2019年11月02日

アトリエKitoTe 和紙を装う

 今日は朝から八女のアトリエKitoTeさんの展示会へ。

19.11.2-6.jpg

19.11.2-1.jpg

 「和紙を装う」というタイトルの通り、今回はボレロやストールなど纏う作品が目をひく。もちろん、新作。丈夫な和紙だからこそできるアプローチだ。

19.11.2-2.jpg

19.11.2-3.jpg

19.11.2-4.jpg

19.11.2-5.jpg

 もちろん、アクセサリーや灯りも充実。他では見れない和紙のアクセサリーは、質感も高く魅力的。そして、灯りもまた表情豊かで素晴らしい。八女和紙の可能性が広がる展示だ。
 毎年、秋に開催されるこの展示会。年々、表現の幅を広げておられるが、次は何が飛び出すのか。それも、とても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2019年11月01日

第6回のれん会寄席 桂文珍の会

19.10.313.jpg

19.10.314.jpg

 昨夜のメインイベントは、パトリア日田で桂文珍独演会。毎年、秋恒例の落語イベントである。
 今回は運良く最前列での鑑賞。至近距離で観る文珍さんの落語は、迫力も空気感も桁違い。笑いはもちろん、グイグイと話に引き込んでいく話術と、情景がリアルに広がる表現力の凄まじさは、本当に素晴らしい。TVでもすごいが生の臨場感はやはりとんでもない。
 今回は6回目の開催ということもあり、より通好みの内容でもあった。たくさんの笑いの中に、落語の奥の深さと幅広さをしっかり堪能できる構成で、本当に大満足の独演会だった。来年も絶対に行かなければ!
posted by 坂本竜男 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

おかあさんのパンのラスク

19.10.312.jpg

 昨日は午後から日田。まずはおかあさんのパンでしっかりパンを買い込む。そのあと、ラスクとコーヒーをいただきながら一息。
 サクサクで小麦の美味しさが詰まったラスクは、ほかのお店にはない美味しさ。大元のパンが美味しいから、ラスクの美味しさも段違い。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) |

ゴウサハラのサトイモ入りカレー

19.10.311.jpg

 昨日のランチは、ひさしぶりに地元のカレー店 ゴウサハラ。
 日替わりランチを注文したら、今回のカレーはサトイモ入り。日本の旬の食材を生かしたネパールのカレー。スパイスが効いた旨味たっぷりのルーに、サトイモの甘みがよく合う。新鮮な美味しさだ。これは良い!!!
posted by 坂本竜男 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ