2019年08月18日

マイクロフォーサーズのレンズについて

 ルミックスGX8を導入して、色々な意味で認識を改めさせられている。その中でも痛感しているのは、マイクロフォーサーズはフルサイズ以上にレンズにシビアであるということだ。これは、一見軽量コンパクトだけどチープなマイクロフォーサーズ専用レンズが、意外なほどの品質の高さを持っていることの裏付けでもある。
 このことは、キヤノンのFDレンズを使い始めてから感じたことである。フルサイズミラーレスで画質の良さを見せるレンズが、GX8ではそこまで高解像度ではないのである。販売価格も安いルミックス45-175mm F4-5.6よりも劣るのだ。
 もちろん、画質は解像度だけで決まるものではない。実際、印刷物になった時は大きく伸ばさない限りは、その解像度の差はほとんど感じないだろう。だが、PCでピクセル等倍で見ると(それにどれだけ意味があるかどうかは、別の問題だが)、その差はしっかりと出ている。
 一方、同じFDレンズでも、高解像度のレンズだと素晴らしい画質を見せる。マウントアダプターでほとんど全てのオールドレンズが使えるとはいえ、マイクロフォーサーズで高画質を望むなら、レンズのクォリティはできるだけ高い方がいいということだ。オールドレンズから選ぶなら、単焦点の方が無難だろう。
 マイクロフォーサーズ専用のレンズは、開放から高解像度のものが多い。安価でチープな外観のレンズでも、ハッとさせられる画質を見せるものも少なくない。これらのレンズの特性を理解しながらマイクロフォーサーズのレンズを選びつつフルサイズとうまく共存させれば、費用とサイズ・重量を適度に抑えながら理想に近い撮影システムを作り上げることができるに違いない。
posted by 坂本竜男 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

萱方の家

19.8.181.jpg

19.8.182.jpg

 今日は、class archさんのオープンハウス「萱方の家」へ。
 母屋のすぐ隣に建つ息子さん夫婦の家なので、家は比較的コンパクト。しかし、グラスエリアが広く、リビングは屋外に近い光に満ちた明るさ。実際以上の広さを感じる。
 ほかにも、玄関からのアプローチ、屋内と屋外をつなぐようなユニークなディテールなど、一味違う面白さがある。
 はたして、この家に込められたものとは……。それは来月発行のエゴイスタスに掲載予定。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築
Powered by さくらのブログ