2020年01月31日

竹原ピストル「ファイト!!!」



 Mステで中島みゆき特集を観て、思わずもう一度YouTubeで再鑑賞。中島みゆきのカヴァーは難しいように思うのだが、さすが竹原ピストル。ライブでずっと歌い続けているだけに、自分の曲になっているように思える。
 中島みゆきを歌うためには、技術的なこと以上に、曲に対する強い思いと尊敬、そして歌い手のいい意味での強力なエゴが必要なのだろうな。
posted by 坂本竜男 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

Bona Forsのトラジャ

20.1.317.jpg

 今夜のコーヒーは、Bona Forsのトラジャ。程よい苦味が心地よい。コクがあるのに後味は意外に軽やかでスッキリ。チョコとの相性は抜群。良いですね〜。
posted by 坂本竜男 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

マイクロニッコール 55mm F3.5 PオートをGX8で試す

 ニコンFマウント→マイクロフォーサーズ マウントアダプターが届いたので、早速マイクロニッコール55mm F3,5 PオートをGX8で試してみた。

20.1.311.jpg
 装着した感じは、なかなかカッコいい。レンジファインダータイプはオールドレンズはよく似合う。

20.1.312.jpg
 F3.5。ピントはヒゲのあたり。もっと絞ったらよかったかな?

20.1.313.jpg
 同じくF3.5。これは良いのでは?

20.1.314.jpg
 F8。見事な表現。本当にオールドレンズなのか?

20.1.315.jpg
 F8。シャープなのにボケはなめらか。良い描写だ。

20.1.316.jpg
 F8。キレッキレなのにやわらかい。素晴らしい!

 わずかな時間での試し撮りだったが、結果は想像を超えるものだった。このレンズのどこがオールドレンズなのだろう?という写りの良さだ。マイクロフォーサーズで使うことで、本来のわずかな欠点もなくなり、まるで最新のレンズのような洗練された写りを見せてくれた。絞り開放でも十分シャープだが、F8まで絞るとさらにキレが良くなる。もっともっと使い込みたいレンズだ。
 マイクロニッコール55mmは何種類もあるが、今も製造販売されているF2.8の系列と、その前の世代のF3.5世代がある。調べてみたら、F3.5の方がシャープでキレが良いらしい。これはF2.8も欲しくなってきたな。
posted by 坂本竜男 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ
Powered by さくらのブログ