2019年11月26日

ハートライトフェスタ2019

19.11.268.jpg

19.11.269.jpg

19.11.2610.jpg

19.11.2611.jpg

19.11.2612.jpg

19.11.2613.jpg

 今年も始まったハートライトフェスタ。地元鳥栖の鳥栖中央公園で点灯されるイルミネーションである。平日の夜でも人が多く、広い世代の方たちがイルミネーションを楽しまれていた。
 個人的には、ここをこうできたら…というところは多々あるが、それでも限られた予算と人員で続けられていること、そして今や地元の定番イベントになっていることは素晴らしい。イルミの設営や運営が大変なことはよく知っているので、本当に大したものだな〜と思うのだ。
posted by 坂本竜男 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

老松宮(鳥栖市元町)のイチョウ

19.11.265.jpg

19.11.266.jpg

19.11.267.jpg

 もう一つの近所の老松宮は元町。ここは、とてもこじんまりとした神社だ。
 参道を挟んで対に立つ2本のイチョウが印象的だ。イチョウが植えられているのは、防風防災の意味が大きいらしいが、まさに神社を守っているかのようだ。
 曽根崎のイチョウはだいぶ散っていたが、こちらはまだ色づきは半分ちょっと言ったところか。同じ市内の平野部で、ここまで違うのも面白い。環境が違うのだろうが、それ以外にもその違いに意味があるのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

老松宮(鳥栖市曽根崎町)の大楠

19.11.261.jpg

19.11.262.jpg

19.11.263.jpg

 鳥栖には老松宮(老松神社)が調べた範囲で8つもある。その中でも2箇所は我が家からクルマで5分ほどのところにある。一つは曽根崎町、もう一つは元町だ。
 曽根崎町の老松宮は、樹齢500年と言われる大楠が素晴らしい。神社をしっかり守っているかのような、頼もしい姿が迫力もあるが美しくもある。ホントは紅葉を求めて立ち寄ったのだけど、この大楠を目の当たりにすると、そんなことは吹っ飛んでしまうのだった。

19.11.264.jpg

 ちなみに境内にあるイチョウはピークをすぎて、かなり散っていた。紅葉の進み具合は場所によっても違うのは当然だが、ここは市内でもちょっと早いようだ。
posted by 坂本竜男 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物
Powered by さくらのブログ