2020年02月12日

オリンパス OM-D E-M1 Mark III 発表

13.jpg

 オリンパスのOM-D E-M1 Mark IIIがついに発表された。2月28日より発売が開始される。
 一番のトピックは新画像処理エンジン「TruePic IX」。画素数こそ変わらないものの、高感度時でもノイズが少なく、周辺までゆがみの少ない高画質を実現しているらしい。もともと強力だった手ぶれ補正も世界最高の7.5段とさらに強化。新開発の「星空AF」や進化した「顔優先/瞳優先AF」など、高速・高精度なAFシステムや、スローシャッター効果が得られる「ライブND」、「5000万画素手持ちハイレゾショット」搭載など、Mark IIから確実に進化している印象だ。
 予想される販売価格は、ボディで20万円、12-40mm F2.8 PROとのキットで26万円ほど。個人的にもとても気になるモデルだけに、実機に触れるのが楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

永遠のソール・ライター

20.2.122.jpg

 やっと届いた。今、展示の真っ最中だからか、どこも品薄状態だ。
 写真家などのクリエイターだけでなく、多くのインスタグラマーたちも影響を受けた彼の写真。その写真の見た目を真似すると言うよりも、彼の生き方や考え方、スタンスを学びたいね。
posted by 坂本竜男 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

究極のデコポン

20.2.121.jpg

 先日、お客様からいただいたデコポンが、びっくりするくらい美味しくて驚いている。
 このお客様は、農業を専門的(科学的)な立場からサポート・コンサルティングをするお仕事をされている。そのサポートの結果生まれたデコポンなのだが、これが僕が知っているデコポンと全く違うのだ。
 僕が知っているデコポンは、酸味が強くて皮は厚くて剥きにくくて食べにくい。そして、たくさんは食べれないと言う印象だった。
 しかし、いただいたデコポンは甘みがびっくりするくらい強く、それでいて甘ったるさはなく、深みのある上品なものだ。後味もとても爽やかで良い。香りはとても豊か。中の皮はとても薄く、むかずにそのまま食べれる。一人で何個でも食べれてしまう美味しさだ。
 この究極と言っていいデコポンは、一般的なデコポンよりも高値で取引されている。消費者にとっても美味しいデコポンが食べれるし、農家さんにとっても利益が上がるからとても素晴らしい。このデコポンには美味しさだけでなく、農業の理想の形が表れている。
posted by 坂本竜男 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

ライル・メイズ死去

84178324_10157028846868697_259311579663695872_n.png
Lyle Mays facebookより

 2月10日、ジャズピアニスト ライル・メイズが亡くなった。facebookページで家族が発表した。66歳だった。
 ライル・メイズといえば、パット・メセニーとの共演作がすぐに思い浮かぶ。それらのアルバムはメセニーの代表作でもあり、僕もとても好きなアルバムばかりだった。彼なくしてメセニーの名作はあり得なかった。
 66歳とは、なんて早い死なのだろう。もっとたくさんの素晴らしい仕事を残したはずなのに。とても残念でならない。心からご冥福をお祈りします。
posted by 坂本竜男 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ