2019年05月06日

タムロン 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)、今月販売開始

img_a043.jpg

 タムロン 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)が、今月23日より(ニコン用・キヤノン用は6月20日)発売が開始される。
 このズームレンズも17-35mm F/2.8-4 Di OSD (Model A037)と同様、価格を大きく超えたクォリティを持つ意欲作だ。作例を見る限り、絞り開放から十分な解像度があり、それでいてシグマに代表されるカリカリの解像度重視の画像になっておらず、柔らかさのある自然な描写だ。シグマの高解像度な画像は最初はびっくりするが、個人的には細かなところまで見えすぎる。少々非現実な描写と言えなくもない。そのあたりはタムロンは自然に感じるのだ。
 35〜150mmというのはポートレートには最適。150mmでも45cmまで寄れるのは嬉しい。望遠側でもF4の明るさを持ち、800gを切る重量、手ぶれ補正つきと、必要な機能と画質を備えながら比較的軽いのも大きな魅力だ。A037とセットで使えば17〜150mmの焦点距離を、2本合わせて1.3kgを切る重量で大三元レンズに迫るクォリティでカバーすることになる。旅行で持ち出すときは、真っ先にこの2本のレンズが最有力候補になるだろう。
 では、仕事ではどうか?僕が大三元レンズを持ってなかったら、間違いなく飛びついていただろう。A043、A037の2本はそれくらい魅力がある。しかし、僕には超広角はトキナー、標準と望遠は純正Lレンズがある。結局、買い替えには至らないだろう。では、買い増しは……?もし買うとすればA037かなぁ?
posted by 坂本竜男 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

オールドカーはオールドレンズで

19.5.61.jpg

 カーショップトリミさんにて。SMC TAKUMAR 50mm F1.4でフィアット500を撮る。絞りは一段絞ってF2。古いレンズとは思えない良い描写だが、それだけではない。今のレンズが失いかけたものをしっかり持っている。
 とはいえ、この明るさでMFは至難の技。でも、暗めのところの方が、このレンズはいい空気感が出るんだよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

ETCマイレージ登録をする

 高速道路での移動が増えたので、ETCマイレージ登録をすることにした。しかし、メガーヌエステートは中古で購入しているので、ETCセットアップを(再度)行わなければならない。面倒だな〜と思いつつ、トリミさんに尋ねたら、「ウチに持ってきてもらえば対応するよ〜」とのこと。特に難しいことも、面倒なこともなく、無事にセットアップ完了。ETCマイレージ登録も無事に終わった。
 しかし、いつのまにETCはこんな面倒なことになってしまったのだろう?以前は通勤時間帯は割引があったり、頻繁に利用する人にはメリットが大きかったはずなのだが…。もう少し、見直してもらえないものかねぇ〜。すると経済もよくなると思うのだが。
posted by 坂本竜男 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ