2020年02月15日

いよいよガラケー卒業?

 僕は、いまだにガラケーをしぶとく使っている。通話とショートメールで僕の場合十分なのだ。しかし、そうも言ってられなくなった。ちょっと前の話だが、ガラケーのサポート終了の通知が来たのだ。
 ガラケーが完全に使えなくなるのは4年後。僕はできる限りスマホも持ちたくないし、ノートPCを持ち運ぶこともしたくない人間なので、ギリギリまで粘るつもりでいた。しかし、バッテリーの保ちがいよいよ悪くなてきた。予備ももうない。それに、仕事でスマホの方が格段に便利なだけでなく、仕事上のトラブル対策やスケジュール管理などにも有用だ。そんなことは前からわかってはいたのだが、スマホに縛られる気がして躊躇していたのだ。
 最近、スマホがあればもっとスムーズに回避できた仕事のトラブルがあった。実はこの出来事が、スマホ導入へ後押ししている。
 僕は30年アップルユーザーだから、スマホを持つならiPhoneだろうとは思っている。これならMacどの同期も簡単だし、使い方がわからなくて困ることも少ないだろう。
 しかし、スマホはやはり高額だ。だが、iPhone7なら安いらしい。僕にはiPhone11の機能はおそらく必要ない。これで十分だろう。近々、お店に行ってみるか。
posted by 坂本竜男 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

音楽と覚醒剤

 槇原敬之が覚醒剤で再度逮捕され、彼の音楽が自粛されるようになった。覚醒剤がいけないのは当然のことだが、本来、音楽と直接関係はないはずだ。ここは別に考えるべきではないかと思う。
 某局の某番組に使われていた槇原敬之の曲は、ビートルズの曲に差し替えられた。しかし、この論理でいくならビートルズの曲もダメだろう。
 もちろん、覚醒剤は絶対に良くない。しかし、作られた音楽はまた別の話。必要以上に過敏に反応する今の日本。どこか間違っているような気がするのだが…。
posted by 坂本竜男 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ