2020年02月09日

宝満神社の梅

20.2.97.jpg

20.2.98.jpg

20.2.99.jpg

 気がついたら、最寄りの神社である宝満神社の梅が、見頃を迎えていた。
 華やかな桜に比べて、梅はどこか桜よりも慎ましさがあって、それが神社の空気感ととてもマッチする。桜が品がないわけではないが、梅の品の良さはまた違った魅力があるように思う。だからこそ今のうちに、じっくり拝んでおきたいな。
posted by 坂本竜男 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

身近な日常を切り取る画角

20.2.94.jpg

20.2.95.jpg

20.2.96.jpg

 カメラを持って近所をぶらぶらするとき、GX8にはマイクロニッコール55mm F3.5 Pオートをつけていることが圧倒的に多い。
 マイクロニッコールはマクロレンズだから、解像度が高く寄れるレンズだ。しかし、ライカ12-60mmも同様に寄れるし、解像度も高く写りもいい。5倍ズームだから使い勝手はすこぶる良い。なのにマイクロニッコールをつけっぱなしなのは何故だろう?これはGX8で使用するときの110mmという焦点距離。このときの画角が、日常を切り取るのに意外に良いのではないかという気がしている。
 中望遠は使い方は難しくはあるが、うまく使えば適度な圧縮効果も期待できるし、日常の1シーンを効果的に切り取ることもできる。ズームの利便性がない分、自分が積極的に動いて構図を決めるのもまた良い。そしてレトロな佇まいが、撮影意欲をさらに掻き立ててくれる。今ではpeak designのバッグの中は、このライカとマイクロニッコールのセットが定番。この組み合わせは意外な広がりをもたらしてくれそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

素晴らしき写真家 ソール・ライター

mainvisual.jpg
(c) Saul Leiter Foundation

 いま、東京のBunkamura ザ・ミュージアムで、ソール・ライターの写真展が開催中である。近年、日本でも注目されているニューヨークの伝説的な写真家だ。
 東京での展示は観に行けそうにないので、NHKの日曜美術館を観ながら「やっぱり、いいなぁ」とひとり唸っていた。
 スナップショットという概念がおそらくなかった時代から、さりげない日常を取り続けていたソール・ライター。その素敵な切り口と素晴らしい撮影技術は、観るものを虜にする。しゃれた感じがあるのも多くの人に好かれる理由の一つだろう。
 写真から伝わってくるのは、何気ない日常の中にある「宝物」の数々だ。世間の評価や名声などにとらわれず、自分の目で素敵だと思ったものを淡々と写真に収めてきたのだろう。とても素敵な写真ばかりだが、そこにヘンな作為や意図は感じられない。ソール・ライター風の写真をインスタにアップしている人も少なからずいるが、それらの写真と大きく違うところがそこだろうと思う。そういう意味でも、ソール・ライターのスタンスと写真は、僕にとっても理想の一つだ。
 特別なところに行かなければ、特別な被写体でなければ、特別な写真は撮れない。この考えと真逆にあるのがソール・ライターの写真だ。日常にある宝物に気づくためには、自分自身がそういう目を持ち、楽しめてなければならない。ソール・ライターの写真は、クリエイターのみならず、すべての人たちに向けて大事なものを教えてくれているような気がする。
posted by 坂本竜男 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

ゴウサハラのデリーランチ

20.2.93.jpg

 今日のランチは久しぶりに地元鳥栖のカレーの名店ゴウサハラ。
 今回はちょっと贅沢してデリーランチを注文。カラーはチキンカレーとキーマカレーの2種。チーズナンとライス、サラダ、ドリンク、スープつきで990円。しかもナンはおかわり自由(ただしプレーンナン)。
 味は折り紙つき。そして、このボリュウムと内容で1,000円切るのは破格。ボリュウムはしっかりあるのに、美味しいから食べ進んで、ナンのおかわりまでしてしまう。久しぶりに食べ過ぎました……。
posted by 坂本竜男 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

コーヒーショップと美術館

20.2.91.jpg

 今日は朝からあだち珈琲さんにコーヒー豆の買い出し。いつものようにサービスのカプチーノをいただいていると…

20.2.92.jpg

 目に入るのは久留米市美術館の、しおりにも使える割引チケット。これが、観に行くかどうか迷っていた美術館の展示に足して、そっと背中を押してくれる。こんなコーヒーショップと美術館の関係って、良いな。
posted by 坂本竜男 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ