2019年11月03日

宇佐のマチュピチュ

19.11.3-39.jpg

19.11.3-40.jpg

 帰りに宇佐のマチュピチュ展望所へ立ち寄る。
 「地元の人が秋葉様(火伏せの神)と呼ぶ円錐形の山を背景にした棚田と集落の景観が南米ペルーのマチュピチュに似ている」とのこと。確かにマチュピチュに見えなくもない。霧が出たりすると、よりそれらしく見えるのだろう。でも、マチュピチュに似てようが似ていまいが、素敵な景観だと思うけどね。
posted by 坂本竜男 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

宇佐神宮宝物館

19.11.3-6.jpg

 宇佐神宮参拝の途中に、境内にある宝物館に立ち寄る。
 ここには、宇佐神宮に関係する数百点の文化財が収蔵・展示されている。その中でも目を引くのは、国宝である「孔雀文馨」。大分県にある三つの国宝の一つであり、歴史的にも貴重なものなのだそうだ。
 ほかにも木造金剛力士像や白鞘入剣をはじめとする刀剣など、規模的には決して大きくないが、観る価値のある宝物が並ぶ。宇佐神宮参拝の際は、是非立ち寄りたい場所だ。
posted by 坂本竜男 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

初めての宇佐神宮 その3

19.11.3-32.jpg

 食事のあとは、再び境内へ。まずは菱形池へ。この池のほとりには昭和天皇も立たれたことがあるそうだ。

19.11.3-34.jpg

19.11.3-33.jpg

 そして、頓宮。頓宮は仮殿、または御仮屋。神様が7月末、8月上旬毎年行われる神幸祭に、三日二夜の間御滞在になるのだそうだ。

19.11.3-35.jpg

 護皇神社へ。今は工事中で参拝はできず。鳥居の前まで来て引き返すことに。しかし、今月末には工事は終わる予定だから、秋の終わりに行くのも良いかもしれない。

19.11.3-36.jpg

19.11.3-37.jpg

19.11.3-38.jpg

 菱形池の中にある能舞台へ。菱形池には一面に蓮。そして、池に架かる赤い橋と能舞台。夏はさらに美しいだろうなぁ。

 初めての宇佐神社は、とても新鮮で素晴らしい参拝になった。数多くある神社の中でも特別な存在である宇佐神宮だが、境内に入るとそれ以上のものを感じた。伊勢神宮や出雲大社に通ずる素晴らしさと荘厳さ、そして清らかさがある。参拝後の清々しさがとても印象的だった。できれば年内にもう一度、秋の終わりにまた訪れたい。
posted by 坂本竜男 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

こおした旅館の名物セット

19.11.3-30.jpg

19.11.3-31.jpg

 一旦、宇佐神宮仲見世に戻って昼食。こおした旅館で名物セットをいただく。
 大分名物であるだんご汁ととり天、宇佐名物のあみ御飯がセットになった欲張りな定食である。メニューにはだんご汁はハーフサイズとあったが、実際はなかなかのボリュウム。具材たっぷりで食べ応えがある。やさしく豊かな味で、箸が止まらない。とり天もサクサクジューシー。これももちろん美味い。あみ御飯もまた優しい味。そして、体に染み入る美味しさだ。かなりのボリュウムだったが、どれも美味しくて大満足。あっという間に平らげてしまった。オススメです。
posted by 坂本竜男 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

初めての宇佐神宮 その2

19.11.3-16.jpg

 上宮で参拝したら、今度は下宮へ。その前に亀山神社に寄り道。

19.11.3-17.jpg

 なんと、社が亀の形をした石の上に建っている。

19.11.3-18.jpg

19.11.3-19.jpg

19.11.3-20.jpg

19.11.3-21.jpg

 下宮でも参拝。下宮も上宮と同じく、一之御殿、二之御殿、三之御殿と分かれているので、順番に参拝。

19.11.3-22.jpg

19.11.3-23.jpg

19.11.3-24.jpg

19.11.3-25.jpg

 下宮の次は八坂神社へ。新緑の中で輝いている姿が印象的だ。

19.11.3-26.jpg

19.11.3-27.jpg

19.11.3-28.jpg

19.11.3-29.jpg

 呉橋。西参道にある屋根がついた神橋だ。昔はこちらが表参道だったそうだ。(つづく)
posted by 坂本竜男 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

初めての宇佐神宮 その1

 今日は大分県宇佐市にある、八幡さまの総本宮 宇佐神宮。初めての宇佐神宮参拝である。

19.11.3-1.jpg

19.11.3-2.jpg

 なんとなく知っている程度だった宇佐神宮。実際に来てみると、その規模の大きさ、空気感に驚く。

19.11.3-3.jpg

19.11.3-4.jpg

 ここの狛犬はまるで金剛力士像。筋肉モリモリで力強いのが印象的。

19.11.3-5.jpg

19.11.3-7.jpg

19.11.3-8.jpg

19.11.3-9.jpg

 いよいよ上宮へ。

19.11.3-10.jpg

19.11.3-11.jpg

19.11.3-12.jpg

19.11.3-13.jpg

19.11.3-14.jpg

 そして、参拝。左の一之御殿、中央の二之御殿、右の三之御殿と、順にお参りする。宇佐神宮では二拝四拍手一拝。4回拍手するたびに、宇佐神宮に参拝していることを実感する。
 この特別な感じに、気持ちが高揚する一方、そのあとすぐに清々しい心持ちになる。この新鮮な清々しさに包まれて、上宮を後にした。(つづく)
posted by 坂本竜男 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ