本竜男 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2018年11月25日

福島八幡宮のイチョウ

18.11.2516.jpg

18.11.2517.jpg

18.11.2518.jpg

18.11.2519.jpg

 八女伝統工芸館から八女市役所へ向かう途中、福島八幡宮のイチョウがあまりに綺麗で足が止まる。夕日に照らされて、イチョウの黄色が一段と濃い。そして鮮やかだ。モノトーンの境内に広がる濃い黄色のインパクトは凄まじい。
posted by 坂本竜男 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

八女観光物産館ときめきの八女茶ソフトクリーム

18.11.2514.jpg

 フラメンコライブのあとは、隣の八女観光物産館ときめきで八女茶ソフトクリーム。八女星野抹茶を使ったソフトクリームだ。
 味は星野抹茶を使っているためか、よくある抹茶ソフトクリームよりも濃厚。食べ応えがあるし、いい具合の甘さで美味しい。お店でも老若男女問わず人気なのだそうだ。仕事の後など、甘いものが欲しい時にはぴったりかも。
posted by 坂本竜男 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

日本一の仏壇の前でフラメンコ

18.11.2511.jpg

18.11.259.jpg

18.11.2510.jpg

18.11.2512.jpg

18.11.2513.jpg

 食事の後は、八女伝統工芸館。「福岡・美と匠の世界」展の最終日なのだが、そのスペシャルイベントとして山本壬子さんのフラメンコライブが開催されたのだ。
 ステージは、館内の日本一大きい仏壇の前。なんとも不思議な光景だが、フラメンコを踊られている姿が仏様が舞い降りたかのようにも見え、以外に違和感がない。もちろん、ステージは大盛り上がり。会場が一体になった素晴らしいライブだった。こんなユニークでスペシャルなライブが実現するところは、八女という場所ならではなのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

あだち珈琲八女店のテラサキドッグ

18.11.258.jpg

 展示を見た後は、そのまま あだち珈琲八女店でランチ。テラサキドッグとコーヒーをいただく。
 このテラサキドッグは、田主丸のパンの名店 シェ・サガラのプチバゲットと、美味しい自家製ソーセージで有名な吉井リバーワイルドの自家製ソーセージを使った、ここだけのスペシャルメニュー。ジューシーで味わい深く、食べ応えのあるホットドッグだ。コーヒーとの相性も抜群。最高です。
posted by 坂本竜男 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

INTERTRADITION

18.11.251.jpg

18.11.252.jpg

18.11.253.jpg

18.11.254.jpg

18.11.255.jpg

18.11.256.jpg

18.11.257.jpg

 八女の旧寺崎邸で開催中のイベント「INTERTRADITION」へ行ってきた。
 INTERTRADITIONとは、2016年よりスウェーデンのテキスタイルアーティスト LISA JUNTUNEN ROOS と SHOGO HIRATA が立ち上げた伝統工芸交換プロジェクト。スウェーデンの伝統織り文様と日本の伝統・久留米絣を掛け合わせたもので、そのどちらでもない新しいテキスタイルが生まれている。とても興味深く、面白いプロジェクトだ。
 このプロジェクトでは、八女の久留米絣の織元である下川織物さんが制作されている。国境を超えて伝統工芸がつながり、新たな表現に結びついている。このプロジェクトはまだまだ始まったばかりとのこと。これからどう進化していくのか、とても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

阿蘇を楽しむ

18.11.247.jpg

 矢部村から大分前津江村を経由して阿蘇へ。オートポリスを過ぎて、坂道を登り切ってしまうと景色は一転。阿蘇らしい雄大な景色が一面に広がる。黄金色の大地と青空のコントラスト、そこに浮かぶ木々のシルエットが美しい。

18.11.248.jpg

18.11.249.jpg

 気持ちのいい晴れ空で天気には恵まれたが、中岳が噴火中で阿蘇五岳付近は噴煙でかすんでいたのがちょっと残念。それでも、この日本離れした雄大な景色の素晴らしさは変わらない。
posted by 坂本竜男 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

今月も八女津媛神社

18.11.244.jpg

 東京・山口・島根のお客様と一緒に八女津媛神社へ。

18.11.245.jpg

18.11.246.jpg

 紅葉を楽しみにしていったのだが、ピークは過ぎてしまっていた。しかし、この場所の特別さは変わらない。
posted by 坂本竜男 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2018年11月24日

気持ちのいい青

18.11.243.jpg

 なんて青色!こんな気持ちのいい青空は久しぶり。空の青色がとにかく深く、濃い。朝の冷え込みが、この青さをさらに引き立てている。
posted by 坂本竜男 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

今年一番の冷え込み

18.11.241.jpg

18.11.242.jpg

 今日は八女市立花町白木でスタート。今朝は今年1番の冷え込みだったらしい。こんなに霜が降りてるなんて…。
posted by 坂本竜男 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ウメノ商店でカールスバーグ

18.11.236.jpg

 八女散策2軒目はウメノ商店。やはり、ここは外せない。まずはカールスバーグの生でスタート。この軽やかさがいい!
posted by 坂本竜男 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

八女 恵比寿酒店

 柳川で撮影が終わった後は、八女で東京、島根、山口からのお客様といっしょに八女散策。八女の町並みとお酒を楽しむ。

18.11.234.jpg

18.11.235.jpg

 まず、最初は恵比寿酒店。昔ながらの白壁の立派な建物に、上質な店内。豊富なお酒。しかし、価格設定は角打ち価格。内容は上質なのに価格は激安。お客様も大満足。
posted by 坂本竜男 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

キモノプロデューサー杉原さんの展示場にて

18.11.233.jpg

 キモノプロデューサー杉原さんの展示場で、こんな素敵なお出迎えが。これが来られるお客さんによって変わるのだから、なんとも洒落ているし素敵なおもてなしだ。いつもながら、この心遣いとセンスはさすがだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物
Powered by さくらのブログ