2020年01月11日

久しぶりにマイクロニッコールPオートを持ち出す

20.1.111.jpg

 普段はずっとGX8ばかり持ち出していたので、気軽に6D mark IIを持ち出すべく、マクロニッコールPオート 55mm F3.5をつけて、近所をぶらぶら。このくらいなら結構身軽だ。

20.1.112.jpg

20.1.113.jpg

20.1.114.jpg

20.1.115.jpg

20.1.116.jpg

 久しぶりに持ち出したが、ハッとさせられる写りだ。タムロンよりもシャープでキリッと被写体を浮き上がらせるが、ガチガチな画ではないところが良い。繊細さと大胆さの両方を兼ね備えているような感じだ。色は基本的には寒色系なので、これは個人的にはレタッチしたくなるが、こちらの方が好みという人も少なくないだろう。

20.1.117.jpg

 空を撮ってみる。無限遠もバッチリ。
 50年ほど前のマニュアルレンズだが、6D mark IIとの組み合わせでは抜群にピントを合わせやすい。画角も標準域なので、付けっ放しにしても良いくらいだ。それにマクロレンズだからしっかり寄れるのもいい。
 今度、シグマ50mmマクロと撮り比べしてみるかな。
posted by 坂本竜男 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年01月10日

今日の鳥栖の夕景

20.1.106.jpg

20.1.107.jpg

20.1.108.jpg

20.1.109.jpg

 今日の鳥栖の夕景は、いつもよりも表情豊かでダイナミック。夕日をバックに列車がうまい具合に華を添え、飛行機雲は太陽に照らされ、まるでレーザービーム。いつも以上に撮りがいのある夕景だった。
posted by 坂本竜男 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

Super Multi Coated TAKUMAR 105mm F2.8をGX8で試す

20.1.100.jpg

 ペンタックスのオールドレンズ Super Multi Coated TAKUMAR 105mm F2.8を、GX8で試してみた。フルサイズでは寄れない中望遠となってしまい出番が少なかったのだが、マイクロフォーサーズでは焦点距離が倍相当になるので使い勝手が良くなるのでは?と思ったのだ。

20.1.102.jpg
絞り開放(F2.8)

20.1.101.jpg
絞りF5.6

 さすがに絞り開放ではソフトだ。ソフトレンズのようである。しかし、F5.6まで絞るとかなり改善する。優等生な写りだ。

20.1.103.jpg
これもF5.6。ちょっと甘いが、独特の雰囲気は出ている。

20.1.104.jpg
F2.8。背景のボケが騒がしいが、うまく使えば独自の表現ができるかも。しかし、実用的ではない。

20.1.105.jpg
F5.6。無難によく写っている。実用的なのはF5.6からか。

 Super Multi Coated TAKUMAR 105mm F2.8は、オールドレンズらしさはちゃんとあるし、追い込めばしっかりとした画質の良さは兼ね備えている。しかし、同じTAKUMARでも55mmほどのインパクトは感じない。同じ中望遠では、絞り開放から安定している135mm F3.5の方が使いやすく、画質も良いような気がする。
 マイクロフォーサーズでは中央右部分しか使わないから、周辺減光は少ないし、オールドレンズのウィークポイントはフルサイズと比べて出にくいが、その分個性が薄れ、平凡なレンズになった印象を受ける。やはりオールドレンズは本来の画角で使うのが一番のようだ。ウィークポイントは決してすべてがウィークポイントで終わるわけではないのだ。
posted by 坂本竜男 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

フルサイズ離れ?

 ちょうど一年前、メインのカメラを6Dから6D mark IIにし、フルサイズでの撮影を強化しようとしていたのに、ルミックスGX8とパナライカ12-60mm F2.8-4のコンビを導入してからは、6D mark IIの出番は一気に減ってしまった。
 でも、これは僕の仕事の内容と必要とされる画像サイズ、そしてマイクロフォーサーズの特性を考えると、とても自然な流れなのだ。

 フルサイズ高画素機の方が画質が良いというのは間違いではない。しかし、それはカメラ単体だけでなく、レンズも含めてトータルで考えなければならない。高画素になればなるほど、レンズの性能もより高いものが求められる。その結果、レンズはどうしても大きく重く高価になってしまう。フルサイズミラーレスがもてはやされているが、ボディに対して大きなレンズが多いのはそのためだ。
 一方、センサーサイズが小さめのマイクロフォーサーズは、ボディだけでなくレンズも小さく作ることができる。オリンパスPROレンズのように性能を追求して物量投入しても、同等のフルサイズ用レンズと比べると半分ほどの大きさに過ぎない。システムのトータルでは大幅なコンパクト化と軽量化が可能だ。
 しかも、2,000万画素というサイズ内ではあるが、マイクロフォーサーズのレンズは高性能なものが多い。オリンパスPROとパナライカはその代表格。部分的にはキヤノンLレンズを凌ぐと感じている。そして、比較的安価レンズにも高画質なものが多いのがマイクロフォーサーズの特徴だ。APS-Cでオマケ程度についてくるキットレンズと同等以上の安さなのに、写りはかなり良いのである。このことを体感した時は流石に驚きを隠せなかった。
 おかげでフルサイズの高性能レンズに全く関心が向かなくなってしまった。それらの写りが良いのはわかっているが、とにかく大きく重く高価だ。大三元レンズをキヤノンの最新型で揃えると定価で90万もするし、とにかく大きく重い。価格は半値になるが、サードパーティ製でもその大きさと重さは変わらない。
 正直、6,000万画素とか必要ないのである。4,000万画素でも大きすぎる。僕の場合は350dpi原寸でA3をカバーできれば十分なので、6D mark II(2,620万画素)で事足りるのだ。もっと言えば、印刷において最大20%程度の引き伸ばしは画質に大きな影響を与えないので、2,000万画素あれば十分なのである。
 そうなってくると、2,000万画素を基準に高画質なシステムを考えたとき、マイクロフォーサーズの方がはるかに軽量コンパクトにできるだけでなく、はるかに効率がいいということになる。しかも撮影のレスポンスは大きく上がる。機動性も大幅に上がる。三脚も大型のものが必要なくなる。

 正直、仕事での効率を考えると、僕の場合はマイクロフォーサーズの方が優秀なのだ。これは僕がグラフィックデザイナーであるからかもしれないが、プロのカメラマンの方でもマイクロフォーサーズを使われている方が意外に多いことを考えると、正しい結論ではないかと思っている。
 では、フルサイズからマイクロフォーサーズに完全に移行してしまうのか?
 これはまだ結論が出ていない。フルサイズでなければ撮れない写真は確実に存在するからだ。とりあえず大三元レンズとアオリレンズだけは残しておくと思う。ただ、今年一年であまりにも出番が少なかったら、さすがに完全移行を考えるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年01月09日

マセス DT-1541T

 実は昨年、しれっとマセスのトラベル三脚を購入していた。

20.1.91.jpg

20.1.92.jpg

20.1.93.jpg

 マセス DT-1541T。カーボン製で4段のトラベル三脚である。重量は1.45kg。パイプ径最大24.5mm。GX8用を想定して購入した。
 もちろん、ジッツオGT2532とは剛性や強度は比べるまでもないが、GX8用として考えると悪くない三脚だ。縮長(折りたたみ時)は475mmとそれほどコンパクトにはならないが、50cmを切っているので個人的には問題なし。フルサイズでも標準レンズから中望遠までは問題ない感じである。
 情報が少ないマセスのトラベル三脚を購入したのは、興味のあるメーカーであることと、代理店であるハクバのアウトレットセールで異様に安かったこと。なんと定価の1/3以下で購入できたのだ。定価の設定が高い気はするが、それを差し引いてもかなり安い。今はそのアウトレット品もなくなってしまったが、良い買い物だった思う。
 昨年まではジッツオの独り舞台だったが、GX8の出番が増えていることもあり、今年はマセスの出番も増えそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

iShoot 汎用L型プレート

 近い将来、G9 PROの導入を予定しているとはいえ、まだまだGX8は仕事の内容では完全にメインでいける品質を持っている。取材系の撮影では大活躍しているし、最近はブツ撮りでも積極的に使っている。ただ、ブツ撮りの時に気になるのが、三脚への固定である。
 横位置での撮影は、peak designのハンドストラップ クラッチを取り付けるプレートがアルカスイス互換になっているので、これを使えば問題ない。しかし、縦位置の時は極めて不安定だ。しかもブツ撮りのように、構図の細かな微調整をしたいときは調整がしにくい。
 通常であれば専用のL型プレートを導入するのだが、GX8は不人気機種なのでどのメーカーも作っていない。汎用タイプしか選択肢がないのである。しかし、多くの汎用モデルはもう少し大型のモデル向けの大きさだ。GX8では大きすぎる。そんな中、使えそうなものをAmazonでやっと発見した。

61QorHRYKcL._AC_SL1500_.jpg

 iShootというメーカーの汎用L型プレートである。
 もともとこれは、コンデジや小型のレンジファインダータイプのミラーレス向けに作られたもののようだ。レンジファインダータイプとしては大柄のGX8ではどうなるか微妙だが、サイドプレートがスライドできるので問題はないだろう。見ただけでも精度や剛性には不安がある。だが、縦位置で使えるのは良い。価格は安いから、試しに買ってみても良いのだが…。安物買いの銭失いになりそうな匂いがプンプンするな。
posted by 坂本竜男 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

機材整理、加速中

 昨年末から進めている撮影機材整理。気がつけば11本のレンズと1台のボディを手放していた。いずれも6D時代には活躍したり、良い学びになったレンズだが、出番がなければもったいない。使ってもらえる人に使ってもらった方がいい。一時期は踏ん切りがなかなかつかなかったが、今は本当に必要な機材導入のためにも、機材整理が加速している。
 趣味的な要素を機材整理に持ち込むと、なかなか手放せなくなってしまう。今は仕事で使うかどうかという点のみで手放すかどうかを決めている。
 そうなると、11点も手放した後でもまだまだその対象になるレンズはある。まだまだ機材整理は終わらない。
posted by 坂本竜男 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年01月08日

今年の初うどん

20.1.82.jpg

20.1.81.jpg

 今日のお昼は八女のつるや市役所前店で、とり野菜天うどん。今年の初うどんはやはり、ここ。うどん好きとしては、これは譲れません。
posted by 坂本竜男 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

就寝前の読書

 ここ数ヶ月、就寝前に少しだけ本を読むようにしている。
 もともと僕は寝つきが悪く、布団に入ってもなかなか寝れない。そこで、買っていたのに読めてなかった本を読むようにしたら寝つきが良くなり、それが習慣になっているのだ。
 読む量としてはそんなに多くないが、それでも毎日のことなので、気がつくとそれなりの冊数を読めてしまっている。案外、いい習慣になったのかな。
posted by 坂本竜男 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月07日

やっぱりLEICA?

 オリンパスPROもライカDGもどちらも画質は良いが、改めて色々と作例を見ていると、好みはライカだなぁ。そして、レンズそのものの質感やデザインも。
 超広角をオリンパスに決めきれないのは、結局ここなんだろうね。もう少しだけ悩むとするか。(標準ズームを選ぶときも、同じような理由でライカを選んだっけ)
posted by 坂本竜男 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

M.ZUIKO PROかLEICA DGかLUMIX Gか

 いま、GX8用の超広角ズームを検討中で、ほぼオリンパスのPROレンズ7-14mm F2.8に決めていたのだが、調べれば調べるほど悩ましい状況が続いている。パナライカ8-18mm F2.8-4.0、ルミックス7-14mm F4の魅力も捨てがたいと思うようになったのだ。
 僕がOM-Dユーザーだったら迷うことはない。オリンパスで決定である。GX8だと同じパナソニック製の方がいいのでは?という思いはどうしても出てくる。それに大きさも小さく、ずっと軽量だ。そして、オリンパスよりも安い。
 ただ、パナライカは8mmスタートだし、ルミックスはF4と暗く、防塵防滴ではない。パナライカが7mmスタートなら文句なしなのだが、そうなると出目金レンズになってフィルターはつけれなくなるだろう。大きさももっと大きくなるはずだ。
 結局、今の時期に導入するのであれば、来月値上げされ、中古の価格が上昇する可能性があるオリンパスなのだろう。7mm(35mm換算14mm)が本当に必要なのか、という問題はあるのだが。でも、あれば使うよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年01月06日

ルミックス G9 PRO 値上がり

 本当は年末年始に買う気満々だったルミックスG9 PRO。ルミックス年末年始のキッシュバックキャンペーンとも重なって、年末年始がベストの導入時期と判断したのだが、僕が買える時期にはすでにジワジワ値段が上がり、気がつけば2万円以上も高騰。まぁ、本来はこの価格でも性能を考えると十分に安いのだが、最安値を知ってしまうとちょっと買うのに躊躇してしまう。
 これは、まだ導入時期ではないということなのか。ひとまずG9 PROの導入は置いておいて、GX8を使いこなすことに集中するか。
posted by 坂本竜男 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

IMAGINARIO

20.1.63.jpg

 今日のBGMは、ガイア・クアトロのピアイストでもあるヘラルド・ディ・ヒウストのソロピアノ「IMAGINARIO」。
 美しく、ポップでキュートでありながら、深く思慮深い。そしてロマンチックなピアノだ。とても洒落たアルバムだが、それだけにとどまらない深みがある。無駄を極力削ぎ落としているのだが、そんなストイックさよりもとてもチャーミングな感じがするのは、彼の人柄とセンスだろうか。

20.1.64.jpg

 ちなみに、音楽も素敵だが、ジャケットもまた素敵だ。これもまたヘラルドらしいな。
posted by 坂本竜男 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

オールドレンズ、どこまで残そう?

20.1.62.jpg

 昨年末から随時進めている機材整理。最近出番が少ないオールドレンズも、当然その対象になっている。
 昨年末の検証で、かろうじてキヤノンNew FDズームレンズはその対象から免れた。次は中望遠から標準の単焦点レンズである。
 僕が所有する中望遠から準広角の単焦点レンズは、Takumarを中心に、描写に定評のあるものばかり。本来なら無理に手放さなくてもいいものばかりだ。それでも機材整理の対象になっている理由は、出番が大幅に減っているからである。マイクロフォーサーズの導入で、すべてのオールドレンズが使える状況にあるのにだ。
 マイクロフォーサーズ(ルミックスGX8)でオールドレンズを使ってみて、面白いと思ったのはキヤノンの200mmマクロくらい。使えると思ったのは同じくキヤノンのFDズームくらいだ。
 写りの良さに定評のあるTakumarは決して悪くないが、マイクロフォーサーズでは意外に平凡な印象。これらは本来の画角で楽しめるフルサイズが良いようだ。PORSTも同じである。
 一方、ニコンの55mmマクロはフルサイズではもちろん楽しいが、マイクロフォーサーズでもいいのではないかと想像する。これはマウントアダプター待ちである。
 今の所、写真にあるレンズで残すと決めているのはニコン 55mmマクロとPORST 35mm、Takumar 55mmくらいだ。望遠単焦点と同じく、中望遠も最短撮影距離などを考えると使いづらい。使いにくいものを楽しむ面白さがオールドレンズの良さでもあるのだが、それよりも優先すべきものがたくさんあるのが現状だ。
 出番がなければ所有していても宝の持ち腐れ。それなら有効に使ってくれる人に使ってもらったほうがいい。オールドレンズも大幅処分に踏み切ろうかな。
posted by 坂本竜男 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

初コーヒー豆買い出し

20.1.61.jpg

 今日は今年初のコーヒー豆買い出しをあだちコーヒーさん久留米店で。もちろん、カプチーノも今年初。やっぱり、安定の美味しさ。今年もお世話になります。
posted by 坂本竜男 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2020年01月05日

正月のアサガオ

20.1.57.jpg

 松浦では正月なのにアサガオが咲いていた。松浦がとくに暖かいというわけではないのだが。やっぱり暖冬なのだな。
posted by 坂本竜男 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

松浦にて

20.1.51.jpg

 昨日から、妻の実感 松浦。松浦は海がすぐそばで、釣りのいいポイントがたくさんある場所だが、山もすぐそばで自然にあふれている。

20.1.52.jpg

20.1.53.jpg

20.1.54.jpg

20.1.55.jpg

20.1.56.jpg

 そんな自然にあふれた場所だから、実家からちょっと歩くと小川が流れ、冬でもいろいろな草花が咲いている。義理の甥っこ、姪っ子を連れて近所を散策するのが楽しい。
 しかし、子供たちの体力は凄まじく、キッチリ付き合うとヘトヘトになる。今夜はすぐに寝てしまいそうだ。
posted by 坂本竜男 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月04日

同級生のつながり

 4年前に始まった、高校大同窓会の世話役の準備からつながった新たな同級生のつながりが、今もずっと続いている。
 そして、2日は同学年の同窓会、昨日は同級生の娘さんの成人式前撮り。仕事もプライベートも大事な部分に同級生が絡んでくれている。年始早々、そのことの嬉しさを噛み締めている。
 今年も同級生がらみの仕事も含めたイベントが続く。昨年以上に楽しい一年になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月03日

仕事始めは津江神社

20.1.3-1.jpg

20.1.3-2.jpg

 今年の仕事始めは、八女市黒木町の津江神社。樹齢800年の大樟が印象的な歴史ある神社。仕事始めの場所としてはとてもありがたい、神聖で撮影にもぴったりの場所だ。
 そんなエネルギーのある場所のおかげもあって、撮影はとてもいい空気の中で無事に終了。今年は今まで以上にいいスタートを切れた。いつもより少しだけ早い仕事始めだったが、正月から仕事というのもたまには良いよね。
posted by 坂本竜男 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

2020年01月02日

令和二年 三社参り

 今日は朝から三社参り。歩いて行ける地元の神社を参拝。今年の方角は西南西なので、まずは自宅から西南西の方角にある神社を目指す。

20.1.2-1.jpg

20.1.2-2.jpg

 まずは我が家からほぼ西南西の方角にある真木町天満宮。大藤で有名な神社だ。

20.1.2-3.jpg

20.1.2-4.jpg

20.1.2-5.jpg

 そして、元町の老松宮。

20.1.2-6.jpg

20.1.2-7.jpg

 最後は地元中の地元、宝満宮。

 よく考えたら、鳥栖に移って20年になるが、歩いて地元で三社参りをしたのは初めて。鳥栖は歩いて行ける範囲にいくつも神社がある町でもあるのだ。こんなお正月もいいものだね。
posted by 坂本竜男 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ