2019年06月30日

マイクロフォーサーズで超望遠システムを考えてみる

 僕がマイクロフォーサーズに強い関心を持っている一番の理由は、望遠に有利なことである。フルサイズに比べると、軽量・コンパクトで価格も抑えることができる。それでいて画質も十分に使える。そこで、マイクロフォーサーズで超望遠システムを組むならどのような組み合わせになるか。自分なりに考えてみた。
 ここでの超望遠システムの定義は、ソニーRX10M3&M4と同じ600mmとする。価格の上限も、RX10M3の新品価格(12〜14万円くらい)で考えてみた。

696b7e5ca5a84b6fb6959e2d9c7e00d1.png

 まずレンズ。これは価格と性能のバランスを考えると、LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 II / POWER O.I.S.が最有力候補だろう。実売価格は6万円ほど。手ぶれ補正Dual I.S.2、そして防塵防滴に対応している。重量は520gとマイクロフォーサーズのレンズとしては重量級だが、フルサイズユーザーからすれば十分に軽量だ。

 ルミックス 100-300mmの良さを最大限に生かすのであれば、ボディもLUMIXの方が望ましい。ちなみに、ボディに求める条件は…
・画素数は2,000万画素
・手振れ補正を内蔵していること
・できればシャッタースピードが1/8,000秒
・防塵防滴対応
・重量500g前後またはそれ以内
・バリアングル液晶モニター
・できれば液晶モニターはタッチパネル

 これらを考えると、現行モデルでぴったりくるものがない!ルミックスならDC-GX7MK3かDC-G99が近い存在だが、価格を考えると想定している金額をどちらも超えてしまう。う〜む…。
 一方、オリンパスも同じ状況。ちょっと条件を求めすぎたか。だが、画素数を1,600万画素で良しとすれば、OM-D E-M5 Mark IIは価格も性能も全く問題なし。正直、かなり魅力的だ。部分的には完全に6D mark IIを凌駕する。これは悩ましい。
 しかし、僕の使い方だと2,000万画素はやはり欲しいところだ。印刷物前提だと、400万画素の違いは大きいのである。これを妥協してOM-D E-M5 Mark IIに走るか。それとも予算をもっとかけるべきか…。
 今の所、どちらも選ぶべきではないと思っている。慌てて決めるな、ということだね。
posted by 坂本竜男 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年06月29日

しのはら珈琲のトーストセット

19.6.291.jpg

 久しぶりに久留米のしのはら珈琲でちょっと一息。トーストセットを注文する。
 実は以前とはトーストに使う食パンが変わっていて、さらに美味しくなっている。このトーストとコーヒーのセットはかなり強力。シンプルながら間違いのない安定感がある。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

マイクロフォーサーズのカメラ・レンズを調べ始めたら

 画素数を欲張らなければ、フルサイズよりはるかに軽量・コンパクトで、その割に質の高い望遠システムが組めるのではないか。そう思って調べ始めたマイクロフォーサーズのレンズ・カメラ。最初はフルサイズの1/4しかないセンサーなのに、なぜプロも含めたヘヴィユーザーが多いのかわからなかったが、調べ始めると、マイクロフォーサーズの魅力が色々見えてきたのである。
 センサーサイズが小さいので、軽量・コンパクトにできるのは大きな強みである。望遠の場合、フルサイズに比べると半分以下、場合によってはもっと小さく軽くなる。もちろん、明るいレンズだとそれなりの大きさにはなるが、それでも同等スペックのフルサイズレンズよりはずっと軽量コンパクトだ。
 そして、魅力のあるレンズが思った以上に多い。ZUIKO PROやパナライカはその代表格だが、マウントアダプターを使えばフォーサーズの銘玉も使える。それらは値段もこなれてきているため、さらに魅力を増していると言っていい。望遠に対し、広角は弱いと思っていたが、それも大きな間違いだった。魅力ある超広角ズームがしっかりと存在する。
 カメラも魅力的だ。独自のデザインでシェアトップのオリンパスは、ボディ内手ぶれ補正が強力なことでも知られている。そして、防塵・防滴・耐低温構造でヘヴィデューティに使えることも。ルミックスもそれに近づいてきている。このあたりは6D mark IIよりも優れている点だろう。
 マイクロフォーサーズは、画素数・解像度とボケ味を欲張らななければ、サブはおろかメインでも使えるクォリティを持っていることがわかった。実際、フルサイズから移行した人もいるし、プロで使用している人もいる。では、僕は導入すべきなのか?
 今の所、慌てて導入すべきものではないと思っている。ある程度フルサイズのシステムが構築できているからだ。それに、いくらフルサイズよりも安価ではあるものの、いいレンズとボディはそれなりに高価だ。とはいえ、今のシステムにない魅力・性能がマイクロフォーサーズにあるのは間違いない。
posted by 坂本竜男 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年06月28日

宴(BREWDOGまつり)のあと

19.6.281.jpg

 昨夜は我が家で飲み会。何気にBREWDOGまつり。4種類のBREWDOGを楽しむ、ちょっと贅沢な飲み会だった。
 BREWDOGはどれも個性があって、香り豊かで美味しいのだけど、いっぺんに何種類も飲むよりも一種類をじっくりと飲んだ方が、より美味しく味わえるのかも。ちょっと勿体無い飲み方だったかな?
posted by 坂本竜男 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

2019年06月27日

今更、マイクロフォーサーズのカメラが気になる

 ソニーRX100M3で、センサーはフルサイズかAPS-Cでないと使えないと思っていた僕の認識は大きく変わったのは、以前のブログで紹介した通り。うまく使えば1インチセンサーのRX100M3でも仕事で使えることがわかった。そうなってくると、今まで全く関心がなかったマイクロフォーサーズのカメラにも俄然興味が湧いてきた。
 マイクロフォーサーズのセンサーは1インチのほぼ倍の面積。1インチよりも画質では有利だ。マイクロフォーサーズを採用しているのは、

180606olympus01.jpg
 ミラーレス一眼で、販売国内1位を誇るオリンパスと

6-18-main.jpg
 ライカブランドを冠するルミックス(パナソニック)がある。
 マイクロフォーサーズに関心を持ったのは、フルサイズやAPS-Cに比べ、ボディ・レンズが大幅に軽量・コンパクトにできること。そして、望遠側で有利なことの二つである。ソニーRX10M3とM4が、600mmまでカバーするとはいえ、コンデジとしてはかなり高価だ。それならマイクロフォーサーズで超望遠システムを組んだら、同等の価格・大きさ・重さでより高画質のものができるのではないかと考えたのだ。
 それに、コンデジより手持ちでは撮影しやすい。明るい単焦点レンズをつけて、スナップ用にするのも悪くない。
 そこで、ボディはどちらがいいのか?使いたいレンズはあるのか?それらを調べることにした。危険な沼があることを承知の上で…。
posted by 坂本竜男 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

コンバース ネクスター

19.6.271.jpg

 普段履きのスニーカーとして、久しぶりにコンバースのローカットを購入した。コンバースでも有名なオールスターではなく、2年前に登場した新シリーズ「ネクスター」である。
 ネクスターは従来のコンバースのデザインと品質をキープしつつ、リーズナブルな価格設定で登場した製品だ。特徴は軽さと履きやすさ。キャンバスならではの軽やかさが心地いい。コンバースならではのシンプルなデザインもそれに貢献している。これはこの夏、出番が増えそうだ。
posted by 坂本竜男 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2019年06月26日

雨の佐賀県立博物館&美術館

19.6.262.jpg

 今日は午後から佐賀県立博物館。梅雨入りしたばかりのあいにくの天気だが、この場所だとそれもそんなに悪くない。

19.6.263.jpg

 エゴイスタスを納めて、博物館から美術館へ。雨の日は緑がしっとりとして、これはこれで美しい。雨の日にゆっくりと過ごす場所として、佐賀県立美術館はいい選択だ。

19.6.264.jpg

 そして、OKADA-ROOMへ。今の展示は女性の肖像画中心。岡田三郎助の本領発揮。最近のOKADA-ROOMの展示では、いちばん岡田三郎助らしいかも。
 いつも思うが、これが無料で観覧できるのは素晴らしい。定期的に展示替えがあるから、その都度足を運ぶ楽しみがある。佐賀県の文化的な良さは、こんなところに表れている。
posted by 坂本竜男 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

西日本、ようやく梅雨入り

19.6.261.jpg

 北部九州を含む西日本が、今日、ようやく梅雨入りした。観測史上、最も遅い梅雨入りだそうだ。
 あちこちを回っていると、軒並みダムの貯水量が限界に近いところまで下がっていたので、待望の梅雨入りだ。
 しかし、本来なら梅雨入りしてから徐々に降水量が増えてくるものだが、今年は台風の発生とも重なって、一気に豪雨に襲われる危険性がある。この極端な気候はもう少しなんとかならないものだろうか。
posted by 坂本竜男 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

600mm望遠を手軽に

 僕が最近、ソニーRX10M3とM4が気になっている最大の理由は、600mmの望遠が手軽に扱えることである。
 フルサイズ一眼で600mm F4のスペックのレンズを考えると、キヤノンの場合はEF600mm F4L IS USM IIIという重量3,050g、価格182万円という超弩級のレンズになってしまう。大きさも重さも価格もとんでもないことになる。シグマやタムロンの150-600mm F5-6.3 ズームでも、重量は約2kg。大きく重いのには変わりがない。
 一方、RX10M3、M4は重量は1kg強。その違いは圧倒的である。しかし、価格を考えるとそうもいかないのだ。
 現時点では、RX10M3は実売13〜15万円、M4は17〜19万円。タムロンとシグマの150-600mmがラクラク買えてしまうのである。もちろん、画質はこちらの方がいいのは言うまでもない。つまり、画質優先ならタムロン、シグマの150-600mmを買った方がコストも安く、画質も良いのである。
 それでも悩んでいるのは、150-600mmレンズの大きさと重さである。一度お借りして扱ったことはあるが、画質は価格以上のものがあるし、コスパとても高いのは実感したのだが、とにかく大きく重い。そして大げさである。持ち出すのに覚悟がいるレベルだ。
 600mmをもう少し手軽にするなら、APS-Cクラスと100-400mm望遠という手もある。これなら価格はRX10M4と同等、重量はフルサイズの2/3である。画質も悪くない。
 センサーサイズをもっと小さくしてマイクロフォーサーズのミラーレス一眼にするという手もある。するとレンズは100-300mm F4-5.6クラス。重量は500g台。ボディも600g前後。一気に軽くなる。RX10ほどではないが、600mm望遠としては軽い。そして、価格もあまり変わらない。センサーの大きさから考えて、画質もRX10シリーズより有利だ。マイクロフォーサーズを望遠専用にするという手はある。

 ということで、600mm望遠を手に入れる場合、コストと画質を考えるならシグマかタムロンの150-600mmズーム。最低限の画質を確保しながら軽さを優先するなら、ソニーRX10M3かM4。コストと画質のバランスが良さそうなのは、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼+100-300mmズームではないかと思う。
 この中ではマイクロフォーサーズが面白そうな感じもするが、RX10シリーズの潔さも捨てがたい。どちらにしても、この先には沼が潜んでいるのは間違いなさそうだ。
posted by 坂本竜男 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年06月25日

ベルボン QHD-G7AS

QHD-G7AS.jpg
 ベルボンから、アルカスイス互換の自由雲台 QHD-G7ASが発売され、少々気になっている。
 ベルボン初のアルカスイス互換ということで、「今頃か」という思いを持ちつつも、信頼できる日本メーカー製ということで期待はしてしまう。
 QHD-G7ASは、一般的には大型雲台に属する。ボール径54mmはアルカスイスZ1なみだ。耐荷重は8kgと他の同クラスのメーカーに比べ控えめに感じるが、この表記の基準はメーカーによって大きく異なるので、そこまで神経質になる必要はない。同クラスの製品と比べても極端な差はないだろう。
 新製品なのでまだまだ情報は少ないが、僕が三脚関係の記事でいつも参考にさせていただいているハクさんのブログによると、アルカスイスには及ばないものの、決して悪い製品ではなさそうだ。そして、なにより価格が実売2万円ほどというのが驚く。マーキンスなどの韓国メーカーやレオフォトなどの中国メーカーよりも安い。このスペックでこの価格は破格ではないだろうか。
 僕の場合、ジッツオ2型に組み合わせることになるが、QHD-G7ASは意外に軽い。メーカー公表値はプレートも含む重量のようだ。実際は僕が使っているレオフォトNB-46X(ボール径46mm)とほぼ同じである。ボール径54mmでこれはすごい。
 QHD-G7ASはレビューを読み、実売価格を知って、俄然興味が湧いた自由雲台である。レオフォトに大きな不満はないが、より使い勝手が良かったら乗り換えを検討しても良いかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

殿方皆殺し

 嘉穂劇場に展示されていた昔のポスターが見ごたえがあった。当時のポスターは、フォント(=レタリング)ひとつとっても手書きながら凝っており、内容が伝わってくるようなデザインだ。

19.6.2415.jpg

 その中でも一番インパクトがあったのがこれ。「殿方皆殺し」のフレーズにやられた!こんなポスター(と演目)、当時は問題なかったんだ〜という驚き。そして、写真よりも訴求力のある絵。タイトルもキャッチコピーもすごい。昔の方が、「文化」として捉える幅が広かったのではないだろうか?そう思わせるデザインだ。自由になっているようで、今の方が制約が多いのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

2019年06月24日

嘉穂劇場を見学する

19.6.242.jpg

19.6.243.jpg

 今日のメインは嘉穂劇場の見学(取材ではない)。以前、歌舞伎を観に来たことはあるが、見学は初めてだ。場内の撮影もOKである。

19.6.244.jpg

19.6.245.jpg

 いつもながら、心が踊る場内の光景。やっぱ、いいなぁ〜。

19.6.246.jpg

19.6.247.jpg

 舞台に上がると、こんなものが…。

19.6.248.jpg

19.6.249.jpg

 年季が入った舞台道具たち。

19.6.2410.jpg

19.6.2411.jpg

 奈落にも入れます。廻り舞台をこの場所から観れるなんて。

19.6.2413.jpg

19.6.2414.jpg

 貴重な資料の展示も。伝説的なスターの貴重な写真やサイン、資料がたくさん。やはり、歴史ある劇場ならでは。

19.6.2412.jpg

 今回は、初めて見学させていただいたが、とても興味深く、そして楽しいものだった。これを頭に入れた上で舞台を見れば、また違った感じ方をするに違いない。今度はじっくり時間をかけて見学したいな。
posted by 坂本竜男 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

3びきのこぶたの黒毛和牛ハンバーグランチ

19.6.241.jpg

 今日のランチは飯塚。手作りハンバーグのお店である。
 注文したのは一番人気の黒毛和牛ハンバーグランチ。黒毛和牛のハンバーグは、ジュシーで肉本来の旨みと甘みがしっかり。自家製ジャポネソースが肉の旨みをさらに引き立てる。これは美味しい!
 これにサラダ、味噌汁、ご飯、自家焙煎コーヒー(またはオレンジジュース)がついて、950円(税込)はかなり良心的。オススメです。
posted by 坂本竜男 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月23日

たかむらのスタミナぶっかけ

19.6.227.jpg

 日田配本の締めはたかむら。夏メニューが始まっていたので、スタミナぶっかけ(冷や)をいただく。
 気温も上がり、仕事もよりハードになっていく中、スタミナぶっかけは美味しく味わいながら、エネルギーを補充できる。体に優しいのにガッツのある美味しさだ。これで仕事も万全だ!
posted by 坂本竜男 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

ー誰かが見た風景ー 十人十色の風景画

19.6.225.jpg

19.6.226.jpg

 今日のスタートは坂本善三美術館から。今回の展示は「ー誰かが見た風景ー十人十色の風景画」。坂本善三を含む10人の画家の風景画にスポットを当てた展示である。
 風景画と謳っていながら、展示される絵画の多くは抽象と具象の狭間にあるような作品が多い。なるほど、これを風景画として捉えるか!という面白さもあるが、作家の視点の面白さもある。抽象画を読み解くヒントのようにも感じるし、視点の面白さ、捉え方の面白さと言う意味でも興味深い。
 今回の展示では、何度も目にしている坂本善三の作品も数点あったが、今回の展示のテーマによって、今までと見え方が変わってくるから不思議だ。抽象画と思っていたものが、途端に風景画に見えてくるから面白い。そう言う意味でも今回は興味深い展示だった。
posted by 坂本竜男 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

高橋マコトさんの生演奏

 天領日田洋酒博物館に配本(&飲み)に行ったら、元もんた&ブラザーズのギタリスト、高橋マコトさんのライブが終わった後だった。
 友人と生ビールを飲みながら話をしていると、テーブル席でライブが終わったばかりの高橋マコトさんがアコギでプチライブ。なんとテーブルに同席させていただいた。

19.6.224.jpg

 至近距離で聴く高橋マコトさんのギターは、とにかくカッコよかった。メチャメチャ上手いのは当然だけど、空気感がまたとんでもない。ゾクゾクするカッコ良さというのは、こういうことを言うのだろう。生演奏で鳥肌が立ったのは久しぶりの経験だった。
 その中でも印象的だったのはジミヘンの「リトル・ウィング」。誰もが知る、多くのミュージシャンがカヴァーする名曲中の名曲。色々な人たちのヴァージョンを聴いてきたけど、その中でも一番のカッコ良さだった。
 高橋マコトさんはミュージシャンとしても一流なのに、とても腰が低く、サービス精神が旺盛で、とても素敵な方だった。本当にすごい人ってそうなんだよなぁ。そこがまたカッコいい。本当に憧れます。
posted by 坂本竜男 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

久しぶりの中華さとの激辛ラーメン

19.6.222.jpg

 昨夜から日田配本。まずは中華さと。久日ぶりに激辛ラーメン。辛いけど、旨みもしっかり。心地よい辛さと、しっかりした旨味が食欲を増進させる。やっぱり美味い。もちろん、あっという間に完食。しかし、この後アルコールが続くので、今回は量は控えめに。
posted by 坂本竜男 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

林潤一郎さんの新作が届く

19.6.221.jpg

 昨日、ゆふいん夢二工芸館に波佐見焼の陶工 林潤一郎さんの茶器が届いた。夢二工芸館のために焼かれた新作である。
 従来の林さんの作品とは違うが、その独自のフォルムと佇まいはそのままに、いい意味でより尖った茶器ではないだろうか。また一味違った空気感がある。林さんの心意気が詰まった逸品である。
posted by 坂本竜男 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月22日

サントリー ザ・プレミアムモルツ マスターズドリーム

19.6.2115.jpg

 今日の晩酌は、サントリー ザ・プレミアムモルツ マスターズドリーム。プレモルのさらにプレミアムなビール。どうだっという感じで来るのかと思いきや、意外におとなしめというか上品。しかし、ビールの味そのものはしっかり。そして、スーッと入っていく心地よさがある。泡のきめ細かさも良い。ノーマルのプレモルより好きな味です。
posted by 坂本竜男 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

八女ちょうちん展「あんどん」

19.6.211.jpg

 今日は八女市横町町家交流館で開催中の、八女ちょうちん展「あんどん」へ。八女提灯の若手グループ「Yame-C-style」の方達が主催する、おそらく初の八女提灯の単独イベントである。

19.6.212.jpg

19.6.213.jpg

19.6.214.jpg

19.6.215.jpg

 最初に目に入るのは、若き職人さんの実演。提灯張りと絵付けである。二人とも若いのに、確かな技術をお持ちだ。とくに絵付けは見本がの技術も見られる。若い職人さんたちがしっかりとした技術を受け継いでいる。素晴らしい。
 ちなみに、明日と明後日は絵付けの体験ワークショップも開催される。これも要チェックだ。

19.6.216.jpg

19.6.217.jpg

19.6.218.jpg

19.6.219.jpg

19.6.2114.jpg

 盆提灯は仏壇とセットでの展示。日が沈み始めると、さらに雰囲気が出て良い。失われつつある、日本の素敵な光景がここに再現されている。情緒ある、素敵な風景だ。
 そして、現代提灯の展示も興味深い。現代仏壇に組み合わせる盆提灯、現代の生活に合わせて変化した照明としての提灯。提灯の幅は、おそらく認識されているよりもずっと広い。

19.6.2110.jpg

19.6.2111.jpg

19.6.2112.jpg

19.6.2113.jpg

 そして、最大の見所は夜の展示。入口から奥の庭に抜ける通路に灯される提灯の灯りが、なんとも言えない美しさだ。通りすがりの人たちが、この美しさに吸い寄せられるように集まってくる。これだけでも、このイベントに来る価値がある。来られた方達は、八女提灯の魅力を再確認されたに違いない。
posted by 坂本竜男 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ