2019年08月03日

アン・サリー ライブ 2019

19.8.3-1.jpg

 今日はおりなす八女で、アン・サリー ライブ。デビュー当時から知ってはいたものの、はずかしながらライブは初めて。しかも、僕が知る彼女の歌声はだいぶ前の話で、最近の彼女の活動には疎かった。それもあって、今回のライブは良い意味で想像しているものとは大きく違うものだった。
 デビュー当初は洋楽のカヴァーが中心だったと記憶しているが、それらはもちろん、他にも邦楽、ボサノバ、沖縄などカヴァーも多岐にわたる。そして、きわめつけは素晴らしいオリジナル曲。日本語の美しさが染み入る美しい曲が心に響く。ジャズをベースにしているものの、ジャンルや国境を超えた音楽は、広い世代の人たちが純粋に楽しめるものばかり。実際、会場は子供からお年寄りまで幅広い年齢層のお客さんで埋め尽くされていた。
 バックメンバーも含め、その歌唱力と演奏力、そして音楽性は素晴らしいものがある。しかし、驚くべきは、それらよりも先に音楽の純粋な楽しさが最初に来るのである。だからこそ、広い世代の人たちに支持されるのだろう。機会があれば、是非また行きたいライブだ。
posted by 坂本竜男 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ