2019年08月24日

ドゥワンディーのセンレック・ヌアトゥン

19.8.241.jpg

 今日のランチは福岡のタイ料理屋さんドゥワンディー。タイの方達が運営しているお店だ。
 注文したのはセンレック・ヌアトゥン。牛肉の薬膳煮込みヌードルである。八角、桂皮などをじっくり煮込んだスープは、さわやかな酸味と甘みがクセになる。その独特のスープと食べ応えのある牛肉のコントラストがまた良い。さっぱりと食べれるが、それでいてしっかりと食べ応えもある。これは美味しい!

19.8.242.jpg

 ちなみにランチはすべてのメニューにタピオカのデザートつき。これも嬉しい。ここもまたリピートしたいお店です。
posted by 坂本竜男 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

琉球居酒屋 アカチチ

 交流会の後は、交流会で意気投合した方達と食事へ。会場からちょっと歩いたところにある、琉球居酒屋 アカチチへ。

19.8.237.jpg

19.8.238.jpg

19.8.239.jpg

19.8.2310.jpg

19.8.236.jpg

19.8.2311.jpg

 オリオンビールの生でスタート。軽やかな美味しさが嬉しい。そして定番のゴーヤチャンプルー、あぐー餃子、ステーキ…。どれも美味しい!
 極め付けはトーフヨーと琉球泡盛「北谷 長老」の組み合わせが抜群!あまりにも美味しくて、飲みすぎました…。福岡で沖縄料理を食べたくなったら、また足を運びたいお店です。
posted by 坂本竜男 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

パリス・ダコスタ・ハヤシマ シャンパン交流会

19.8.231.jpg

19.8.232.jpg

19.8.233.jpg

19.8.234.jpg

19.8.235.jpg

 昨夜はエゴイスタスでもおなじみ、福岡発の高級腕時計ブランド パリス・ダコスタ・ハヤシマのシャンパン交流会。ブランドの第1作目の腕時計「紺碧」を自由に触れることができる。会場ではシャンパンがふるまわれ一味違う方たちが集う、上質で面白い交流会だ。
 久しぶりに実物を目にする「紺碧」は、高級感に溢れ、上質でスマート。「どうだ」という感じが微塵もなく、日本的な奥ゆかしさを持ちながら、どこにもない独自の存在感と品格がある。福岡デザインでスイスメイド。福岡とスイスの素晴らしい職人さんと、ブランド創業者3人の思いとドラマが詰まった逸品だ。改めてその素晴らしさに息を呑んだ。
 そして、3人によるブランドの説明には今までの様々なドラマと強い思いが詰まっているだけでなく、これからこの紺碧によって作られるであろう新しいドラマをイメージさせる素晴らしいプレゼンテーションでもあった。こんな素敵なプレゼンができるなんて、その能力の高さとセンスのよさに脱帽。
 交流会も一味違うもので、たくさんの刺激にあふれていた。そして、良い出会いがあった。早速それは、新しい展開に発展しそうだ。
 素晴らしい交流会にお声掛けいただき、ありがとうございました。
posted by 坂本竜男 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具・文具
Powered by さくらのブログ