2020年02月01日

地元の市民公開講座に参加する

20.2.1-1.jpg

 今日は、サンメッセ鳥栖で開催された鳥栖三養基市民公開講座へ参加してきた。
 テーマは在宅医療と介護。自分にとっても無関係ではないテーマでもあるし、地元の方たちとの接点を作る意味も含んでの参加である。
 内容はかなりリアリティのある参考になるもので、今はまだ大丈夫だが、近い将来のことを考えると真剣に向かい合うべきものだった。特別講師の荒木由美子さんの実体験に基づく公演も、笑いあり、涙あり、そして大事なメッセージありで、とても素晴らしかった。
 会場では講座の前に何人か名刺交換をさせていただいた。地元鳥栖の方、鳥栖に関わりのある方との接点が、僕はまだまだ少ない。そういう意味では、今回の公開講座は色々な意味で良いきっかけだった。地元のことももっと積極的にならないといけないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

これからのグラフィックデザイナーとしてやるべきことは?

 デジタル時代になって、グラフィックデザイナーが関わる領域が一気に広がった。グラフィックデザイナーは単にデザインだけをするのではなく、総合的な観点で作り上げていかなければならなくなってきている。僕が写真に力を入れているのも、それが大きな理由の一つである。
 もちろん、必要なスキルは写真だけではない。文章力、編集力、企画力などなど。これらの要素もグラフィックデザイナーには求められて来はじめているような気がしている。デザインという概念がある意味大きく変わってきているのかもしれないが、本来はデザインはもっと総合的なものなのだろうと思う。
 それを考えると、デザイナーとしては磨くべきスキルが山のようにあることになる。僕自身、写真だけでなく、文章力ももっと身に付けたいし、取材力も欲しい。もちろん、デザインのスキルを上げながら。
 それらのスキルアップのためにも、美術や音楽、舞台芸術をできるだけ観に行き、さまざまな本を読むべきだろう。そして、できるだけ旅行も行った方がいいだろうし、いろいろな遊びも必要だろう。というか、全てのことにおいて「遊び」の精神は不可欠に違いない。身につけるべきスキルは山ほどあるが、それらを面白がりながら挑戦していければ、壁にぶち当たっても乗り越えることができるだろうし、確実に身についていくに違いない。
posted by 坂本竜男 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
Powered by さくらのブログ