2019年09月08日

橋本屋綾部ぼたもち店のぼたもち

19.9.99.jpg

 綾部神社といえば、綾部ぼたもち。まず驚くのがたっぷりのあんこ。その中に小ぶりなお餅。ほどよい甘さで、お餅もやわらかいだけでなく、いい意味で緩さがあって、ボリュウムがあってもペロッといけてしまう。あんこ好きには、たまらない美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

暑い秋の茶畑

19.9.98.jpg

 八女に行く途中の茶畑。今はお茶の時期ではないけれど、茶畑の緑はとてもキラキラしていて、とても綺麗。そして、ちょっとワイルド。お茶のシーズンのとは表情が違うから面白い。
posted by 坂本竜男 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

綾部神社に参拝する

19.9.92.jpg

19.9.93.jpg

19.9.94.jpg

19.9.95.jpg

19.9.96.jpg

19.9.97.jpg

 三瀬から帰る途中、みやき町の綾部神社に参拝した(本当は、有名なぼたもちが一番の目的)。
 日本最古の天気予報といわれる「旗上げ神事」「旗下ろし神事」で知られ、旗のなびき具合で風雨の襲来や農産物の豊凶を占うそうだ。日本最古の気象台である。
 階段を上がり、境内に入ると、拝殿の両脇のイチョウの大木が印象的だ。紅葉の季節は黄色く色づいたイチョウの葉が、境内一面を覆い尽くすそうだ。そして、春は桜やつつじも綺麗なのだそうだ。
 実は地元なのに、来るのは初めて。由緒ある立派な神社だし、季節ごとの表情もまた美しい。定期的にお参りに来なければ。
posted by 坂本竜男 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

三瀬そばの板そばと天ぷらの盛り合わせ

19.9.91.jpg

 今日のランチは、三瀬の三瀬そば。早い時間から行列が並ぶ、蕎麦の人気店だ。
 お客さんはとても多いが、スタッフの人たちの手際も良く、人が多い割にはそれほど長くは待たずに席につけた。
 注文したのは板そば(並)と天ぷらの盛り合わせ。これだけで大人二人分としては十分なボリュウム。その割に金額はお手頃。とても良心的だ。
 そばは、やや太めで重量感がある。しかも量も多め。しっかりと食べ応えがある。それに対し、天ぷらは全体的に軽やか。トータルではしっかりとそばの存在感があり、それに天ぷらが花を添える印象。いいバランスだ。
 適度に手軽さがあり、かといって品質を下げることもなく、ちゃんと美味しくボリュウムもある。色々な意味でちょうどいいおそば屋さんのように思う。今度はぶっかけかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ