2019年10月19日

トラベル三脚を考える

 仕事で使う三脚はジッツオとハスキーの二枚看板で固定された感がある我が家の機材だが、もちろんこの二つだけで全てをまかなえるわけではない。移動しながらの撮影時に三脚が必要なケースがどうしてもあるが、ハスキーはもちろんジッツオ2型でもちょっとだけ大きく重いのだ。
 その多くは長時間露光が必要なケースである。意外に望遠レンズは少ない。GX8の導入で、ますます望遠での三脚使用は減っていくと思われる。一方、手ぶれ補正がボディとレンズの両方で効くミラーレスでも、ある程度の時間を超える露光ではやはり三脚は必須。もう少し小型の三脚があれば…と思うことが増えてきた。
 となると、真っ先に思う浮かぶのがトラベル三脚。脚を180度反対方向にたためるタイプの三脚である。

19.10.3-5.jpg

 このタイプの三脚なら、機内持ち込みができるスーツケースにも収まる大きさにたたむことができる。そして、大抵は軽量だ。ただ、三脚の脚を逆にたたむ煩わしさはどうしてもある。
51uewWjX5qL._SY606_.jpg

 そこで目をつけたのがレオフォトのレンジャーシリーズ。センターポールをなくすことで、畳んだ時の総外径を小さくすることができるし、センターポールがない分、同じパイプ径のトラベル三脚よりも軽い。同じ重さなら、より太いパイプ径を選ぶことができるので、安定性や剛性、耐荷重でも有利だ。
 レオフォトの製品は最近、評判がいいし、これは良い!と思ったが、伸長が短い。つまり、高さが足りないのである。せめてあと10cm、できれば15cmは欲しい。
 ということで、本命かと思ったレオフォトは候補から外れることに。マンフロットは定番だが、雲台に不満があるのでそれを交換することを考えると、ちょっと考えてしまう。ジッツオやRRSは良いけど高すぎる。割と評判が良くコスパも良さそうなバンガードは、個人的にはデザインや質感が好みから外れるので、積極的に選ぶ感じではない。ベンロやシルイも同様だ。
 そうなると、あとはマセスくらいか。良さそうな感じはあるが、あまりにも情報が少ない。スペック的にはぴったりなのだが…。
posted by 坂本竜男 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ