2019年07月05日

マイクロフォーサーズ機に触れる

 マイクロフォーサーズに対する関心が高まってきて、どうしても実機を確認したくなった。そこで店頭で確認することにした。
 とはいえ、九州の田舎なので、ミラーレス一眼はソニーばかり。お目当のマイクロフォーサーズは寂しい限り。それでも数店を回って確認してきた。

olympus_v207040bu040_om_d_e_m5_mark_ii_1428541.jpg

 マイクロフォーサーズで比較的、店頭に実機があったのはオリンパス。導入の候補にもなっていたOM-D E-5mkIIに触れることができた。
 コンパクトで軽量ながら、質感が損なわれていないのは好印象。ちょっとダイヤルが多い気もするし、実際に扱う際はキヤノンと比べるとかなり違うので戸惑いがあった。しかし、慣れると、これはこれでアリだ。決して使いにくくはない。ただ、グリップが小さいのでホールド感はイマイチだ。
 実機には14-150mmズームがついていたが、オリンパスの手ぶれ補正の強力さは評判通り。望遠側で適当に構えて撮ってもブレない。これは素晴らしい。なかなか好印象だ。

img6.jpg

 一方、ルミックスはオリンパスより人気がないのか、実機の展示が少ない。そんな中、数店を回ってなんとか確認できたのがDC-G9 PRO。E-5mkIIよりも上のクラスである。
 価格帯が違うから当たり前ではあるが、G9の使用感がとても良かった。AFも優秀だし、ホールドもしやすい。ユーザーインターフェイスがわかりやすいのも特徴だ。ストレスなく気持ちよく使える。おそらく、ユーザーインターフェイスの良さはルミックス共通と思われる。これに関しては個人的にはオリンパスよりも優れているように感じる。
 G9は、価格帯で言えば6D mark IIと同等以上のクラスになる。当然、性能的には6D mark IIを上回る部分も多い。良いのは当然と言える。正直、かなり惹かれたカメラである。
 今回、少しだけだがマイクロフォーサーズ機を触ることができて、思いのほかルミックスの優秀さが印象に残った。しかし、ルミックスは全体的には人気はあまり高くない。オリンパスの方が圧倒的に人気が高い。オリンパスはデザイン的な部分も訴求力があるが、光学メーカーとしてのイメージの高さもあるのだろう。
 一方、ルミックスは、一部ライカブランドを冠するとは言え、基本は大手家電メーカーである。そのイメージがどうしても強いのだろう。しかし、動画は昔から強いし、技術力も高い。そして使いやすさという部分はもともと定評がある。それがユザーインターフェイスの使い勝手の良さにつながっている。もっと売れていいメーカーだ。
 実際、オリンパスとルミックスの実機に触ってみて、それぞれに良さがあったが、個人的には使い勝手がしっくりときたルミックスを選ぶだろう。だが、レンズはまた別の話だ。オリンパスもルミックスもどつらのレンズも使えるというのは、選択肢は広がるが、それゆえに悩ましい。当然、組み合わせるレンズによって、また評価は変わるだろう。これがマイクロオフォーサーズの面白さでもあるのだが…。
posted by 坂本竜男 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ