2020年02月11日

もう、春は来ている?

 今年は暖冬、暖冬と言われ続けているけど、確かに暖かい日が多いし、もう春は来ているようだ。

20.2.116.jpg
 気がつけば、タンポポが花を咲かせようとしている。

20.2.117.jpg
 あら、別の場所ではもう咲いていた。

20.2.118.jpg

20.2.119.jpg
 もう、モンキチョウが!

 今年は昨年以上に、春の訪れは早いようだ。
posted by 坂本竜男 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

マイクロニッコールで撮る、植物のスナップ

20.2.113.jpg

20.2.114.jpg

20.2.115.jpg

 マイクロニッコール55mm F3.5 PオートとGX8の組み合わせは、最近の僕のお気に入りである。マイクロフォーサーズで使うと110mm相当になるからちょっと難しい画角にはなるが、慣れると日常を切り取るのに面白い画角になる。そういえば、ソール・ライターも望遠レンズを多用していたようだし。
 マイクロニッコールの良さは、マクロだから寄れることと画質が良いこと。そして、被写体との距離で同じ絞りでもシャープにもソフトにも描きわけができる。使うまでは、ニコンはカリカリの高解像度のイメージが強かったが、それはニコンレンズの特徴の一端に過ぎないのだ。
 マイクロニッコールが描き出す日常は、どこかキヤノンにないリアリティがあるように思う。言い方を変えれば、鋭さがあると言うか、キレが良すぎると言うか。キヤノンはその部分は、良くも悪くも意図的にほどほどに抑えているフシがある。これは良い悪いではなく、表現方法の違いにすぎない。ただ、今はニコンの表現手法にハマっているのだ。
posted by 坂本竜男 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

宝満神社の梅、再び

20.2.111.jpg

20.2.112.jpg

 今日は天気がいいので、再び宝満神社の梅を見に行く。
 想像通り、天気のいい日の梅はより一層美しい。この控えめな美しさが、宝満神社の境内の空気感と相まり、静かな高揚を生み出す。海外の人が見たらジャパニーズ・ビューティとでも言うのかな?日本ならではの美しさだが、国境を超えて感じることができる美だと思う。
 これが自宅から徒歩5分のところにあるのだ。なんと贅沢なことか。身近にある贅沢を、もっと自覚しないといけないな。
posted by 坂本竜男 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物
Powered by さくらのブログ