2019年08月25日

近所のアイドルネコ

19.8.255.jpg

19.8.256.jpg

19.8.257.jpg

19.8.258.jpg

19.8.259.jpg

 近所のアイドルネコ(個人的な意見です)。その表情と佇まいが、なんとも言えずカワイイ。
posted by 坂本竜男 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ

近所の黒ネコ

19.8.254.jpg

 近所の黒ネコ。会うときはいつも不機嫌な顔。警戒しているというのと、ちょっと違う感じなんだよなぁ。

posted by 坂本竜男 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ

200mmマクロでチョウに挑戦

 今日は近所でチョウの撮影に挑戦。もちろんレンズはNewFD 200mm F4 Macroである。

19.8.251.jpg

19.8.252.jpg

19.8.253.jpg

 実質400mmマクロと、チョウを狙うには最適と言って良いレンズだが、一つ問題がある。それはマニュアルフォーカスであること。手ブレはGX8の手ぶれ補正で、昼間ならギリギリなんとかいける。しかし、MFだけはキッチリ合わせようとすると、GX8の機能をフルにつかっても間に合わない。じっとしてくれればもう少しキッチリいけるのだが。動く小さな被写体は本当に難しい。
 そして、カメラ・レンズの扱いだけでなく、チョウにうまく寄ることも大事な技術。400mm相当でも被写体が小さいから、寄れるに越したことはない。これも練習あるのみ、ということなのだろう。
 望遠マクロはピントもシビアだが、ここで練習をしておけば、取材での撮影に大いに役立つはず。楽しんで練習ができるのだから、ありがたい話だね。
posted by 坂本竜男 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月24日

ドゥワンディーのセンレック・ヌアトゥン

19.8.241.jpg

 今日のランチは福岡のタイ料理屋さんドゥワンディー。タイの方達が運営しているお店だ。
 注文したのはセンレック・ヌアトゥン。牛肉の薬膳煮込みヌードルである。八角、桂皮などをじっくり煮込んだスープは、さわやかな酸味と甘みがクセになる。その独特のスープと食べ応えのある牛肉のコントラストがまた良い。さっぱりと食べれるが、それでいてしっかりと食べ応えもある。これは美味しい!

19.8.242.jpg

 ちなみにランチはすべてのメニューにタピオカのデザートつき。これも嬉しい。ここもまたリピートしたいお店です。
posted by 坂本竜男 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

琉球居酒屋 アカチチ

 交流会の後は、交流会で意気投合した方達と食事へ。会場からちょっと歩いたところにある、琉球居酒屋 アカチチへ。

19.8.237.jpg

19.8.238.jpg

19.8.239.jpg

19.8.2310.jpg

19.8.236.jpg

19.8.2311.jpg

 オリオンビールの生でスタート。軽やかな美味しさが嬉しい。そして定番のゴーヤチャンプルー、あぐー餃子、ステーキ…。どれも美味しい!
 極め付けはトーフヨーと琉球泡盛「北谷 長老」の組み合わせが抜群!あまりにも美味しくて、飲みすぎました…。福岡で沖縄料理を食べたくなったら、また足を運びたいお店です。
posted by 坂本竜男 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

パリス・ダコスタ・ハヤシマ シャンパン交流会

19.8.231.jpg

19.8.232.jpg

19.8.233.jpg

19.8.234.jpg

19.8.235.jpg

 昨夜はエゴイスタスでもおなじみ、福岡発の高級腕時計ブランド パリス・ダコスタ・ハヤシマのシャンパン交流会。ブランドの第1作目の腕時計「紺碧」を自由に触れることができる。会場ではシャンパンがふるまわれ一味違う方たちが集う、上質で面白い交流会だ。
 久しぶりに実物を目にする「紺碧」は、高級感に溢れ、上質でスマート。「どうだ」という感じが微塵もなく、日本的な奥ゆかしさを持ちながら、どこにもない独自の存在感と品格がある。福岡デザインでスイスメイド。福岡とスイスの素晴らしい職人さんと、ブランド創業者3人の思いとドラマが詰まった逸品だ。改めてその素晴らしさに息を呑んだ。
 そして、3人によるブランドの説明には今までの様々なドラマと強い思いが詰まっているだけでなく、これからこの紺碧によって作られるであろう新しいドラマをイメージさせる素晴らしいプレゼンテーションでもあった。こんな素敵なプレゼンができるなんて、その能力の高さとセンスのよさに脱帽。
 交流会も一味違うもので、たくさんの刺激にあふれていた。そして、良い出会いがあった。早速それは、新しい展開に発展しそうだ。
 素晴らしい交流会にお声掛けいただき、ありがとうございました。
posted by 坂本竜男 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具

2019年08月23日

GX8用の標準単焦点レンズを考える

 ルミックスGX8のポテンシャルの高さと面白さにハマっている今日この頃。しかし、せっかくの軽量なマイクロフォーサーズなのに、ちょっと大きいオールドレンズしか最近は使っていない。しかも、所有しているレンズはすべて望遠。やはり、GX8の特性を生かした軽量コンパクトで画質の良い標準域の単焦点レンズを使ってみたい。そこで、ちょっと調べることにした。
 マイクロフォーサーズの標準域(35mm換算で50mm前後)の単焦点レンズは種類も多い。ルミックス、オリンパスはもちろん、シグマやフォクトレンダー、ヘンイージアや七工匠といった中国のメーカーなどかなり豊富だ。
 では、標準単焦点レンズに何を求めるのか。それはフットワークの軽さ、レンズの明るさ、スナップショットからテーブルショット、ポートレートまでこなせる汎用性の広さ、そして安価であること。
 これらを踏まえて考えると、パナライカとオリンパスPROレンズは価格で外れる。これは後々必要に応じて検討すればいい。シグマ30mmF1.4は魅力的だが、35mm換算で60mmは少々画角が狭い。フォクトレンダーは価格も高いしMFなので、今はなし。中国製メーカーもMFのみなので、今回は外す。
 そうなってくると、ルミックスとオリンパスの20mm前後の単焦点になる。GX8で使うことを考えると、ルミックスの方が性能をしっかり発揮するはず。
 で、候補としてあがるのはこの二つになった。


lens.jpg
LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.



00000001424015_A01.jpg

LUMIX G 20mm / F1.7 II ASPH.


 25mm F1.7は、おそらくマイクロフォーサーズのAF単焦点では最安値。それでいて画質の評判は良い。いわゆる撒き餌レンズだ。キヤノンのEF50mm F1.8を思わせる。
 しかし、キヤノンと違うのはAFが早いこと。そして特性が優秀なこと。この二つに関しては上位モデルであるパナライカ25mm F1.4よりも優れている。マイクロフォーサーズ最初のAF単焦点レンズとしてはとても扱いやすいはずだ。

 一方、20mm F1.7は、いわゆるパンケーキレンズ。コンパクトなだけでなく、薄くて軽い。それでいて神レンズと言われる画質を誇る。25mm F1.7ほどではないが、もちろん価格も安い。
 個人的にいいなと思っているのは、35mm換算で40mmという絶妙な画角である。50mmでは狭すぎ、35mmでは広すぎるというケースは意外にある。50mmよりも使いやすい画角と感じる人も多いのではないだろうか。
 唯一の欠点はAFの遅さと作動音のうるささ。このあたりはキヤノンEF50mm F1.8とよく似ている。基本設計が古いから仕方がないのだが、ここは多少価格が上がってもAFを改善したmk3を出してほしい。

 今のところ、安くて扱いやすく、画質もいい25mm F1.7に傾いている。同じ焦点距離では、より画質が良く質感の高いパナライカがあるが、AF性能を考えるとルミックスで良いだろう。
 AF性能の差でルミックス25mm F1.7が最有力だが、撮りたいものによってそれは変わる。オールマイティなレンズなんてない。それが単焦点ならなおさら。スナップショットや風景の比重が高ければ、オリンパス17mm、パナライカ15mm、ルミックス14mmも候補になるだろう。しかし、これらは標準というより広角レンズ。広角はまた別の機会で検討しよう。
posted by 坂本竜男 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月22日

今日もNewFD 200mm F4 Macroで散策

19.8.222.jpg

19.8.223.jpg

19.8.224.jpg

19.8.225.jpg

19.8.226.jpg

19.8.227.jpg

 今日も、今一番お気に入りのレンズ、NewFD 200mm F4 Macroを持ち出して近所を散策。
 今日は雨こそ降ってないが、あいにく風が強い。マクロ撮影には酷な条件だ。よって、手振れ写真を増産することになるが、それでもGX8の手ぶれ補正に助けられ、何枚かはまともに撮ることができた。
 このレンズの良さは、解像度の高さやボケの滑らかさだけではない。色乗りの良さ、色の出方がなんともいえず良いのだ。とても自然でありながら程よくこってりさがあって、とても印象に残る描き方をする。それに、立体感もなかなかのもの。被写体の立体感や存在感、そしてその周りの空気感まで描き出す。もちろん、うまく収めれれば、の話だが。
 GX8で使うと超望遠マクロになるため、とてもピントはシビアだ。本来は三脚にすえるべきものを手持ちで撮るのだから、その難しさはなおさらである。もちろん絶対必要なケースでは三脚を躊躇なく使うが、せっかく手持ちできる重さなのだから、手持ちでどこまでいけるかやってみたいとも思っている。このレンズはそれを挑戦するだけの魅力がある。
posted by 坂本竜男 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

Immigrés

19.8.221.jpg

 今日のBGMは、ユッスー・ンドゥール。セネガルの世界的ミュージシャンだ。
 ユッスーはアフリカのミュージシャンの中では、いち早くセネガルの伝統音楽にポップミュージックのエッセンスを取り入れ、独自の音楽スタイルを確立してきた。このアルバムの発表は1988年。ピーター・ガブリエルとの共演で世界的に注目されてきたころの作品だ。
 「Immigrés」はこの翌年にリリースされる「The Lion」や、さらにその翌年の「SET」と比べると、決してロック色は強くない。しかし、若きユッスーの素晴らしき伸びやかな歌声はとても魅力的。音楽的にも、アフリカ音楽をベースにした良質なポップミュージックだ。彼のアルバムの中ではあまり知られていない初期の作品だが(おそらく日本ではリリースされていない)、是非、聴いてほしい作品だ。
posted by 坂本竜男 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

レンズ整理に踏み切る理由

 レンズ整理を決意したのには、当然理由がある。稼働率が極端に低いレンズが出てきて、無駄に増えた感が強くなったからなのだが、その直接の原因は二つ。一つは6D mark IIの導入で、メイン機がより高画素化したこと。そしてもう一つはルミックスGX-8の導入である。
 GX-8は2,000万画素クラスだから、僕の機材の中では高画素化しているわけではない。だが、マイクロフォーサーズならではのメリットと想定以上の画質で、大きく重いフルサイズ用のレンズの出番が大幅に少なくなったのだ。
 機材が軽量コンパクトになるメリットは大きい。フットワークが軽くなるし、撮影の自由度が増すからだ。それでいて画質も良い。多くのレンズは手ぶれ補正もつく。そして比較的安価だから恐れ入る。
 例えば、ルミックス45-175mmは35mm換算で90-350mmの焦点距離をカバーするが、重量はわずか210g。これが90cmまで寄れる。フルサイズやAPS-Cではありえないことだ。これで定価は5万円少々。望遠側は遠距離ではやや甘いが、それ以外は思いのほかシャープ。解像度は意外に高い。それに加え撮影の自由度を考えると、大きく重いシグマ100-300mmを持ち出す気にはならない。解像度とボケの大きさでは確かにシグマに軍配があがるが、それ以上のメリットがルミックスにあるのである。
 タムロンのアダプトール2レンズの出番が減ったのも、同じである。アダプトール2レンズは、画質の良さ以外にもマクロ的に寄れるという大きなメリットがあった。しかし、マイクロフォーサーズのほとんどのレンズは、タムロン以上に寄れるのである。レンズによっては、マクロレンズではないのにハーフマクロ以上で使うこともできる。ボケの大きさ以外では全てマイクロフォーサーズに軍配があがるのである。
 そういうわけで、随時レンズ整理に取り掛かり始めている。その一方で、GX-8用のレンズは新たに導入する必要はあるだろう。トータルでは出費の方が多くなるのは免れないようだ。
posted by 坂本竜男 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月21日

レンズのリストラ候補

 今日、トキナーRMC500mm F8を改めて試したのは、レンズ整理の意味もある。今、所有しているレンズ本数は31本。譲っていただいたものもあるが、気がついたら随分増えたものだ。
 しかし、もちろんこれらを全て使い込んでいるわけではない。中には1年以上使ってないものもある。そこで、使用頻度が少ないレンズを改めて試してみて、必要かどうか検証しているわけだ。
 では、所有しているレンズで稼働率が低いものはどれか?リストラ候補をメーカー別にみてみることにした。
 まずキヤノンEFレンズ。基本的には単焦点レンズは使用頻度そのものは決して高くないが、確実に使用するシーンがある。一方、ズームは24-105mm F4Lが、24-70mm F2.8Lの導入でほぼ使わなくなってしまった。旅行にはいいかもしれないが、それならもっと軽量コンパクトにできるルミックスにした方が快適だ。付き合いの長いレンズなので手放すのは気がひけるが、キヤノン純正では有力候補である。
 キヤノンFDレンズは今の所、手放す予定のものはない。ただ、将来的には単焦点だけになる可能性はある。
 次はキヤノンの次に多いタムロン。タムキューことSP 90mmマクロは古いとはいえ、まだまだ現役。使用頻度は高い。だが、使用頻度が高いタムロンはそれだけ。一時はハマって使っていたアダプトール2レンズも、カメラを6Dから6D mark IIへ高画素化したことにより、少々アラが見えてきた。6Dをオールドレンズ専用として残すなら、まだ所有する意味はあるかもしれないが、正直なところ、アダプトール2レンズは全てリストラ候補だ。問題は売却するにもほとんど値がつかないことか。
 シグマは50mmマクロは使い勝手も画質も良い。一方、100-300mm F4は、一気に稼働率が下がった。画質は良いが、やはり大きく重いし、手ぶれ補正もない。この焦点距離は今後ルミックスが担うことになるだろう。
 つづいてトキナー。RMC500mm F8は前述の通り、手放す予定。微妙なのはAT-X 280 AF PROである。標準ズームはほぼキヤノン24-70mm F2.8Lが担っていて、稼働率そのものはかなり低い。しかし、絞り開放でのソフトながら芯のある独特な描写と、絞ったときの解像度の高さは捨てがたい。今のところ、RMC500mmのみか。
 アサヒ・ペンタックスのオールドレンズはどれも画質がいいので残しておきたいところだが、200mm F4は最短撮影距離が長いこともあり、ほとんど使っていない。GX8で使って検証してから検討したい。
 ほかのオールドレンズもペンタックスと同様だ。準広角から標準レンズは画質も使い勝手も問題ない(リコーはやや使いにくいが)。昔の望遠レンズは寄れないところが使いづらい。レアなエリカー200mmもGX8で検証してからの判断になるだろう。
 というわけで、リストラ候補は下記の通り。
・キヤノン EF24-105mm F4L IS USM
・シグマ APO 100-300mm F4 EX DG HSM
・トキナー RMC 500mm F8
・タムロン SP 28-80mm F/3.5-4.2(27A)
・タムロン SP 70-210mm F/3.5-4(52A)
・タムロン SP 70-210mm F/3.5(19AH)
・タムロン SP 60-300mm F/3.8-5.4(23A)
・タムロン 35-70mm F/3.5(17A)
・タムロン 70-150mm F/3.5(20A)
・アサヒ・ペンタックス Super Takumar 200mm F4
・エリカー AUTOMATIC 200mm f3.5
全部で11本。一番売れそうなレンズが、手放すと一番後悔しそうだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

GX8でトキナーRMC500mm F8を試す

19.8.211.jpg

 今日はGX8で、トキナーRMC500mm F8を試してみた。M42マウントのミラーレンズで、絞りはF8固定。最短撮影距離は1.5mと、この焦点距離としてはかなり寄れるのが特徴だ。
 レンズを装着すると、レンズが大きくはあるもののバランスはそんなに悪くない。マイクロフォーサーズとしては大柄なボディと、レンジファインダータイプのデザインが効いている。

19.8.212.jpg

19.8.213.jpg

 早速、撮ってみる。35mm換算では1,000mmの超望遠になるので、すべて三脚に据えての撮影である。
 フルサイズで使った時と同様、解像度は低い。液晶で拡大してピンを合わせるのだが、どう合わせてもシャープに決まらない。それに、少しモヤがかかったような感じになってしまう。色もややくすんだ出方だ。
 ミラーレンズ特有のリングボケは、うまく出すことができれば表現の一つとしては面白い。しかし、これを自由に出せるかというと、意外に難しい。

19.8.214.jpg

 JR鳥栖駅にて。暑さで空気が揺らいでるせいか、どうやってもピンがこない。全体的に眠い絵になってしまうが、これはそれに加えて少し空気が揺らいでいる。1,000mmならではの圧縮効果は面白いのだが…。

19.8.215.jpg

 絞りはF8固定でマイクロフォーサーズで使うから、500mm望遠(1,000mm相当)でもマクロ以外は意外にボケにくい。被写体と背景の位置関係を考えるとちゃんとボケるが、ピンがきているところはシャープさが欲しい。

19.8.216.jpg

 これは、ややマクロ的な撮り方。これは色の出方やボケ味、リングボケも割と上手くいった方か。しかし、もう少し質感が欲しいところ。キヤノンに比べると表面的な表現だ。

 トキナーRMC500mm F8は、今や少なくなったミラーレンズで、500mmという超望遠ながら軽量コンパクトに収まっている。1.5mまで寄れるのも魅力で、上手く使えば面白い写真が撮れる……はずだったのだが、使いこなしはかなり難しいものがある。F8固定というのも使いにくさにつながっている。GX8での使用は、それが特に目立った印象だ。
 それだけ使いこなしが難しくても、画質が良ければ十分に価値がある。RMC500mmは、ミラーレンズとしても画質はそんなに悪くないが、他のレンズと比べるとかなり劣ると言わざるを得ない。せめてリングボケをもっと簡単に効果的に出せれば、とも思うのだが。
 フルサイズで500mm、マイクロフォーサーズで1,000mmという超望遠を手軽に楽しめるのは素晴らしいが、500mmクラスであればマイクロフォーサーズでもっと簡単に手に入る。画質もそちらの方がいい。僕の使用機材ではRMC500mmを使い続ける理由はなさそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月20日

GX8でSMC TAKUMAR 50mm F1.4を試す

19.8.209.jpg

 ずっとFDレンズばかりだったので、M42-M4/3マウントアダプターもあることだし、久しぶりにSMC TAKUMAR 50mm F1.4を引っ張り出してみた。(とは言っても、マイクロフォーサーズで使うと中望遠になってしまうのだが)
 装着すると、GX8との見た目の相性もなかなか。レンジファインダータイプと、オールドレンズのデザイン的な相性はやはり良い。

19.8.2010.jpg
 何気ない近所の住宅地を絞り開放で撮る。さすがにソフトフォーカスがかかったような写り。ボケは意外にほどほど。フルサイズで使っていた時のじゃじゃ馬感は薄れる。意外に色乗りはあっさり。6Dで使っていたときと印象が少し違う。中央部分の画像を切り出しているからか?

19.8.2011.jpg

19.8.2012.jpg
 マクロ的に撮ってみる。絞りはF2。しっかりボケるが、ピンがきているところはシャープだ。フルサイズのときよりもシャキッとしている。

19.8.2013.jpg

19.8.2014.jpg

19.8.2015.jpg

 いずれもF2。思い切りボカしたいならマクロ的に最短撮影距離(45cm)近くで撮れば、かなりボケるしフルサイズのときよりも画像が破綻しにくい。一方、少し距離をとるとボケは控えめ。そして、ちょっとうるさくなる傾向がある。背景の選び方に注意が必要かも。
 GX8でSMC TAKUMAR 50mm F1.4を使うと焦点距離は倍になるが、そのぶん寄って撮れることにもなり、意外に使いやすかった。色乗りはややあっさりだが、解像度は高く、フルサイズで使うよりも現代的な写りに近づく印象だ。
 今日は曇っていたので、今度は晴れの日に光を取り込んだ撮影に挑戦してみたい。おそらく、オールドレンズらしさを加えることができるはずだ。
posted by 坂本竜男 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH. もうすぐ発売!

19.8.208.jpg

 マイクロフォーサーズの世界で前から話題になっているレンズ、LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7 ASPH. が22日に発売が開始される。
 パナソニック製ライカの、35mm換算20-50mmという広角から標準までをカバーするF1,7通しの、マイクロフォーサーズの中でも群を抜く明るいズームレンズだ。ゆえにその大きさと重さ(690g!)、そして27万円という価格になっている。マイクロフォーサーズは軽量コンパクトさが売りではなかったのか?と思わなくもないが、マイクロフォーサーズだからこの大きさと価格におさめることができたのだろう。
 今の所、実売は21万円ほど。十分に高価なレンズだが、この一本があれば複数の単焦点レンズは必要なくなる可能性が高い。ライカ 12、15、25mm(もしくはルミックスG 25mm)、ルミックスG 14、20mmの5本を1本にまとめつつ、10mmからカバーできることになる。
 ライカブランドらしい高級感のある作り、防塵防滴、マイナス10度の耐低温仕様、高速高精度AFと性能も仕上げも抜かりはない。
 画質は、作例を見る限り、とても素晴らしい。ややこってりしている感はあるが色乗りもよく、抜けもとてもいい。解像度も高く、ボケもなめらかで美しい。質感も良く表現する。この価格と大きさ・重さが問題にならないなら、間違い無く「買い」のレンズだろう。
 個人的には標準域をこの明るさで実現したズームがあればと思うのだが…。でも、今はフルサイズに力を入れているから、可能性は低いかな?
posted by 坂本竜男 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

雨上がりを切り取る

19.8.201.jpg

19.8.206.jpg

19.8.205.jpg

19.8.207.jpg

19.8.204.jpg

19.8.202.jpg

19.8.203.jpg

 雨上がりの近所をNewFD200mm F4 Macroで切り取る。普段、目に入りにくいマクロの美しい世界を見せてくれるのは当然だが、このレンズは儚さ、そして儚さにある独特の美しさも表現するように感じる。ひょっとしたら、そこは今のレンズにはないものなのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月19日

レディ・ソウル

19.8.193.jpg

 今日のBGMは、アレサ・フランクリンの傑作「レディ・ソウル」。たった30分とは思えない内容の濃いアルバムだ。若き彼女の歌声は、ソウルフルで美しく力強い。心にダイレクトに届く浸透力と説得力がある。
 ジェイムス・ブラウンの「マネー・ウォント・チェンジ・ユー」、後にジェフ・ベックのアルバムでロッド・スチュアートが歌い上げたカーティス・メイフィールド/インプレッションズの「ピープル・ゲット・レディ」など素晴らしきカヴァー。そして、きわめつけはキャロル・キングの「つづれおり」にも収録された美しき名曲「ナチュラル・ウーマン」。アルバムの末尾を飾る「エイント・ノー・ウェイ」。とにかく聴きどころしかないアルバムだ。史上最強の歌姫と称されるアレサ・フランクリンの最高傑作と言う人が多いのも頷ける。CDしか持ってないけど、LPが欲しいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

レオフォト NB-46Xに問題?

19.8.191.jpg

 先日のセミの撮影の時に感じた気になる点(というか問題点)。それは自由雲台レオフォトNB-46Xである。
 フレーミングを決めてから固定する際に、フレームのズレが大きいのだ。大きく上にズレてしまう。今までここまでのズレは感じたことはなかった。EF70-200mm F2.8L USMでも気になるほどのズレはなかったのである。
 これはマイクロフォーサーズで400mm相当、しかも撮影倍率2倍ということが大きく、今まで気にならなかったズレが目立つようになったからなのか。それともレオフォトNB-46Xの限界なのか。改めて検証してみることにした。
 NB-46Xは、ジッツオ2型にマッチする自由雲台の中では、ボール径は46mmと他社同クラスよりも大きい。作りの精度の良さも感じていたので、このフレームのズレの大きさは意外だった。
 しかし、ボディを持ちながらフレーミングを決め、その状態で固定すると、大きく上にズレる。レンズを持ちながらでも同様だ。
 そこで、固定した状態でボディやレンズを触ってみた。すると、固定するときと同様にフレームが上下にズレる。そのズレの大きさは固定時と同じくらいだ。そう、レオフォトNB-46Xが原因ではなかったのである。
 どうもレンズの鏡胴の剛性(しなり)、マウントの剛性、マウントアダプターの剛性、三脚座の問題、三脚座に取り付けているクイックリリースプレートの問題と、様々な要素が絡んでいそうだ。
 レンズやマウント、マウントアダプターなどの問題はどうしようもない。簡単にできることとして、クイックリリースプレートをドライバーでしっかり固定し直した。あとはフレーミングの決め方を変えてみることにした。
 フリクションコントロールを多めにかけた。レンズやボディに手を触れなくても動かない程度にである。それからフレーミングを決め、固定をしてみた。すると、フレームのズレは今までと同様、最小限に止まった。わずかに上にズレるが、この程度なら十分許容範囲である。

19.8.192.jpg

 これで自由雲台の買い替えは免れた……と思ったが、まだ気になることが。それはNB-46Xのフリクションコントロールの使い心地がイマイチなのだ。ダイヤルでフリクションのかかり具合を調整するのだが、カチッカチッと段階ごとにクリック感がある。これがクリック感があるときにフリクションがベストだったらいいのだが、大抵は強すぎか弱すぎ。クリック感のない中間でも可能ではあるが、イマイチ使い心地が良くない。せっかく、作りの精度自体はいいのに、ここだけが残念である。
 フリクションコントロールは今の自由雲台ではとても大事な部分の一つ。この部分の使い心地は、撮影時のストレスにもなりかねない。やはり、ここは定評あるアルカスイスやカーク、RRSを検討した方がいいのだろうか?それとも、使っているうちに慣れるものなのかな?
posted by 坂本竜男 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月18日

マイクロフォーサーズのレンズについて

 ルミックスGX8を導入して、色々な意味で認識を改めさせられている。その中でも痛感しているのは、マイクロフォーサーズはフルサイズ以上にレンズにシビアであるということだ。これは、一見軽量コンパクトだけどチープなマイクロフォーサーズ専用レンズが、意外なほどの品質の高さを持っていることの裏付けでもある。
 このことは、キヤノンのFDレンズを使い始めてから感じたことである。フルサイズミラーレスで画質の良さを見せるレンズが、GX8ではそこまで高解像度ではないのである。販売価格も安いルミックス45-175mm F4-5.6よりも劣るのだ。
 もちろん、画質は解像度だけで決まるものではない。実際、印刷物になった時は大きく伸ばさない限りは、その解像度の差はほとんど感じないだろう。だが、PCでピクセル等倍で見ると(それにどれだけ意味があるかどうかは、別の問題だが)、その差はしっかりと出ている。
 一方、同じFDレンズでも、高解像度のレンズだと素晴らしい画質を見せる。マウントアダプターでほとんど全てのオールドレンズが使えるとはいえ、マイクロフォーサーズで高画質を望むなら、レンズのクォリティはできるだけ高い方がいいということだ。オールドレンズから選ぶなら、単焦点の方が無難だろう。
 マイクロフォーサーズ専用のレンズは、開放から高解像度のものが多い。安価でチープな外観のレンズでも、ハッとさせられる画質を見せるものも少なくない。これらのレンズの特性を理解しながらマイクロフォーサーズのレンズを選びつつフルサイズとうまく共存させれば、費用とサイズ・重量を適度に抑えながら理想に近い撮影システムを作り上げることができるに違いない。
posted by 坂本竜男 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

萱方の家

19.8.181.jpg

19.8.182.jpg

 今日は、class archさんのオープンハウス「萱方の家」へ。
 母屋のすぐ隣に建つ息子さん夫婦の家なので、家は比較的コンパクト。しかし、グラスエリアが広く、リビングは屋外に近い光に満ちた明るさ。実際以上の広さを感じる。
 ほかにも、玄関からのアプローチ、屋内と屋外をつなぐようなユニークなディテールなど、一味違う面白さがある。
 はたして、この家に込められたものとは……。それは来月発行のエゴイスタスに掲載予定。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2019年08月17日

1995

19.8.177.jpg

 今月3日のアン・サリーさんのコンサートでも歌われた「満月の夕」が聴きたくて、久しぶりに引っ張り出す………つもりだったが、我が家にCDがない。持ってたつもりで持ってなかったのか、どこかへ行ってしまったのか。というわけで、改めて購入した。
 阪神淡路大震災のあとにリリースされたこのCD。このアルバムに込められているものは、とても深く大きいものだが、そのメッセージ性や音楽の背景などを抜きにして、単純にカッコよく、そして深く染み入るアルバムだ。じっくり、何度も繰り返し聴きたくなる。刻み込みたくなるアルバムだと思う。決してメディアに多く出るバンドではないが、多くの人たちに知ってほしい。そして聴いてほしい。
posted by 坂本竜男 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ