2019年02月16日

Leofotoで感じる現在の三脚事情

19.2.164.jpg

 Leofotoのミニ三脚が我が家にやってきたのは少し前のことなのだが、実はこれが僕の三脚整理の背中を押す形になったのだ。
 僕が所有する三脚・雲台は、ざっくりした表現をすると、一昔前のプロモデル。フィルム時代にプロやハイアマチュアの人たちが使っていたものが多い。これらは高画素デジタル時代でも使えるが、物によっては少し使いづらさがあった。
 今の高画素フルサイズでは、ちょっとしたところでアラが出てしまう。それにキッチリ対応して世界基準を作ったと言ってもいいのがジッツオであり、アルカスイスだろう。最近ではRRSもそれに入る。中国・韓国のメーカーは、それらをコピーするところから製品作りを始め、今や日本のメーカーを超え、世界中で評価が高まっている。中国のベンロやシルイといったメーカーは比較的ローコストで日本製を上回る製品を世に出している。韓国のマーキンスは決して安くないが、アルカスイスに迫るクォリティで高い評価を得ている。
 とはいえ、アジアのメーカーの製品には気になる点が少々ある。ゴムなどを使っている製品は、そのゴム部分の耐久性が多々指摘されているし、グリースを塗る前提の自由雲台もそれゆえの問題点がある。仕上げにムラがあるとの時報告も聞く。
 そんな中、Leofoto製品には従来の中国メーカーにあった、その気になる点というのがない。ゴムは必要最小限しか使われていないし、仕上げも綺麗だ。自由雲台のボール部分にはグリースは塗られておらず、精度の高さで固定力を出しているのがわかる。あとはデザインを含めたオリジナリティだけである。
 これらLeofotoの良さを僕が所有する機材に照らし合わせると、もうこれらの機材の出番は終わったのだと思わざるを得ない。ケンコー(梅本製作所)も、ベルボンも、スリックも、ウイスタも、リンホフも…。
posted by 坂本竜男 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

Leofotoのミニ三脚に驚く

19.2.161.jpg

 昨日、ブログにアップしていたものはミニ三脚のケース。それにはこんな三脚が入っている。中国のメーカーLeofotoのMT-02(+自由雲台LH-25)である。
 撮影機材に詳しい人は、Really Right Stuff(RRS)のミニ三脚 TFA-01 ULTRA POCKET PODのコピーだ!と思うだろう。RRSのULTRA POCKET PODは、ミニ三脚に革命を起こしたとも言える耐荷重の高い優れた製品で、似たような製品がいくつも他のメーカーから発売された。ただ、これらのコピー製品は本家に比べて圧倒的に安価ではあるものの、性能も品質も遠く及ばないものばかりである。
 で、Leofotoである。僕はRRSのオリジナルを手にしたことがないので、比較はできない。しかし、これだけを見るとかなりしっかりした作りで仕上げもよく、単なるコピーではないように感じる。

19.2.162.jpg

 6D mark II + EF24-70mm F2.8L USM をセットしてみる。ボディに対してレンズが重いという不安定な組み合わせだが、なかなかの安定性だ。付属雲台LH-25も小型のにとても優秀で、固定力はかなり高い。

19.2.163.jpg

 ローアングルにすると、さらに安定度は増す。メーカーが公表している耐荷重は10kg。さすがにそれはどうかと思うが、ミニ三脚のレベルを大きく超えた堅牢性と安定性を持っていると言える。
 価格はミニ三脚としては高価だが、それでも本家RRSの半値ほど。見た目だけでなく、性能もかなり本家に迫るものがあるように感じる。LeofotoはかなりRRSを意識しており(社長自らRRSを目標にしていると語っている)、そのクォリティはマニアやプロを納得させれるだけのものを持っているように思える。あとはオリジナリティをいかに出していくかだろう。
 Leofotoの目標は明確だ。一方、日本のメーカーはどこに向かっているのか?このミニ三脚一つから見ても、日本のメーカーは大きく遅れを取っているように思えて仕方がない。
posted by 坂本竜男 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2019年02月15日

ある物体

19.2.151.jpg

 このロードバイクのサドルのようなものは……?
posted by 坂本竜男 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キヤノン “RFレンズ”6機種を開発

p20190214a.jpg

 EOS RPの発表と同時に、“RFレンズ”6機種を開発も発表された。年内の発売を目標にしているらしい。その6種類は下記の通り。
RF15-35mm F2.8 L IS USM 大口径広角ズームレンズ
RF24-70mm F2.8 L IS USM 大口径標準ズームレンズ
RF70-200mm F2.8 L IS USM 大口径望遠ズームレンズ
RF85mm F1.2 L USM 大口径中望遠単焦点レンズ
RF85mm F1.2 L USM DS 「DS効果」を持つ大口径中望遠単焦点レンズ
RF24-240mm F4-6.3 IS USM

 注目はやはりRFマウントで大三元レンズが揃うことだろう。しかも、標準ズームに初めてIS(手振れ防止)がつく。待ち望んでいたプロや愛好家は多かったのではないだろうか。
 メーカーが公開している画像を見ると、EFマウントのレンズよりもかなりコンパクトのようだ。これは詳細が発表されるのが待ち遠しい。この6種類のレンズが揃えば、RFマウントに移行するユーザーも一気に増えるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

キヤノン EOS RP 発売決定

eos-rp.png

 キヤノンのフルサイズミラーレス第二弾、EOS RPが来月中旬に発売される。
 EOS Rよりも小型軽量化したモデルで、有効画素数は約2620万画素。35mmフルサイズCMOSセンサーには最新の映像エンジン「DIGIC 8」が組み合わされる。市場価格はボディのみで16万円くらいのようだ。
 キヤノンのフルサイズ一眼レフとしては一番小さく、ミラーレスを除くEOS Kissシリーズよりも小さい。スペックは6D mark IIに近いが、ミラーレスならではのメリットとデメリットを両方抱えているように見える(これはキヤノンに限ったことではない)。
 おそらく、最終的には6D mark IIよりも安くなりそうな価格設定なので、コスパは悪くない。初めてのフルサイズにはいいかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2019年02月14日

今日の鳥栖の夕景

19.2.141.jpg

19.2.143.jpg

19.2.142.jpg

 いつもの場所で、いつものように…。でも、日に日に太陽が沈む時間は遅くなり、位置も変わっていく。いつもの光景のようで、その時だけの光景なのだ。
posted by 坂本竜男 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年02月13日

漆の可能性

19.2.139.jpg

19.2.1310.jpg

19.2.1311.jpg

 先週に引き続き、漆工房岩弥 近松仏壇店さんへ。漆の様々な表現と可能性。これを改めて確認しつつ、この素晴らしい技術を活かしたコラボを画策中。とてもワクワクしますね。
posted by 坂本竜男 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

八女ぼんぼりまつり〜八女市横町町家交流館

19.2.133.jpg

19.2.134.jpg

19.2.135.jpg

19.2.136.jpg

19.2.137.jpg

19.2.138.jpg

 打ち合わせが早く終わったので、八女市横町町家交流館へ寄り道。
 今は八女ぼんぼりまつりの真っ最中。いつもながら、ここの大量のお雛様に圧倒される。そして、箱雛の佇まいがまた良い。これも八女らしい光景だ。
posted by 坂本竜男 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

八女の青と白

19.2.132.jpg

 八女の白壁の町並みと、青空のコントラストが美しい。天気がいい日の八女の日常なのだ。しかし、八女に初めて訪れた人にとっては、素晴らしい非日常になる。八女を離れて気づく、生まれ故郷の美しさだ。
posted by 坂本竜男 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

JOGOスピーカー錫粉バージョンを聴く

19.2.131.jpg

 JOGOスピーカーの錫粉バージョンがとんでもないことになっている!このことはお話だけは聞いていた。だが、少し前までは金箔がとんでもない!という話だったのに、その金箔バージョンを凌駕してしまうほどらしいのだ。金箔バージョンになったときの音質変化を知っているだけに、にわかには信じがたい話だった。
 今日、初めて聴かせていただいて、その音に驚いた。錫粉ということで、音が重くなるようなイメージがあったが、そんなことは一切ない。相変わらずレスポンス、スピード感とともに素晴らしい。驚いたのがレンジが広くなり、広域・低域共に伸びていることだ。再現される空間も抜群に広い。情報量の多さは圧倒的。これが高い音楽性の再現と恐るべきリアリティにつながっている。なぜ、錫粉でここまで良くなるのかよくわからない。まだまだスピーカーにはわからないことが多いようだ。
posted by 坂本竜男 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

2019年02月12日

檪の丘でランチを楽しむ

19.2.129.jpg

19.2.1210.jpg

19.2.1211.jpg

19.2.1212.jpg

 遅めのランチは、湯布院が一望できる眺めの良い場所にあるお店「檪の丘」。湯布院でも有数の大人気店だ。
 自家製の窯で焼かれたピザやスペアリブ、手打ちのパスタなどどれも抜群に美味しい。色々食べたくなるので、4〜5人で行っていろいろシェアするのがオススメ。大満足です。
posted by 坂本竜男 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) |

ドルドーニュ美術館で癒される

19.2.128.jpg

 つづいて、末田美術館から歩いてすぐにあるドルドーニュ美術館。ここも大分県のアートの要の一つ。湯布院に来る時は、ほぼ毎回訪れる美術館だ。
 宇治山哲平を筆頭とする大分出身の世界的画家から、世間ではまだ知られていない地元出身の作家まで幅広く展示されている。時に美術館は研ぎ澄まされた緊張感があったりするものだが、ここは一味違う。古民家を美術館にしてあることもあり、独特のやわらかな空気感がある。僕はそれにいつも癒されるのだ。
posted by 坂本竜男 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

久しぶりの末田美術館

19.2.123.jpg

19.2.125.jpg

19.2.126.jpg

19.2.127.jpg

19.2.124.jpg

 次は末田美術館。湯布院で最も多くの人に知られるべき美術館だ。作品はもちろん、建物も庭も空間も、とにかく全てが素晴らしい。しかし、今だに知る人ぞ知る存在なのが残念でならない。世界の一流の方達と並び称されるべき方なのに…。
 ここについては、別の形でも紹介したいと考えている。それについては、またのちほど…。
posted by 坂本竜男 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

今日は丸ごと湯布院

19.2.121.jpg

19.2.122.jpg

 今日は朝から湯布院。気持ちのいい青空に雪化粧の由布岳が映える。これだけでテンションは上がる。
 スタートは色々とお世話になっている、ギャラリー夢二山荘。湯布院で始まる、あるアートプロジェクトの要の場所。ここから更なるワクワクが始まります。
posted by 坂本竜男 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2019年02月11日

トヨタ 新型スープラ

01-1.jpg

 トヨタ スープラが17年ぶりに復活した。BMW 新型Z4とプラットフォームを共有する。
 デザインは最近のトヨタの流れとはちょっと違う。このマッチョなボリュウム感は好みが分かれるだろう。個人的にはほかのトヨタ車よりはいいかな、と思う。しかし、好みというわけでもないが…。
 エンジンは3リットルターボ(340ps)と2リットルターボが2種類(258psと197ps)。意外に控えめなスペックだが、逆にピュアスポーツとしてはバランスが良さそう。ただ、MTが設定されてないのは残念だ。
 気になるのは86にしてもそうだが、トヨタは自社単独でスポーツカーを作らなくなってしまったように見えることだ。確かに採算ベースなど考えると、スポーツカーはかなり難しい。とは言え、スポーツカーはやはりクルマの花。そこは自社単独で作ってもらいたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

機材整理を始める

 気が付いたら三脚がやたら増えていた。そしてレンズも。一応仕事で使えるものばかりだが、仕事での使いやすさやクォリティを考えると、使うものは自然と限定される。
 そこで、思い切って機材整理に取り掛かった。まずは場所をそれなりに占拠してしまう三脚から。それから雲台、レンズにも取り掛かる予定だ。
 三脚と雲台は必要なものが明確になったのでスムーズに整理ができそう。問題はレンズ。とくにオールドレンズはどこまで残すか悩むところだ。仕事で使うのが大前提なら全部処分しても困らないが、それだけではないから難しい。オールドレンズはまだ使いこなせているとは言えないからだ。
 これについては、三脚を整理してから考えるか。
posted by 坂本竜男 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2019年02月10日

ライヴ・キラーズ

19.2.106.jpg

 映画の影響もあって、随分前に買ったCDを引っ張り出す。クィーンのライブアルバム「ライヴ・キラーズ」。スタジオ録音の緻密な構成と完成度の高さも魅力的だが、ライブもまた魅力的だ。
 ライブは映画のライブ・エイドのシーンのように、メドレーのように休みなく一気に駆け抜ける。この疾走感と臨場感、一体感、そして迫力。クィーンは素晴らしいライブバンドでもあるのだ。
posted by 坂本竜男 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

アルカスイス化進行中

19.2.104.jpg

 だいぶ前に注文していた、アルカスイス互換のクイックリリースクランプがやっと届いた。これもハスキーにインストールしているものと同じ中国のMENGS。型番はDM-60Nである。
 これは先日のCL-70Sよりは一回り小さく、肉抜きされているのでだいぶ軽量だ。作りは同様にしっかりしている。安価な製品とは思えない作りだ。

19.2.105.jpg

 早速、リンホフのプロフィボールヘッドIIにインストール。ホントはリンホフのプレートを外して直接つけたかったのだが、あまりに固くて外れなかったので、その上からつけることに。しかし、強度に不安は感じないし、何より大幅に使いやすくなった。これでリンホフの欠点が一つ改善。これから使うのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

千福寺の梅

19.2.101.jpg

19.2.102.jpg

19.2.103.jpg

 今日は天気がいいので、ちょっとだけカメラを持って近所を散策。千福寺の梅が綺麗で足が止まる。
 雲がほとんどない澄んだ青空のブルーと、淡い梅のクリームがかった白のコントラストが美しい。梅の花は小ぶりで控えめながら、ハッとさせられる美しさがある。今日は梅を楽しむにはいい日だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2019年02月09日

旅成金 in 鹿島

19.2.91.jpg

 今日は鹿島市生涯学習センター エイブルホールで「旅成金 in 鹿島」。旅成金は、落語芸術協会に所属する「二ツ目」の落語家、講談師11人で構成されるユニット「成金」のメンバーである柳亭小痴楽、瀧川鯉八、神田松之丞による派生ユニット。今、TVや雑誌などいろいろなメディアで話題の三人だ。
 古典落語の柳亭小痴楽、現代落語の瀧川鯉八、そして講談の神田松之丞と、それぞれ芸も違うし個性も違う。それぞれが上手いし面白い。とても二ツ目とは思えない面白さだ。それぞれの世界が出来上がっているし、それがとても魅力的だ。今、まさに旬の若手三人だが、若手ならではのパワーがあり、それに巧さと個性が伴っている。本当に素晴らしい公演でした。
posted by 坂本竜男 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ