2019年11月12日

暗がりの奥に

19.11.127.jpg

 湯布院 亀の井別荘にて。一面真っ赤に染まる紅葉も綺麗だが、しっとりした暗がりの奥に輝く紅葉には不思議な美しさを感じる。
posted by 坂本竜男 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

仕事用のPHOTO BOOKを作ってみた

19.11.124.jpg

 キヤノンPHOTO BOOKサービスで、自社の仕事用PHOTO BOOKを作ってみた。近年、仕事で撮影した写真を中心に一冊にまとめたものである。
 人物写真が中心だが、料理やブツ撮りなども少しだけ入れてみた。使用カメラはキヤノン6Dと6D mark IIがメインだが、ルミックスGX8とソニーRX100M3の写真も少しだけ入っている。
 こうやって一冊にまとめて、改めて自分の写真を振り返ってみると、良くも悪くも色々な気づきがあるし課題がある。でも、この気づきは前に進むためにはとても大事なことだ。まだまだ、やるべきこと、そしてやれることはたくさんあるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

ミュージックダイアログ

19.11.123.jpg

 先日、八女で色々とお話を伺った、指揮者でヴィオリストの大山平一郎さんが代表理事を務められる「ミュージックダイアログ」が家庭画報の12月号に掲載されていた。
 ダイアログとは対話。ミュージックダイアログでは、この「対話」をテーマにした演奏会を随時開催されている。
 対話と一言で言っても、それには様々な形がある。演奏家同士の対話、聴衆と演奏家との対話、聴衆と音楽との対話、演奏家と音楽との対話、過去・現在・未来との対話などなど。なるほど、音楽とは対話なのだ。
 これは本当に素晴らしい試みで、音楽との距離がグッと近くなるだけでなく、社会的にも大きな意義がある。大山さんはミュージックダイアログだけにとどまらない。地方でもこのような音楽活動を積極的に行われている。とくに、八女はその代表的なもので、毎年好評のおりなす八女音楽塾や、僕も関わらせていただいている近現代ピアノ音楽塾についてもアドバイスをいただいている。
 このような素晴らしい取り組みが、文化を豊かにするだけでなく、人々を元気にするのだと改めて思う。ミュージックダイアログでは素晴らしいコンサートを随時開催されている。ぜひ、公式サイトでチェックしていただきたい。

ミュージックダイアログ公式サイト http://music-dialogue.org
posted by 坂本竜男 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

かんたんカルボラーナ

19.11.122.jpg

 今日のお昼は、余った野菜と卵ととろけるチーズで作った、かんたんカルボナーラ。擦った白ゴマが隠し味。手軽に作れて美味しい!オススメです。
posted by 坂本竜男 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

あだち珈琲のホンジュラス レイナクラロス

19.11.121.jpg

 今朝のコーヒーは、あだちさんのホンジュラス レイナクラロス。アーモンドのようなビターな味わいの中に、フワッと浮き上がる心地よい甘み。口あたりもまろやか。さすが、のクォリティの高さ。これも抜群に美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ