2019年05月19日

PASSACAGLIA

19.5.191.jpg

 昨日のリサイタルの興奮が冷めないまま、今日は三上亮さんと金子鈴太郎さんのデュオアルバム「PASSACAGLIA」に浸る。
 タイトル曲でもある「PASSACAGLIA」はヘンデルが作った曲をハルヴォルセンが編曲したもので、楽譜としてはヴァイオリンとヴィオラ版、ヴァイオリンとチェロ版があるが、当然ヴァイオリンとチェロ版である。
 あとは基本的にはヴァイオリンとチェロのために書かれた曲ではないが、ヴァイオリンとチェロだけでここまで表現ができるのかという、表現力と音楽の面白さ、そして弦楽器ならではの響きの美しさが堪能できるアルバムだ。たった二人で演奏しているとは思えない音楽の厚みと懐の深さもまた魅力。素敵なアルバムです。
posted by 坂本竜男 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

今春の田崎廣助美術館

19.5.186.jpg

 昨日、打ち合わせとコンサートの間に時間があったので、一年ぶりに八女市 田崎廣助美術館へ。
 八女市 田崎廣助美術館は、軽井沢の田崎廣助美術館と連動しているので、冬と春に展示替えがある。今回も初めての展示と思われる作品がいくつかあった。
 田崎廣助と言えば、すぐに思い浮かべるのは山の風景画だ。阿蘇や桜島は重要なモチーフの一つで、僕も大好きな絵だ。今回の展示でも素晴らしい作品がいくつも展示されていた。
 しかし、今回一番個人的に印象に残ったのは、意外にも静物画だった。陰影こそつけているものの、比較的平面的に描いているはずなのに、不思議な空気感をまとっている。妙に存在感があるのである。素晴らしい!
 八女市 田崎廣助美術館は、決して規模は大きくないものの、展示されている作品はいずれも素晴らしいものばかりだ。しかも入場料は無料である。だが、関心がないのか知られてないのか、訪れる人はまだまだ少ない。もっと多くの人に来てもらいたい美術館だ。
posted by 坂本竜男 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
Powered by さくらのブログ